現在の位置

学校における脳脊髄液減少症への対応について

更新日:2015年3月12日

 スポーツ外傷等の後に、脳脊髄液が漏れだし減少することによって、頭痛、頸部痛、めまい、倦怠、不眠、記憶障害などの症状を呈する「脳脊髄液減少症」とよばれる疾患が起こりうります。

 事故が発生した後、頭痛やめまい等の症状で学校生活を送ることに支障が生じている場合は、医療機関を受診する等、適切な対応が望まれます。

脳脊髄液減少症診療病院一覧

 

関連ホームページ

千葉県教育委員会のホームページ

「脳脊髄液減少症の診断・治療の確立に関する調査研究」のホームページ

「脳脊髄液減少症」については健康課でも紹介しています。 

詳しくは以下の「脳脊髄液減少症について」というリンク先をご覧ください

お問い合わせ先
教育委員会 学校教育課 指導班
〒270-1492 千葉県白井市復1123番地
電話番号:047-492-1111(内線:3421から3423、3426)
ファックス:047-491-3510

お問い合わせはこちらから