現在の位置

7 いざという時役立つ非常食!

更新日:2020年12月8日

印刷する

  いざという時の備えはできていますか?近年、地震や台風など非常用持ち出し袋の自然災害などが多く発生しているため、備蓄食料品の定期的な入れ替えや活用方法、入れ替え時のレシピや災害時の調理法などを知り、災害時の食に関する知識を身につけておきましょう。

災害時の備蓄 食事編

  非常時に備えておきたい食品の一覧表と備蓄食料品のチェックリストです。ご家庭できちんと備えができているか把握するためにぜひご活用ください。

非常時に備えよう!(買い置きしたい食品の例)(PDF:367.7KB)

我が家の備蓄食料品チェックリスト(PDF:1.5MB)

 

ローリングストック法とは?

 普段の食料品を少し多めに買い置きし、消費した分を補充することをローリングストック法と言います。この方法を日常から行っていれば、手軽に備蓄に取り組むことができ、いざという時に困らなくて済みます。

〈ローリングストック法の3つポイント〉ローリングストック

1.普段の食料品を少し多めに買い置きする(保存期間の長いものを購入

 する)

2.チェックリストを作成し、賞味期限を考えながら消費する

3.消費した分を補充する

 

災害時に備えた食品等に関しての情報は下記リンク先ををご参照ください。

災害時に備えたストックガイド(農林水産省)

食改おすすめ!サバイバル献立

 災害が発災した場合を想定し、食生活改善推進員が冷蔵庫の食材を使った3日分の献立を作成しました。日頃から、最低でも3日分、できれば1週間分程度の家庭での食料品の備蓄に取り組むことが望まれます。防災備蓄

サバイバル献立 1日目(PDF:187.7KB)

サバイバル献立 2日目(PDF:191.7KB)

サバイバル献立 3日目(PDF:192.5KB)

備蓄品で作る「簡単栄養レシピ」

 食生活改善推進員が備蓄食料品や日持ちする野菜を使った料理を作成しました。簡単に調理ができ、健康的な料理となっています。災害時だけでなく、普段の食事でも活用してください。

備蓄品で作る「簡単栄養レシピ」(PDF:545.6KB)

 

ポリ袋クックの情報は下記リンク先をご参照ください。

 食生活改善推進員※が災害時にも役立つポリ袋クックを考案しました。包丁やボウルなどの調理器具を使わずに作ることができるものをテーマとしています。

災害時にも役立つポリ袋クック

 

※食生活改善推進員とは?

白井市食生活改善推進員協議会

お問い合わせ先
健康子ども部 健康課 健康づくり推進係
〒270-1492 千葉県白井市復1123番地
電話番号:047-497-3494
ファックス:047-492-3033

お問い合わせはこちらから

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。