現在の位置

献血・骨髄バンクドナー登録会のお知らせ <平成31年度年間予定>

更新日:2019年12月27日

印刷する

白井市役所では、千葉県内で輸血を必要とされる患者さんに安全に血液を届けられるよう献血を実施(年間5回)するとともに、献血会場では骨髄バンクについて説明会を行う等、骨髄バンクドナー登録を推進しています。

これからも、皆様のあたたかい気持ちを届ける思いで血液センターや市内各企業と共に取り組んでいきます。

より一層安全な血液の供給ができるようご協力をお願いします。

kaorichan

平成31年度 献血・骨髄バンクドナー登録会実施予定

1.白井市役所 東庁舎1階 会議室101号

 日程: 6月18日火曜日(終了)

     9月30日月曜日(終了)

    12月26日木曜日(終了)

    令和2年3月24日火曜日(次回)

 受付時間:午前10時から11時45分、午後1時から4時15分まで  

 

2.白井ふるさとまつり会場

 日程:10月20日日曜日(終了)

 受付時間:午前9時から11時45分、午後1時から3時まで

 

☆検査結果サービス☆

献血の可否について事前の血圧測定や血色素量(ヘモグロビン濃度)の測定で医師が総合的に判断します。したがって、献血に参加することは血液の提供のみならず、献血者自身の健康状態を知る機会にもなります。

また、献血にご協力いただいた方々への感謝の気持ちとして、7項目の生化学検査成績と8項目の血球計数検査成績について血液センターからお知らせが届きます。

これらの検査成績はいずれも通知を希望された方を対象とし、献血後おおむね2週間程度で郵送されます。

 

☆お礼☆

受付された皆さまにお菓子やジュースをご用意しています。さらに、献血にご協力いただいた方には、献血キャラクター「けんけつちゃん」とキティちゃんのコラボグッズ等を差し上げます。

 

☆みんなで献血の輪を広げよう!ご紹介キャンペーン☆

献血の受付をされた方にご紹介カードをお渡しします。ご紹介いただいた方とご紹介者の方にプレゼントを差し上げます。

 

◇骨髄バンクドナー登録会を同時開催します!

骨髄ドナーをご存知ですか?「命のボランティア」と言われています。

白井市では、献血会場に骨髄バンクドナー登録会を設置し、骨髄移植へのご理解とご協力をお願いしています。

 

・献血、骨髄移植体験者からのメッセージ動画のご紹介です。以下のリンク先をご覧ください。

 

 

ありがとうの手紙

LOVE in Letters  つなげあう いのちのバトン

献血の必要性

血液は人間の生命を維持するために必要な成分であり、体から一定量が失われると命にかかわります。また、血液の持つ機能が正常に働かなくなると病気になったりします。

集められた血液の80%以上は、がんや白血病、再生不良性貧血などの病気と闘う人のために使われています。病気やケガで輸血が必要となる状況は、思っている以上に身近に起こることです。

このような患者さんを救うために輸血が必要となるのです。

科学が進歩した現代でも血液は人工的に造ることができません。また、血液は生きた細胞であるため、長期間保存することができません。

患者さんに安定的に血液を届けるために、健康な皆さんの献血へのご協力がたくさん必要です。

 

・献血に関する情報は以下のリンク先をご参照ください。

 

千葉県赤十字血液センター

献血はいのちを救えるボランティア!【政府広報オンライン】

平成31年度白井市献血目標

献血による血液の目標量

 県内において年度内に必要と見込まれる輸血用血液量及び県に割り当てられた目標量を確保するために、量としては、99,521リットル、献血者数では、226,664人分の献血が必要であることから、この献血量及び献血者数が目標となり、市町村別に目標量を確保することが重要課題です。

※市町村別の献血目標量は献血可能昼間人口における按分率としています。

 

 

 白井市の献血目標量 

献血者数目標合計 700人(200ミリリットル献血30人、400ミリリットル670人)

 

 白井市の達成率(令和元年10月24日現在)

達成率 50%(200ミリリットル83%、400ミリリットル48%)

献血者数合計 353人(200ミリリットル25人、400ミリリットル328人)

 

◎白井市では白井市役所・ふるさとまつり及び市内企業での献血をはじめ、献血推進キャンペーンや月間運動等の期間中に市内病院、企業と協働し献血を推進しています。

チッチちゃん

平成31年度ふるさとまつり献血を応援するけんけつちゃん

献血の輪が続くように

10代から30代の献血者数は全国的に減少しています。

献血を経験した人は、その後も献血を続ける傾向にあり、未経験者は献血につながらない傾向があります。

10年後も必要とされる方に血液の供給ができますように。未来につながる献血を。

献血の輪がいつまでも続くように・・・

 

 

・献血の理解につながる動画のご紹介です。以下のリンク先をご参照ください。

 

ありがとう!っていっぱい言わせて

What's KENKETSU?

いのちをつなぐ骨髄移植

年間で1万人ともいわれる白血病など重い血液の病気と診断される患者さんの治療法として骨髄移植が行われています。

白血病などで正常な血液を造れなくなった患者さんに、ドナーから採取した健康な造血幹細胞を移植することで、正常に血液を造る力を回復させることができます。

移植をするためには、患者さんとドナーのHLA型といわれる白血球の型を合わせる必要があります。

ところが、HLA型の種類は数万通りもあり、血の繋がらない他人とHLA型が合う確率は数百から数万分の1しかありません。

一人でも多くの患者さんを救うためには、一人でも多くのドナー登録が必要です。

 

・骨髄ドナー登録に関する情報は、リンク先をご参照ください。

骨髄ドナー登録にご協力をお願いします 【厚生労働省】

骨髄バンク・さい帯血バンク・造血幹細胞移植について紹介する動画【日本赤十字社】

お問い合わせ先
健康子ども部 健康課 健康づくり推進係
〒270-1492 千葉県白井市復1123番地
電話番号:047-497-3494
ファックス:047-492-3033

お問い合わせはこちらから