現在の位置

高齢者の見守り・支え合いのための地域ぐるみネットワーク 平成25年度の取り組み

更新日:2017年3月31日

地域ぐるみネットワーク 平成25年度の取り組みを紹介します

白井市では、平成24年度に地域福祉計画を策定、小学校区単位の「地域ぐるみネットワーク」、全市域の「市ぐるみネットワーク」を構築し、全ての住民が安心して暮らせる地域づくりを支援していくこととなりました。

様々な福祉課題がありますが、なかでも、今後の急激な高齢化に備え、地域全体で高齢者の暮らしを見守り・支え合うことが重要ととらえ、平成25年度は、「ふだんの高齢者の見守り」に関して、必要な取り組み・出来そうな取り組みを検討する会議を開催しました。

モデル地区として、自治会単位の高齢化率が進んでいる「南山中学校区」「清水口小学校区」を選定し、様々な団体や事業者で意見交換をする「地域ぐるみネットワーク 地区連携会議」の他、参加希望者による「中心メンバー会議」を月1回行いました。

清水口小学校区 地域ぐるみネットワーク

第1回地区連携会議 平成25年3月

清水口小学校区は、市内でも、特に高齢化率が高い自治会が何か所かあります。この状況をふまえ、平成25年3月2日 西白井複合センターにて、「ふだんの高齢者の見守り」をどうするか、というテーマで、様々な団体による連携会議を開催しました。

当日は、自治会や管理組合、ボランティア団体、医療機関、牛乳配達や司法書士・行政書士事務所、介護保険事業者、民生委員や地区社会福祉協議会等、地域の様々な団体や事業所、約40名がご参加くださり、「ふだんの高齢者の見守り」をテーマに、地域でできること・行政に望むことなどを話し合いました。

清水口小学校区地域ぐるみネットワーク 平成25年3月地区連携会議概要(PDF:440.7KB)

中心メンバー会議 ・・・ 月1回開催し、取り組みの実現を目指す会議

地区連携会議で出た様々なアイデアを検討し、取り組みの実現を図るため、平成25年5月から11月にかけて、月1回「中心メンバー会議」を実施しました。参加者は、住民や事業者等のうち、参加希望があった方です。

地区連携会議では、高齢者の身近な交流の場として、サロンが大切という声がいくつかあったため、平成25年度は、地域のみなさんが集いやすい西白井複合センターを会場として、広域型のサロンを作っていく取り組みをしよう、という意見にまとまりました。

毎月の中心メンバー会議にて、どんなサロンを作りたいかを語り合い、市と住民、西白井複合センターの指定管理者等の参加者が、サロン開設に向けての役割分担を議論しました。開設実現のため、関係機関への協議調整も行いました。

最終的に、中心メンバー会議の参加者の一部が、広域型サロン準備委員・運営委員に移行、平成26年4月に、週2回開催の「梨の実ひろば」が誕生しました。

清水口小学校区 地域ぐるみ中心メンバー会議 第1 回H26.5 報告(PDF:343.6KB)

清水口小学校区 地域ぐるみ中心メンバー会議 第2回H26.6 報告(PDF:546.9KB)

清水口小学校区 地域ぐるみ中心メンバー会議 第3回H26.7 報告(PDF:374.2KB)

清水口小学校区 地域ぐるみ中心メンバー会議 第4回H26.8 報告(PDF:498KB)

清水口小学校区 地域ぐるみ中心メンバー会議 第5回H26.9 報告(PDF:454KB)

清水口小学校区 地域ぐるみ中心メンバー会議 第6回H26.10 報告(PDF:375.8KB)

清水口小学校区 地域ぐるみ中心メンバー会議 第7回H26.11 報告(PDF:467.5KB)

第2回地区連携会議 平成25年12月

中心メンバー会議での話し合いの結果を受け、第2回目の地区連携会議を開催、自治会や管理組合、ボランティア団体、医療機関や民間事業者、介護保険サービス事業者、地区社会福祉協議会、民生委員等35名が参加してくださいました。広域型サロンに対して希望すること・サロンに来ない方の見守り方法について、 グループワークにて活発に意見交換しました。

清水口小学校区地域ぐるみネットワーク 平成25年12月地区連携会議概要(PDF:586.9KB)

南山中学校区 地域ぐるみネットワーク

第1回地区連携会議 平成25年2月

南山中学校区も、市内でも、特に高齢化率が高い自治会が何か所かあります。平成25年2月 白井駅前センターにて、「ふだんの高齢者の見守り」をどうするか、というテーマで、様々な団体による連携会議を開催しました。

当日は、自治会や管理組合、サロン主催者、ボランティア団体、高齢者クラブ、薬局やコンビニエンスストア、鍼灸院や司法書士・行政書士事務所、介護保険サービス事業者、民生委員や地区社会福祉協議会、警察・消防等、地域の様々な団体や事業所、約40名がご参加くださり、「ふだんの高齢者の見守り」をテーマに、地域でできること・行政に望むことなどを話し合いました。

南山中学校区 地域ぐるみネットワーク 平成25年2月地区連携会議概要(PDF:495.6KB)

中心メンバー会議 ・・・ 月1回開催し、取り組みの実現を目指す会議

地区連携会議で出た様々なアイデアを検討し、取り組みの実現を図るため、南山中学校区においても、平成25年5月から12月にかけて、月1回「中心メンバー会議」を実施しました。参加者は、住民や事業者等のうち、参加希望があった方です。

南山中学校区では、「色々な種類の集いの場を地域に増やしていこう」「高齢者の豊かな経験や技術を活かせる場を作ろう」「民間事業者の見守りネットワーク構築」の検討を重ねました。

民間事業者の見守りネットワークの検討は、平成26年度から開始した「しろい高齢者みまもりネット」の構築につながりました。

南山中学校区 地域ぐるみ中心メンバー会議 第1回H26.5 報告(PDF:336.3KB)

南山中学校区 地域ぐるみ中心メンバー会議 第2回H26.6 報告(PDF:467.7KB)

南山中学校区 地域ぐるみ中心メンバー会議 第3回H26.7 報告(PDF:383.1KB)

南山中学校区 地域ぐるみ中心メンバー会議 第4回H26.8 報告(PDF:498.8KB)

南山中学校区 地域ぐるみ中心メンバー会議 第5回H26.9 報告(PDF:667.4KB)

南山中学校区 地域ぐるみ中心メンバー会議 第6回H26.10 報告(PDF:415.8KB)

南山中学校区 地域ぐるみ中心メンバー会議 第7回H26.11 報告(PDF:586.7KB)

南山中学校区 地域ぐるみ中心メンバー会議 第8回H26.12 報告(PDF:429.9KB)

第2回地区連携会議 平成26年1月

中心メンバー会議での話し合いの結果を受け、第2回目の地区連携会議を開催、自治会や管理組合、ボランティア団体、医療機関や民間事業者、介護保険サービス事業者、地区社会福祉協議会、民生委員等42名が参加してくださいました。

当日は、南山中学校区内で活発に行われているサロンの紹介をした他、中心メンバー会議での検討内容を報告、今後、サロンの担い手を増やすためのアイデア・サロンに来ない方たちの見守りについて、グループワークにて活発に意見交換を行いました。

南山中学校区 地域ぐるみネットワーク平成26年1月地区連携会議概要(PDF:591.8KB)

関連リンク

白井市地域ぐるみネットワークふれあい会議のご案内

お問い合わせ先
福祉部 高齢者福祉課 地域包括支援センター
〒270-1492 千葉県白井市復1123番地
電話番号:047-492-1111
ファックス:047-491-3510

お問い合わせはこちらから

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。