現在の位置

ノロウィルスによる感染性胃腸炎にご注意ください!

更新日:2018年11月15日

冬は特に注意を!ノロウイルスによる感染性胃腸炎・食中毒対策

 食中毒は夏の暑い日だけではありません。ノロウイルスによる食中毒は、秋から冬の寒い時期にかけて多発しています。

 ノロウイルスは、感染者の手指や汚染された食品などを介して感染し、感染した場合には約24時間から48時間で吐き気、おう吐、下痢、腹痛、微熱などの症状が出ます。ノロウイルスは感染力が非常に強く集団感染を起こしやすいため、注意が必要です。

 乳幼児や高齢者、免疫力が低下している人は重症化することがありますので特に注意してください。

 また、ノロウイルスには予防や治療に効果的な薬やワクチンがないので、予防対策を徹底しましょう。下痢や嘔吐の症状が出た時には水分を多めに摂取し、早めに医療機関で受診しましょう。

 

 

予防のポイント

♦「手洗い」をしっかり行う

 特に食事前、トイレの後、調理前後は、せっけんで丁寧に手を洗い、流水で十分に流しましょう。

♦「食品や調理器具からの感染」を防ぐ

 ノロウイルスの汚染のおそれがある二枚貝(例えばカキ)などの食品の場合、十分な加熱(中心部が85℃から90℃で90秒以上)が必要です。

 また、調理器具は使用後すぐに洗うなど、いつも清潔にしましょう。まな板、包丁、食器、ふきんなどは熱湯消毒(85℃以上で1分以上)が有効です。

♦「人からの感染」を防ぐ

 感染した人の便やおう吐物から二次感染します。下痢便やおう吐物を処理する時には、使い捨てのエプロン、マスク、手袋を着用した上で周りに飛び散らないようにペーパータオルなどで静かに拭き取ります。

 その後、次亜塩素酸(塩素濃度約200ppm)で浸すように拭き取りし、水拭きしてください。おう吐で汚れた衣服などは熱湯処理(洗濯)あるいは次亜塩素酸ナトリウムを含む塩素系漂白剤で消毒します。また、使用したエプロン、マスク、手袋、汚物類はビニール袋に密閉して廃棄します。

 

感染を拡大させないために

・下痢やおう吐がある時は、できるだけ学校や仕事を休んで体力の回復に努める

・おう吐物や排泄物は、使い捨てのエプロン(ガウン)・マスク・手袋を着用した上で処理し、おう吐物を拭き取った後、次亜塩素酸(塩素濃度約200ppm)で浸すように拭き取り、さらに水拭きする。

廃棄物はビニール袋に入れ、十分に浸る量の次亜塩素酸(塩素濃度1000ppm)を入れることが望ましい。

・汚れた衣服等は85℃以上の熱湯洗浄、または次亜塩素酸(塩素濃度1000ppm)で消毒する。

・おう吐した人は口の中をよくすすぎ、使用した流し台や洗面器は、十分な流水で洗浄し、次いで85度以上の熱湯で加熱洗浄、または次亜塩素酸(塩素濃度約200ppm)で浸すように拭き、10分後、水洗いする。

 

【次亜塩素酸液の作り方(500ミリリットルペットボトルを使用)

1.キャップ2杯(約10ミリリットル)の次亜塩素酸を含む塩素系漂白剤をペットボトルに入れ、水を500ミリリットル加えると塩素濃度1000ppmの次亜塩素酸液ができる。

2.キャップ半分弱(約2ミリリットル)の次亜塩素酸を含む塩素系漂白剤をペットボトルに入れ、水を500ミリリットル加えると塩素濃度200ppmの次亜塩素酸液ができる。

(使用にあたっては、換気や手袋装着するなど、予防のポイント(前述)を十分確認すること)

 

 

参考

厚生労働省 感染性胃腸炎(特にノロウィルス)について

千葉県感染症情報センター

お問い合わせ先
健康子ども部 健康課 健康づくり推進班
〒270-1492 千葉県白井市復1123番地
電話番号:047-492-1111
ファックス:047-491-3510

お問い合わせはこちらから