現在の位置

「白井市歯科口腔(こうくう)保健の推進に関する条例」を制定しました

更新日:2015年3月1日

口の中の健康を保つことは、むし歯や歯周病を予防するだけでなく、生活習慣病や認知症の予防など、全身の健康にもつながります。また、おいしい食事や会話を楽しむなど、豊かな生活を送るための基本となります。

 市では、歯科口腔保健を推進し、市民の皆さんが生涯にわたって健康を保持増進できるように取り組む「白井市歯科口腔(こうくう)保健の推進に関する条例」を12月に施行しました。

条例で定めた役割や施策 

【市の責務】
 市民の歯科口腔保健の推進に関する施策を継続的・効果的にすすめます。

【市が実施する主な取り組み】
 1.歯科口腔保健の推進に関する知識および歯科疾患予防の普及啓発
 2.定期的な歯科検診の受診を促進するための取り組み
 3.ライフステージに応じた歯科疾患予防に向けた取り組み
 4.口腔機能の獲得、維持向上に向けた取り組み
 5.障がい者、介護を必要とする者等の歯科口腔保健の推進に向けた取り組み
 6.歯科口腔保健の推進に関する調査研究に向けた取り組み

【歯科医師等の責務、保健、医療、福祉、教育等の関係者の役割】
 関係者が相互に連携し、市が実施する歯科口腔保健の推進に関する施策に協力します。

【市民の皆さんの役割】
 かかりつけ歯科医を持ち、歯科医師から口の中を健康に保つためのアドバイスを受けるなどして自ら取り組むことを目指しましょう。

今後の取り組み

 歯科口腔保健の推進に関する目標などを定めた「第2次しろい健康プラン」を平成28年度に策定し、子どもから高齢者までそれぞれの時期に応じて計画的に取り組んでいきます。

・  白井市歯科口腔保健の推進に関する条例 (PDF:129KB)

お問い合わせ先
健康福祉部 健康課 保健予防班
〒270-1492 千葉県白井市復1123番地
電話番号:047-492-1111(内線:5325、5326、5329)
ファックス:047-491-3510

お問い合わせはこちらから

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。