現在の位置

中東呼吸器症候群(MERS)について

更新日:2015年6月29日

 2015年5月以降、韓国でMERSの患者が発生しています。その多くは、韓国内の病院での院内感染によるものであると考えられています。

 中東呼吸器症候群(MERS)とは

中東呼吸器症候群(MERS:Middle East Respiratory Syndrome)は、2012年に初めて確認されたウイルス性の感染症です。
原因となるウイルスはMERSコロナウイルスと呼ばれています。
2003年に流行した重症急性呼吸器症候群(SARS(サーズ))の原因となった病原体もコロナウイルスの仲間ですが、SARSとMERSは異なる病気です。

 主な症状など

主な症状は、発熱、せき、息切れなどです。感染しても症状が現われない人や、軽症の人もいますが、特に高齢の人、糖尿病、慢性肺疾患、免疫不全などの基礎疾患のある人は重症化する傾向があります。

感染経路

人がどのようにしてMERSに感染するかは、まだ正確には分かっていません。中東のヒトコブラクダがMERSウイルスの保有動物であるとされており、感染源の一つとして疑われています。

日本国内のヒトコブラクダを調査した限りではMERSコロナウイルスを保有している個体は確認されていません。

また、家族間や、医療機関における患者間、患者-医療従事者間など、濃厚接触者間での感染も報告されています。主に、飛沫感染(咳やくしゃみなどによる)又は接触感染による感染であると考えられています。 

しかし、季節性インフルエンザのように、次々にヒトからヒトに感染すること(持続的ヒト-ヒト感染)はないと言われています。

発生地域

主として中東地域(アラブ首長国連邦、イエメン、イラン、オマーン、カタール、クウェート、サウジアラビア、ヨルダン、レバノン(2015年6月5日現在))で患者が報告されています。
その他の地域での患者は、中東地域への渡航歴のある人もしくはその接触者であることがわかっています。

感染が疑われる患者の要件

以下のア、イまたはウの要件にあてはまる患者で、他の感染症や病因が判明していない場合、MERSの疑いのある患者(MERS疑似症患者)として、診断されます。

(ア)38度以上の発熱および咳をともなう急性呼吸器症状(咳、息切れや呼吸困難)を呈し、臨床的または放射線学的に肺炎などの実質性肺病変が疑われる者であって、発症前14日以内にWHOの公表内容からMERSの初発例の発生が確認されている地域(注1)に渡航または居住していた者

(注1)アラビア半島またはその周辺諸国

(イ)発熱を伴う急性呼吸器症状(軽症の場合を含む。)を呈する者であって、発症前14日以内に(対象地域かWHOの初発例の発生が確認されている地域(注2))において、医療機関を受診もしくは訪問したもの、MERSであることが確定した者との接触歴があるもの、またはヒトコブラクダとの濃厚接触歴があるもの

(注2)アラビア半島またはその周辺諸国

(ウ)発熱または呼吸器症状(軽症の場合を含む。)を呈する者であった、発症前14日以内に、対象地域か否かを問わず、MERSが疑われる患者を診察、看護若しくは介護していた者、MERSが疑われる患者を診察、看護若しくは介護していたもの、MERSが疑われる患者と同居(当該患者が入院する病室または病棟に滞在した場合を含む。)していたもの、またはMERSが疑われる患者の気道分泌物もしくは体液等の汚染物質に直接触れたもの。

MERSを疑った場合の対応

直接医療機関を受診せず、管轄の保健所にご連絡ください。

【連絡先】

印旛健康福祉センター(印旛保健所)  電話043-483-1133

外部リンク先

中東呼吸器症候群(MERS)に関するQ&Aなど:厚生労働省

中東呼吸器症候群(MERS)の詳しい説明など:国立感染症研究所

中東呼吸器症候群(MERS)の発生状況など:FORTH厚生労働省検疫所

国・地域別の渡航情報など:外務省 海外安全ホームページ

保健所一覧(連絡先)など:千葉県

お問い合わせ先
健康子ども部 健康課 保健予防班
〒270-1492 千葉県白井市復1123番地
電話番号:047-492-1111
ファックス:047-491-3510

お問い合わせはこちらから