現在の位置

栄養士おすすめレシピ「カキときのこの炊き込みごはん」

更新日:2016年3月1日

「カキときのこの炊き込みごはん」(2月号)

(写真)カキときのこの炊き込みごはん

栄養士からひと言
【心と体においしい食事をしよう】
カキはたんぱく質やカルシウム・鉄・銅・ビタミンB群などミネラルやビタミンが豊富で「海のミルク」と呼ばれています。タウリンというアミノ酸も豊富に含まれており、血中のコレステロールや血圧を下げる効果があります。かきのうま味が染み込んだ旬の炊き込みごはんとなっています。
一人当たりの栄養価
340キロカロリー

材料(4人分)

米2合、カキ200グラム、しめじ90グラム、生しいたけ25グラム、にんじん30グラム、
しょうゆ大さじ2、みりん大さじ1、酒大さじ1、ミツバ適量

作り方

  1. 米を洗い、ザルにあげ、水気を切る。
  2. カキを薄い塩水の中で洗い、水気を切っておく。
  3. しめじは小房に分け、生しいたけとにんじんは細切りにする。
  4. 炊飯器に米を移し、しょうゆ・みりん・酒を入れ、水を2合の目盛りまで加える。
  5. 4.にカキ・しめじ・生しいたけ・にんじんを入れて炊き上げる。
  6. 炊き上がったら約15分蒸らして全体を混ぜ、器に盛り、好みでミツバを飾る。

上記の情報は、広報しろい2011年2月1日号にて紹介したレシピです。
ほかのレシピもご覧になる場合は“おすすめレシピ”というキーワードで検索をしてください。
今まで紹介したレシピがご覧になれます。

お問い合わせ先
健康子ども部 健康課 健康づくり推進班
〒270-1492 千葉県白井市復1123番地
電話番号:047-492-1111
ファックス:047-491-3510

お問い合わせはこちらから