現在の位置

犬の放し飼いおよびノーリードは禁止されています

更新日:2019年12月25日

印刷する

放し飼いおよびノーリードはやめましょう

令和元年12月、市内公園において、ノーリードで散歩中の犬が、他の飼い犬に噛みつく事件が発生しました。 

放し飼いおよびノーリードは、「千葉県動物の愛護及び管理に関する条例」により、禁止されています。

リード(引き綱)がなければ、突然の事態に対応することができません。

リードをつけていても、飼い主が犬を制御できない長さにすることも危険です。

犬が苦手な方にとっては、上記のような行為は大変不安に感じられます。

犬を散歩させる場合は、必ずリードを付け、飼い主が制御できる長さを保ちましょう。

関連リンク

動物の正しい飼い方

千葉県動物の愛護及び管理に関する条例が施行されました

お問い合わせ先
市民環境経済部 環境課
〒270-1492 千葉県白井市復1123番地
電話番号:047-492-1111
ファックス:047-492-3070
お問い合わせはこちらから