現在の位置

妊婦健康診査時の検査項目の追加について

更新日:2015年4月1日

平成23年4月1日から、妊婦健康診査にHTLV-1抗体検査・クラミジア検査が追加されます。

HTLV-1抗体検査とは

成人T細胞白血病は、HTLV-1というウイルスによっておこる病気です。お母さんがこのウイルスを持っていると、授乳等によって赤ちゃんに感染する可能性があります。
妊婦さんがウイルスを持っているかどうか調べるために、血液検査をします。

厚生労働省のホームページ

クラミジア検査とは

クラミジア・トラコマチスという病原体に感染しているかどうかを調べる検査です。
妊婦さんがクラミジアに感染していると、早産や流産、赤ちゃんが感染すると新生児結膜炎や新生児肺炎を引き起こす危険性があります。
妊婦さんがウイルスを持っているかどうか調べるために、子宮頸管の粘膜を綿棒で採取して検査をします。

国立感染症研究所感染症情報センターのホームページ

平成22年度発行の妊婦健康診査受診票(別冊1)をお持ちの方

平成23年4月以降は、平成22年度中に交付を受けた 妊婦健康診査受診票C票のうち、「232」という番号の前に 「F」「N」 と書かれた受診票を使って、HTLV-1抗体検査、クラミジア検査を公費で受けることができます。
「F」票、「N」票をすでに使用してしまった方で、平成23年4月以降にHTLV-1抗体検査、クラミジア検査を自費で受ける場合は、検査費用を助成しますので、検査後に申請をしてください。
領収書が必要となりますので、大切に保管しておいてください。

検査費用の助成について

対象者

妊娠30週前後までの方
平成23年度に限り、妊娠30週を超えて初めて検査を受けた場合も対象とします。

対象となる検査

「F」票、「N」票をすでに使用してしまった方で平成23年4月以降に実施した
HTLV-1抗体検査、クラミジア検査

助成額

HTLV-1抗体検査 2,290円(上限)
クラミジア検査    2,100円(上限)

申請方法

下記の書類等を健康課にご持参ください。健康課で申請書をご記入いただきます。

  • 検査費用がわかる領収書、明細書(病院から必ず明細書をもらってください)
  • 検査結果のわかるもの
  • 母子健康手帳
  • 妊婦健康診査受診票(別冊1)
  • 印鑑
  • 振込口座のわかるもの

申請期限

出産後1年以内

お問い合わせ先
健康福祉部 健康課 母子保健班
〒270-1492 千葉県白井市復1123番地
電話番号:047-492-1111(内線:5321から5324)
ファックス:047-491-3510

お問い合わせはこちらから