現在の位置

カニなどの魚介類を勧める強引な電話勧誘・送りつけ商法にご用心!

更新日:2015年3月2日

消費者庁からの情報です。詳細は報告書をご覧ください

報告書(PDF:207.6KB)

 突然、電話で「いいカニが入りました。産地直送で送ります。」などと、販売業者から勧誘を受け、断ったにもかかわらず執拗な勧誘に根負けしてカニを購入してしまった、あるいは、購入を承諾していないのにカニが自宅に届いたなどの経験はありませんか。
 毎年(特に、これからの時期に)、全国各地でこうした消費者被害の相談が増えています。
 被害を防ぐために、カニなどの魚介類を電話で勧誘された場合や一方的に送り付けられた場合の注意点をお知らせします。

  1. 名称や連絡先のわからない事業者とは取引しないこと
     名称や連絡先を告げない事業者とは取引しないという用心深さが必要です。
  2. 不要なら「要りません」ときっぱり断ること
     
    不要なら「要りません。電話もしないでください」と毅然と断りましょう。事業者の強引な勧誘トークに巻き込まれないよう、早めに断ることが大事です。
  3. カニなどの生鮮食料品もクーリング・オフできます
     
    一定期間(書面受領後8日間以内)は、クーリング・オフ (契約解除等)ができます。返送にかかる費用は事業者側の負担となります。
  4. 一方的に送り付けられた場合は「受取拒否」をしましょう
     
    注文した覚えのない商品は受け取らないようにしましょう。
    万が一、受け取っても、受け取ってから14日間(商品の引取りを販売業者に請求した場合は7日間)を過ぎた場合は、消費者が自由に商品を処分できます。処分しても代金を支払う必要はありません。
  5. 高齢者の被害を防止するためネットワークの活用を
     高齢者が被害に遭いやすい傾向があります。高齢者被害を防止するためには、日頃からの周囲との交流や互いの気配りが不可欠です。地域のネットワークなどを上手に活用しましょう。
  6. 一人で悩むよりまず相談を
     困ったときは、すぐに下記より消費生活センター(消費生活相談)に相談しましょう。被害の未然防止や拡大防止につながります。

クーリング・オフについて、詳しくは下記を、ご参照下さい。

クーリング・オフ

消費生活センター

白井市消費生活センター(市役所2階)

毎週月曜日から金曜日 午前10時から正午、午後1時から4時まで
電話:047-492-1111(内線3294)

土日祝日などは消費者ホットライン(0570-064-370)におかけください。開設している窓口につながります。

お問い合わせ先
市民環境経済部 産業振興課 商工振興班
〒270-1492 千葉県白井市復1123番地
電話番号:047-492-1111
ファックス:047-491-3510

お問い合わせはこちらから

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。