現在の位置

老人医療費助成事業(68・69歳医療費助成事業)の廃止について

更新日:2015年3月1日

68・69歳医療費助成事業は平成25年度末で廃止しました。(経過措置有り)

この事業は住民税非課税世帯の68歳・69歳の方を対象に医療費自己負担の2割分を助成し、70歳代前半の医療費自己負担1割と同等になるようにしていましたが、平成26年4月に70歳になる方から医療費自己負担割合が2割に引き上げられることを踏まえ、事業を廃止しました。
なお、資格が認定されている方が平成26年3月までに受けた医療については今までどおり医療費助成申請を受け付けます。
また、平成26年3月末日までに資格が認定されている方については、経過措置として70歳に達する月まで助成をします。ただし、平成26年4月1日以降の医療費に対する助成割合は1割分になります。

医療費の助成が受けられる方

次の要件であって、資格の認定を受けた方
白井市在住で、68・69歳の方
世帯全員の住民税が非課税であること(均等割のみ課税されている場合でも課税対象者となります。)

助成金額について

  1. 平成26年3月までに受けた医療
    医療機関で支払った保険診療分(自費分は除く)に対して、高齢者の医療の確保に関する法律に基づく一部負担金(1割分)を差し引いた額を助成します。
  2. 平成26年4月以降に受けた医療
    医療機関で支払った保険診療分(自費分は除く)に対して、国民健康保険法に基づく一部負担金(2割分)を差し引いた額を助成します。

ただし、国民健康保険、健康保険組合等で高額療養費や付加給付の該当になった場合は、残りの自己負担額から、一部負担金を差し引いた額が支給されます。その場合、医療費の助成が遅れますのでご了承ください。

助成の申請について

いったん医療機関で3割負担していただき、その領収書を月ごとにまとめて、「白井市医療費助成申請書」に必要事項を記入し、保険年金課に提出してください。
毎月10日までに受け付けたものを月末に指定された口座に振り込みます。

ご案内

ご案内
申し込み方法・
期限や必要な物
医療を受けた時の領収証、認め印、振込先のわかるもの

関連書類

白井市医療費助成申請用紙(WORD:35.5KB)

お問い合わせ先
健康福祉部 保険年金課 保険年金班
〒270-1492 千葉県白井市復1123番地
電話番号:047-492-1111(内線:3174、3175、3179、3181)
ファックス:047-491-3510

お問い合わせはこちらから