現在の位置

白井市の地域包括ケアシステム構築に向けて - 各会議の関連図・地域ケア推進会議の紹介

更新日:2019年9月9日

白井市の地域包括ケアシステム構築に向けた各会議の連携

地域ケア会議には次の機能があり、これら機能の実現を通じて、各市町村の実情に応じた地域包括ケアシステムを構築していくことが求められています。

1 高齢者の個別課題解決

2 地域包括支援ネットワーク構築

3 地域課題発見

4 地域づくり・資源開発

5 政策形成

これらの機能を実現するための、地域ケア個別会議・地域ケア推進会議を含めた各会議の連携は、下記のとおりとなっています。白井市では、各機能の実現のために、新たな会議を創設するだけではなく、既存の会議を活用しています。

白井市の地域包括ケアシステム構築に向けた会議体関連図

白井市地域包括ケアシステムの構築に向けた会議体関連図(PDF版)(PDF:203.9KB)

 

様々な会議の実践を通して、白井市の高齢者が抱えている個別課題・白井市の地域課題に応じた施策や取り組みを進めていきます。

地域ケア個別会議の取り組みについては、下記リンクを参照ください。

地域ケア個別会議の推進 -ご近所支え合い会議・課題支援型地域ケア会議-

自立支援型地域ケア会議

地域ケア推進会議

白井市では、地域ケア個別会議で把握された高齢者個人や地域の課題などを集約し、必要な施策や取り組みを検討する、地域ケア推進会議を開催しています。

地域ケア推進ワーキング会議 -保険者・現場専門職による会議-

市では、介護保険や国民健康保険等の保険者(各担当職員)、高齢者の相談支援や介護予防に関わっている、高齢者福祉課や地域包括支援センターの保健師・社会福祉士・主任介護支援専門員、生活支援コーディネーター(注釈下記)からなる地域ケア推進ワーキング会議を開催し、白井市高齢者の個別課題や地域課題の整理分析を行っています。

検討結果は、【白井市の地域包括ケアシステム構築に向けた2025年の目指す姿と取り組み】や、次期高齢者福祉計画・介護保険事業計画に反映させていきます。

平成30年度の検討においては、移動や介護保険の対象外となる「ちょっとした困りごと」、買い物などが課題としてあがり、今後必要な取り組み・政策について意見交換を行いました。

(注釈)生活支援コーディネーター … 多様な主体による高齢者支え合いの取り組み実現を支援するコーディネーターであり、白井市は社会福祉協議会に配置しています。

白井市地域ケア推進ワーキング会議の様子

地域ケア推進会議 -地域包括支援センター運営協議会-

白井市では、地域包括支援センター運営協議会のうち、市の地域包括ケアシステム構築に関する議論を、地域ケア推進会議として位置づけています。

平成30年度は、地域ケア推進ワーキング会議で課題としてあがった「移動支援」をテーマとして、今後必要な取り組み・政策のアイデアを議論しました。

 

白井市の地域ケアシステム構築に向けた2025年の目指す姿と取り組み

地域ケア推進ワーキング会議や、地域ケア推進会議により抽出された課題をふまえて、団塊の世代が後期高齢者となる2025年に向けた取り組みの目標を、分野別に下記のとおりまとめています。

白井市の地域包括ケアシステム構築に向けた2025年の目指す姿と取り組み(PDF:662.6KB)

お問い合わせ先
福祉部 高齢者福祉課 地域包括支援センター
〒270-1492 千葉県白井市復1123番地
電話番号:047-492-1111
ファックス:047-491-3510

お問い合わせはこちらから

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。