現在の位置

日本脳炎1期の予防接種について

更新日:2018年4月23日

日本脳炎の予防接種を受けましょう

日本脳炎ってどんな病気?

 日本脳炎は、人から人への感染ではなく、ブタの中で増えた日本脳炎ウイルスが蚊(コガタアカエイカ)によって媒介されます。
 7日から10日の潜伏期間の後、高熱、頭痛、嘔吐(おうと)、意識障害、けいれん等の症状を示す急性脳炎になります。感染した人のうち、100人から1,000人に1人が脳炎を発症します。脳炎のほか無菌性髄膜炎や夏かぜ様の症状で終わる人もいます。脳炎にかかった時の死亡率は20%から40%程度と考えられており、神経の後遺症を残す人も多くいます。
 流行は、西日本地域が中心となりますが、ウイルスは北海道など一部の地域を除く日本全体に分布しています。飼育されているブタの日本脳炎の流行は毎年6月頃から始まり、10月頃まで続きます。この間に地域によっては、80%以上のブタが感染しています。以前は、小児や学童に発生していましたが、予防接種などの普及により減少し、現在は高齢者を中心に発生しています。 

日本脳炎予防接種の受け方

 幼児期に3回接種することによって基礎免疫をつけます。一般的には3歳になったら受け始めます。1期初回1回目から1週間以上(標準は1週間から4週間まで)の間隔をあけて2回目を接種します。2回目から半年以上あけて(概ね1年後)、追加接種を受けることで基礎免疫が完了します。基礎免疫後、9歳以上13歳未満で(標準的に小学4年生の頃)1回(第2期)追加として接種します。

  生後6か月以上のお子さんについては、希望があれば日本脳炎の定期予防接種を受けることができます。その場合は接種量が違いますので、事前に健康課にご連絡ください。

日本脳炎2期については日本脳炎2期のページをご覧ください。


 

白井市内個別接種実施医療機関(PDF:70.5KB)

千葉県内定期予防接種相互乗り入れ協力医療機関

日本脳炎予防接種の副反応 

 副反応としては、3日以内に発熱が接種を受けた人0.5%から3%にみられます。注射部位の発赤・腫れが約0.3%から2.6%、発疹、圧痛もまれにみられます。また、きわめてまれにADEM(急性散在性脳脊髄炎)が発生すると考えられています。

ADEM(急性散在性脳脊髄炎)とは

 ウイルス感染後やワクチン接種後に、まれに発生する脳神経系の病気です。ワクチン接種後の場合は、通常数日から数週間程度で、発熱、頭痛、けいれん、運動障害などの症状がみられます。このような症状が見られたら、医療機関を受診し健康課にご連絡ください。

 そのほかに、副反応ではと思われる症状が見られたら、健康課にご連絡ください。

 

日本脳炎予防接種の特例

 平成17年5月30日から平成22年3月31日までの積極的な勧奨の差し控えにより、接種機会を逃した人に対し、特例措置が設けられています。

日本脳炎予防接種の特例についてはこちらをご覧ください。

厚生労働省のホームページ 日本脳炎

お問い合わせ先
健康子ども部 健康課 保健予防班
〒270-1492 千葉県白井市復1123番地
電話番号:047-492-1111
ファックス:047-491-3510

お問い合わせはこちらから

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。