現在の位置

高齢者の見守り・支え合いのための地域ぐるみネットワーク 平成27年度の取り組み

更新日:2017年3月31日

地域ぐるみネットワーク 平成27年度の取り組みを紹介します

白井市では、現在、急速に高齢化が進展しており、2025年には、75歳以上の高齢者が、2015年の2倍以上になると推計されています。これに伴い、要介護・認知症の方も、今後増えていくと予測されます。要介護や認知症になっても、住みなれた地域で安心して尊厳ある生活をおくるためには、地域全体で見守り、支え合う「地域包括ケアシステム」の実現が大切です。

市では、その一環として、地域の皆様と高齢者の見守り・支え合いについて考え、実際の活動につなげる、「地域ぐるみネットワーク ふれあい会議」を定期的に開催しています。「ふれあい会議」は、関心のある方なら、誰でも参加できる会議です。平成28年度の日程が決まり次第、お知らせしますので、是非お気軽にご参加ください。

なお、この取り組みは、地域ケア会議や、日常生活圏域で生活支援サービスを生み出す会議(介護予防・日常生活支援総合事業の第2層協議体)の趣旨も兼ね合わせています。

平成27年度 地域ぐるみネットワークではこんな取り組みが生まれました

白井第一小学校区 地元の資源を活用した地域連携!

白井第一小学校区には、「そろばん博物館」という資源があります。ふれあい会議に、そろばん博物館の館長さんが参加してくれたことをきっかけにして、「はしそろピック」という、そろばんの珠を活用した道具を使用し、「はしそろピック大会」をやろう、ということになりました。平成27年度中、学区内の介護保険サービス事業者で、「はしそろピック」をやってみました。ゲームの要素があって、利用者の皆様、楽しんで取り組んでくださいました。平成28年度は、年4回、地域の皆様にも協力を得て、学区内のデイサービスや施設で、「地域はしそろピック大会」をしよう!ということになりました。

会議には、地区社会福祉協議会の推進委員さんや介護保険サービス事業者スタッフが毎回参加してくれ、施設と住民のつながりが深まりました。

はしそろピックの画像

はしそろピック。そろばんの珠をはしでつまんで、1分間で何個カップに移せるかを競うゲームです。

南山小学校区 買物支援バスのモデル運行

 南山小学校区にはエレベーターの無い5階建ての建物が多くあります。買い物の荷物を持って、階段の昇り降りが大変だという声を受けて、送迎付きの買い物支援の取り組みを試行的に行いました。

 事前にふれあい会議の参加者がチラシを作成し、高齢者宅にポスティングしました。また、当日の買い物支援スタッフとしても協力いただきました。送迎用の車は、ふれあい会議に参加していた介護施設のバスを無償で使わせていただきました。

 当日は、5名の高齢者が参加しました。希望者には、店内での買い物もスタッフが付き添いました。バスの中では、スタッフも交えて会話が盛り上がり、皆さん楽しまれている様子が印象的でした。帰りは、スタッフが荷物を持って玄関までお届けしました。普段は買うことをためらわれていた醤油や洗剤のボトルなど重たい物も購入されており、買い物支援の必要性を実感したモデル運行となりました。今後は、本格実施に向けて更に検討を続けていきます。

送迎バスに乗り込むところです。

買い物を終えて、自宅まで戻ってきました。買い物した荷物は、支援スタッフが玄関まで運びました。

南山・池の上・桜台小学校区 住民による訪問型見守りの検討

白井市には、民間事業者や市内団体などが、ふだんの業務や活動の中で、緩やかに高齢者を見守る「しろい高齢者みまもりネット」が構築されていますが、これに加えて、住民同士が定期的に訪問したり、さりげなく様子を気にかける見守りの仕組み(訪問型見守り)が出来るといいな、ということを話し合いました。

そのような仕組みが出来たら、住民同士のつながりが出来たり、災害時の助け合いパートナーになりえるのでは、という意見も出ました。

白井市にあった見守りの仕組みとは何か、月1回の会議で意見交換したり、既に見守りの取り組みを行っている千葉県内の団地を視察に行くなどしました。

住民の皆様が、見守りについてどう考えているのかを知ることが大事!ということになり、自治会や管理事務所の協力をいただいて、堀込・桜台の一部地域で、平成28年3月から5月にアンケートを実施させていただきました。

平成28年度は、アンケートの結果を受けて、各地区でモデル的な見守り実践を行い、白井市全域で、どのような見守りの仕組みを作っていくかを検討していきたいと考えています。

