現在の位置

絶対に無視すること!「賞金が当たった」という詐欺的なDMの相談が再び急増!

更新日:2015年3月2日

独立行政法人国民生活センターからの情報です

 

海外の宝くじやロトなどで高額賞金が当たったかのようなダイレクトメール(以下、DM)を海外から送付し、消費者に申込金などを支払わせる手口が全国で再び急増しています。
 この手口は「賞金が当たった」「賞金当選のための資格を獲得」などという出どころのわからない賞金を受け取るために申込金などの名目でお金を支払わせるものが多く、DMを送ってくる団体の住所や連絡先ははっきりせず、抽選などがいつどこで行われるかの記述もなく、極めて詐欺的なものです。
 このような勧誘は絶対に無視しましょう。詳細は,下記より報告書をご覧ください。

報告書(PDF:222.8KB)

全国で寄せられた主な相談事例

  • 別居している80歳代の義父が、海外宝くじの封筒が届くたびに5,000円の手数料を支払い、このために年金を担保に借金をしていたことが判明した。
  • 判断能力に問題のある父が、海外宝くじへのエントリー料金をクレジットカードで毎月10万円程度を何十年間も支払っていたことが分かった。
  • 今後DMを送らないでほしいと手紙を送ったら、前より一層届くようになった。

消費者へのアドバイス

  • 決して申し込まないこと!。日本国内で海外宝くじを授受すると、消費者自身も違法性を問われる可能性があります。
  • クレジットカード番号や個人情報を業者に教えないこと。
  • 送られてきたDMは処分してもかまいません。
  • トラブルにあったら、すぐに下記より消費生活センター(消費生活相談)に相談ください。

消費生活センター

お問い合わせ先
市民環境経済部 産業振興課 商工振興班
〒270-1492 千葉県白井市復1123番地
電話番号:047-492-1111
ファックス:047-491-3510

お問い合わせはこちらから

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。