現在の位置

記帳・帳簿等の保存制度の対象者が拡大されます

更新日:2015年3月1日

これまで、記帳・帳簿等の保存は個人の白色申告者のうち前々年分または前年分の事業所得、不動産所得、山林所得の合計額が300万円を超える人に必要とされていました。
平成26年1月からは、これらの所得を生ずべき業務を行うすべての人が記帳・帳簿等を保存する必要があります。

記帳・帳簿等の保存制度や記帳に関する内容で不明な点がある場合は、下の国税庁ホームページをご覧になるか、税務署に問い合わせてください。
また、税務署主催による記帳説明会を次の日程で行いますので、併せて利用してください。

記帳説明会

日時

10月31日(木曜日) 午後1時30分~3時30分

場所

白井市役所6階正庁

内容

記帳・帳簿等保存制度の概要、帳簿の記帳の仕方、青色申告制度、e-Taxでの申告の仕方など

持ち物

筆記用具
記帳説明会に関する問い合わせは成田税務署個人課税第1部門 内線212番へ。
 

国税庁ホームページ

成田税務署

代表電話番号 0476-28-5151(自動音声でご案内します

お問い合わせ先
企画財政部 課税課 市民税班
〒270-1492 千葉県白井市復1123番地
電話番号:047-492-1111
ファックス:047-491-3554

お問い合わせはこちらから