ふれあい会議 訪問型見守りグループの様子

ふれあい会議の様子

先進地視察の様子

ふれあい会議のメンバーで、先進的に取り組んでおられる千葉市内の団地を視察させていただきました。

七次台小学校区 サロンの実施

七次台小学校区では、「井戸端カフェ」を2回開催しました。

井戸端会議のように、「みんなでおしゃべりを楽しむ会にできたらいいね」という意見で決まった名前です。

井戸端カフェ1回目の様子1枚目

井戸端カフェ1回目の様子

平成27年10月14日(水曜日)神野工務店 2階ホール

井戸端カフェ1回目の様子2枚目

初めての開催で、何人の人に来てもらえるか不安でしたが、グループホーム愛の家の利用者さんも参加していただき、コーヒーとお菓子でおしゃべりを楽しみました。地域の方に、また参加したい。という言葉をいただき、今後の活動に自信が持てました。

井戸端カフェ2回目の様子1

井戸端カフェ2回目の様子

平成28年3月9日(水曜日)  七次台会館

井戸端カフェ2回目の様子2

当日、あいにくの雨になってしまいましたが、多くの人に参加していただきました。チューブを使った健康体操はみんなに大人気でした。健康課の職員による認知症予防などで楽しいひと時を過ごすことができました。

今後は、七次台小学校区地区社協と連携しながら、地域で定期的に開催の予定です。ぜひ、ご参加ください。

その他の小学校区の取り組み

 

第二小学校区では、コープみらいが地域の事業者として会議に参加してくださいました。平成28年5月27日(金曜日)に、公民センターにおいて「みらいひろば」として、どなたでも参加できるサロンの開催が決まりました。

今後も、継続して開催していきますので、参加をお待ちしています。

その他、第三小学校区では、平成27年11月27日(金曜日)に、愛の家グループホーム冨士で、「ひだまり冨士サロン」を開催するなど、住民や事業者の皆様との協働で、様々な取り組みが生まれました。

ひだまり冨士カフェの様子

ひだまり冨士サロンの様子

A圏域の地域ぐるみネットワーク 会議レポート

A圏域は、市内の第一小学校区、第二小学校区、南山小学校区、池の上小学校区、桜台小学校区です。平成26年度までは、南山小学校区・池の上小学校区で取り組んでいましたが、今年度から他の学区にも範囲を拡大しました。会議の名称は、南山中学校区のみなさんで決めた「ふれあい会議」をそのまま継承しています。

ふれあい会議では、高齢化問題に関心のある住民やサロンの主催者、民生委員、地区社会福祉協議会、民間事業者、介護保険サービス事業者などの様々な方々が、地域高齢者の見守り、支え合いのための取り組みを検討しました。

A日常生活圏域の様子1

A日常生活圏域の様子2

 

 

A圏域 ふれあい会議レポート

A圏域 ふれあい会議第1回レポート H27.7(PDF:426.8KB)

A圏域 ふれあい会議第2回レポート H27.9(PDF:685.3KB)

A圏域 ふれあい会議第3回レポート H27.10(PDF:501.5KB)

A圏域 ふれあい会議第4回レポート H27.11(PDF:506.1KB)

A圏域 ふれあい会議第5回レポート H27.12(PDF:591.3KB)

A圏域 ふれあい会議第6回レポート H28.1(PDF:807.6KB)

A圏域 ふれあい会議第7回レポート H28.2(PDF:563.8KB)

A圏域 ふれあい会議第8回レポート H28.3(PDF:738.8KB)

B圏域の地域ぐるみネットワーク 会議レポート

B圏域は、市内の清水口小学校区、七次台小学校区、第三小学校区、大山口小学校区です。平成25年度までは、清水口小学校区で取り組んでいましたが、平成27年2月から、他の学区にも範囲を拡大して実施しました。

B圏域の会議では、高齢化問題に関心のある住民、民生委員、地区社会福祉協議会、介護保険サービス事業者などの様々な方が、地域高齢者の見守り、支え合いのための取り組みを検討しています。

B圏域 会議の様子1

B圏域会議の様子2

B圏域会議レポート

B圏域会議 第1回レポート H27.2(PDF:475.2KB)

B圏域会議 第2回レポート H27.3(PDF:521.2KB)

B圏域会議 第3回レポート H27.4(PDF:687.7KB)

B圏域会議 第4回レポート H27.5(PDF:542.8KB)

B圏域会議 第5回レポート H27.6(PDF:548.8KB)

B圏域会議 第6回レポート H27.7(PDF:918.6KB)

B圏域会議 第7回レポート H27.8(PDF:826.7KB)

B圏域会議 第8回レポート H27.9(PDF:722.5KB)

B圏域会議 第9回レポート H27.10(PDF:383.4KB)

B圏域会議 第10回レポート H27.11(PDF:870KB)

B圏域会議 第11回レポート H27.12(PDF:683.2KB)

関連リンク

白井市地域ぐるみネットワークふれあい会議のご案内

お問い合わせ先
福祉部 高齢者福祉課 地域包括支援センター
〒270-1492 千葉県白井市復1123番地
電話番号:047-492-1111
ファックス:047-491-3510

お問い合わせはこちらから

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。