現在の位置

8月は食中毒予防強調月間です

更新日:2017年8月1日

 高温多湿となる夏期は、腸炎ビブリオやカンピロバクターなどの細菌を原因とする食中毒が最も発生しやすい時期です。

 千葉県では、夏期における食中毒の発生を予防するために、8月1日から8月31日までを「食中毒予防強調月間」とし、食中毒予防の啓発や食品営業施設への監視指導を強化しています。食中毒は飲食店だけでなく、家庭においても発生していますので、食品の取り扱いに注意して食中毒を防ぎましょう。

 

家庭でできる食中毒予防のポイント

購入時

 ・消費期限などを確認する

 ・肉や魚などの生鮮食品や冷凍食品は最後に買う

 ・肉や魚などは汁が他の食品に付かないように分けてビニール袋に入れる

 ・寄り道をしないで、すぐに帰る

保存時

 ・冷蔵や冷凍の必要な食品は、持ち帰ったらすぐに冷蔵庫や冷凍庫に保管する

 ・冷蔵庫は10度以下、冷凍庫はマイナス15度以下に保つ

 ・冷蔵庫や冷凍庫に詰めすぎない

調理時

 ・調理の前に石けんでていねいに手を洗う

 ・包丁やまな板は肉用、魚用、野菜用と別々にそろえて使い分けるか、洗って熱湯をかけてから使う

 ・肉や魚は十分に加熱する。加熱の目安は、中心部の温度を75度で1分間以上加熱すること

 ・冷凍食品は使う分だけ解凍し、冷凍や解凍を繰り返さない

食事の時

 ・食べる前に石けんで手を洗う

 ・作った料理は、長時間、室温に放置しない

 

家庭でできる食中毒予防の6つのポイント(PDF:824.5KB)

千葉県食中毒発生状況

食中毒から身を守るには【農林水産省】

お問い合わせ先
健康福祉部 健康課 健康づくり推進班
〒270-1492 千葉県白井市復1123番地
電話番号:047-492-1111(内線:5327、5328)
ファックス:047-491-3510

お問い合わせはこちらから

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。