現在の位置

臨時福祉給付金(経済対策分)について

更新日:2017年6月27日

臨時福祉給付金(経済対策分)の受付期間は終了しました。

消費税率引上げによる影響を緩和するため、所得の少ない方に対し、1人につき1万5千円が支給されます。

【臨時福祉給付金(経済対策分)】

新たに消費税率引上げと軽減税率導入が2年半延期されたことを踏まえ、また、経済対策の一環として、社会全体の所得の底上げに寄与するとともに、所得の少ない方の安心感を確保するため、平成29年4月から平成31年9月までの2年半分を一括して支給するため、低所得者を対象に、臨時福祉給付金(経済対策分)を実施します。

支給対象者(支給要件)

平成28年度分の住民税が課税されていない方が対象です。
ただし、課税されている方の扶養親族等(税法上の控除対象配偶者、扶養親族、事業専従者等)となっている場合や生活保護の受給者である場合などは対象とはなりません。

支給額

1人につき 1万5千円 (支給は1回限りです。)

【申請期間・申請方法等】

申請期間

平成29年3月10日(金曜日)から6月12日(月曜日)まで
 (申請期間を過ぎた場合、原則受付することができません。)

申請方法

市で支給対象者と見込まれる方(世帯)に対しては、3月6日にお知らせを郵送いたします。併せて臨時福祉給付金等の申請書を同封しますので、必要事項を記入し、添付書類を添えて、下記申請先まで原則郵送により申請してください

【申請先】
白井市役所社会福祉課厚生班「臨時福祉給付金」窓口
(基準日(平成28年1月1日)時点で住民票が白井市にある方が対象です。ただし、DV被害者や児童福祉施設等に入所している児童等で、他の市町村から住民票を移さずに白井市にお住まいの方については、白井市で申請を受け付けることができる場合がありますのでご相談ください。)

【提出書類】
1.臨時福祉給付金(経済対策分)申請書(請求書)
2.本人確認書類 
 ※「平成28年度臨時福祉給付金」の受給者は添付を省略できます。
 マイナンバーカード(通知カードは不可)、住民基本台帳カード、運転免許証、
 旅券、健康保険証等の写し
 (外国人の方は、在留カード、特別永住者証明書、外国人登録証明書等)
3.指定した口座が確認できる書類 
 ※過去に実施された「臨時福祉給付金」の受給者で指定する口座に変更の
  ない場合は、添付を省略できます。
 金融機関名、口座番号、口座名義人(カナ)がわかる通帳やキャッシュカードの写し。

ご注意
 申請書が送付された場合であっても、審査の結果、要件に該当しない場合は給付金は支給されません。
 また、給付金の支給後であっても、課税状況に変更があり、要件に該当しなくなった場合は、支給した給付金を返還いただく場合があります。
 なお、住民税の申告状況や扶養の状況などにより、要件に該当している場合でも申請書が送付されない場合があります。ご自身が対象と思われる場合で申請書が送付されない場合はお問い合わせください。

給付金の受取方法

申請書に記載した指定口座に入金されます。
窓口給付は原則行いませんが、金融機関口座を持っていないなど、振込みによる支給が困難な場合には窓口で受け取ることができます。

関連情報

厚生労働省特設ホームページ

給付金を語った振り込め詐欺等の注意喚起画像です。

お問い合わせ先
健康福祉部 社会福祉課 厚生班
〒270-1492 千葉県白井市復1123番地
電話番号:047-492-1111(内線:5303、5304)
ファックス:047-491-3510

お問い合わせはこちらから