現在の位置

多重債務と債務整理の方法

更新日:2015年3月1日

多重債務とは?

多重債務とは、複数の金融業者から自分の返済能力を超えた借金をしてしまうことをいい、多重債務に陥った人を、「多重債務者」といいます。

多重債務に陥らないために

多重債務に陥るのは特別なことではありません。正しい知識を持っていなければ、誰にでも起こりうる危険があります。
多重債務の主な原因には、計画性のないローンやクレジットカードの利用、倒産・病気や事故などが要因の思いもよらない失業、連帯保証人になったことによる借金の肩代わり、高金利などがあります。

多重債務に陥らないために、次のようなことに注意しましょう。

  • 生活設計を立て、いざというときの備えのお金、教育や老後資金などを考えておく。
  • 家計の管理による収支の把握。
  • クレジットカードは管理できる枚数に。(クレジットカード利用も借金です)
  • 友人・知人の頼みでも安易に(借金の)連帯保証人にはならない。
  • 返済のための追加の借り入れはしない。
  • 高金利の貸金業者等は利用しない。

下記より、登録貸金業者かどうかの検索を、ご参照下さい。

登録貸金業者かどうかの検索

ローンやクレジットを利用する際は次のことに注意しましょう。

  • それは本当に必要なお金(もの)ですか?
  • 今すぐ必要なお金(もの)ですか?
  • 金利はどのくらいかかりますか?
  • 自分の収入できちんと返済していけますか?
  • 借金返済のための借金ではありませんか?

家計の管理などに役立つツール等は、下記より、日本貸金業協会 のサイトをご参照ください。

日本貸金業協会

それでも多重債務に陥ってしまったら…

早めに相談窓口に相談し、解決策を立てましょう。
債務整理には4つの方法があり、主な特徴は次のようになります。

重債務に陥ってしまったら
方法 概要 主な特徴
任意整理 裁判所を利用せず、債権者との話し合いで借金の総額や月の返済額を決め直し、返済していく方法です。
  • 債務者個人で交渉するのは難しいため、法律専門家(弁護士・司法書士)に依頼します。
  • 依頼費用がかかりますが、法律専門家の交渉により柔軟な対応での債務整理が可能です。
  • 利息の再計算により、残債務の圧縮が見込まれますが、債権者が合意しない限り、債務は整理されません。
特定調停 裁判所に申し立てをして、調停委員のあっせんにより借金の総額や月の返済額を決め直し、返済していく方法です。
  • 法律専門家を頼まなくてもできるため、費用が安く済みます。
  • 利息の再計算により、残債務の圧縮が見込まれますが、債権者が合意しない限り、債務は整理されません。
  • 返済計画に強制力があるため、返済が滞ると財産の差押え等の強制執行を受けるおそれがあります。
個人再生手続き 裁判所に申し立てをして、借金の一部を一定期間に分割で返済し、残りの借金返済を免除してもらう方法です。
  • 借金元本の一部をカットすることができますが、定期的な収入があること等の条件があります。
  • 手続きが複雑なため、法律専門家への依頼が必要で、他の手続きに比べ時間がかかります。
  • 住宅ローンがある場合、別に支払いを続けることで住宅を手放さずに済みます。
自己破産 裁判所に申し立てをして、財産を債権者に分配し、残りの借金返済を免除してもらう方法です。
  • 免責が認められれば、税金などを除く債務の返済は免除されます。
  • 生活のための家電製品や身の回りのものを手元に残せますが、住居などの財産を失うことになります。
  • 破産が決定すると、免責が決定するまでの期間は、保険募集人や警備員などの一部の職業に就けなくなります。
  • 自己破産すると、5~7年は銀行等からの借金やクレジットカードの発行が受けられなくなります。

債務整理の費用を支払えないために、法律専門家へ相談することをためらう方も見受けられますが、 費用の立替制度 等がありますので、以下の専門機関の相談窓口に相談してみましょう。

下記より、 費用の立替制度を、ご参照下さい。

費用の立替制度

千葉県弁護士会

千葉司法書士会

法テラス千葉

 市役所2階消費生活センター

相談日時

毎週月曜日から金曜日 10時から12時・13時から16時

電話番号

047-492-1111(内線3294) 

お困りの際は、お気軽に 消費生活センター にご相談ください。

消費生活センター

お問い合わせ先
市民経済部 商工振興課
〒270-1492 千葉県白井市復1123番地
電話番号:047-492-1111(内線:3241から3243)
ファックス:047-491-3554

お問い合わせはこちらから