現在の位置

白井市食生活改善推進員協議会

更新日:2020年8月4日

印刷する

食生活改善推進員とは

 食生活改善推進員は、「私たちの健康は、私たちの手で」を合言葉に、市民の健康増進を図るため、食を中心とした健康づくりの普及啓発活動を行うボランティアです。

 白井市食生活改善推進員協議会は、昭和59年に発足し、現在は市内で20名が食生活改善推進員として活動しています。料理教室や食育講座、イベントでの普及啓発など、「食」を通じた様々な活動を行っています。

 

主な活動内容

教室・イベント

●「男性料理教室」の開催

 料理初心者の男性を対象とした、健康的な食事づくりを講話と調理実習で伝える料理教室です。

 

●「健康知っ得料理教室」の開催

 健康的で簡単に作れる食事づくりや野菜の使い切り法などを講話と調理実習で伝える料理教室です。

 

●「おやこの料理教室」の開催

 未就園児と小学生、その保護者を対象にバランスの良い食事の大切さや料理を作る楽しさを講話と調理実習で伝える料理教室です。

 

●「おやこのみそづくり体験教室」の開催

 小・中学生とその保護者を対象に日本の伝統的な調味料「みそ」や日本食、地域の身近な食材や旬についてを伝えるみそづくり体験教室です。

 

●「ヘルシー食育講座」の開催

 生活習慣病予防の食生活のポイントや調理方法を管理栄養士による講話と食生活改善推進員による調理デモンストレーションでお伝えする講座です。

 

●イベントでの食育啓発

 ふるさとまつりや防災くんれんなど多くの市民が集まる場を活用して、食を通じた健康づくりについて啓発を行っています。

 

●市内の保育園及び幼稚園でのエプロンシアター等の実施

 子どもたちに赤・黄・緑の3色が揃ったバランスがよい食事や好き嫌いなく食べることの大切さをエプロンシアターなどを通して伝える活動を行っています。

男性料理教室風景

〈男性料理教室〉

健康知っ得料理教室風景

〈健康知っ得!料理教室〉

おやこの料理教室

〈おやこの料理教室〉

保育園

〈保育園及び幼稚園での食育支援(エプロンシアター)〉

ふるさとまつり

〈ふるさとまつり〉

防災くんれん

〈防災くんれん〉

 

学習会・研修会

市主催の学習会等で食や健康について学び、その知識を高めています。

学習会

〈学習会〉

研修会

〈研修会(外部講師)〉

食生活改善推進員になるには

・食や健康に興味があり、食育を推進する意欲がある市内在住者

・年間を通して活動でき(年20日程度)、食生活改善推進員養成講座(食育セミナー)に出席できる人

上記の条件に満たす人であれば、お申込みいただけます。

募集は広報しろいとホームページにて行います。申込み方法については、募集の際にお知らせします。

 

お問い合わせ先
健康子ども部 健康課 健康づくり推進係
〒270-1492 千葉県白井市復1123番地
電話番号:047-497-3494
ファックス:047-492-3033

お問い合わせはこちらから