現在の位置

育児休業を取得した場合の保育園等の継続利用について

更新日:2017年9月25日

育児休業を取得した場合の保育園等在園児童の継続利用認定期間が変わりました。

 市では、出産により育児休業を取得した場合の在園児童(保育園、認定こども園、地域型保育施設)の保育の継続利用を、出産後1年としてきましたが、平成29年9月25日から制度を改正し、最長で育児休業にかかる児童が満1歳となった年度の末日(3月31日)まで認定期間を変更し、在園できるようになりました。

 ただし、認定期間の変更は、育児休業にかかる児童が保育所等の入所申し込みをし入所保留となった場合に限られますのでご注意ください。

変更内容

  現行 変更後

在園期間

(認定期間)

【原 則】

1歳の誕生日前日まで

(育児休業期間がそれより短い場合はその証明による)

1歳の誕生日前日まで

(左記同じ)

在園期間(認定期間)

【育児休業にかかる児童が1歳の誕生月に入所保留となったため育児休業を延長する場合】

1歳の誕生日までに職場復帰しない場合は、在園児は原則退所

最長でその年度の末日(3月31日)まで

(育児休業がそれより短い場合はその証明による)

認定変更にかかる提出書類

支給認定変更申請書

支給認定証

育児休業期間が証明できる書類

就労証明書

支給認定変更申請書

支給認定証

育児休業期間が証明できる書類

 

お問い合わせ先
健康福祉部 保育課
〒270-1492 千葉県白井市復1123番地
電話番号:047-492-1111(内線:5314、5315)
ファックス:047-491-3510

お問い合わせはこちらから