現在の位置

ひとり親家庭等医療費等助成

更新日:2017年11月13日

ひとり親家庭への経済的支援

母子家庭や父子家庭等の方が、保険診療により、病院などで受診した際に支払った負担額の一部を助成します。ただし、児童扶養手当と同様の所得制限がありますので、本人(母子家庭の母、父子家庭の父、養育者)及び扶養義務者(同居している本人の父母や兄弟など)の所得により、助成します。

対象者

  • 母子家庭の母及びその児童
  • 父子家庭の父及びその児童
  • 父母のない児童
  • 父または母が裁判所からのDV保護命令を受けた児童

別制度によって医療費の助成を受けている人は除きます。

助成の内容

  • 入院・通院・調剤にかかった医療費、調剤費、診療・調剤報酬証明手数料の一部を助成します。
  • 1人の方が、1ヶ月、1つの病院(又は保険調剤薬局)でかかった医療費、調剤費について支払った保険分医療費等自己負担額から、以下の額を差し引いて助成します。
     入院の場合 … 食事療養費及び生活療養負担額
     通院、保険薬局 … 1件につき1,000円
  • 給付申請に伴う診療・調剤報酬証明の際に、病院・薬局に支払った手数料については、1件あたり200円を限度に助成します。

申請に必要なもの

医療費等の給付を受ける前に、対象者であることを確認するため、資格の申請が必要になります。次の書類をそろえて申請をしてください。資格決定の有効期限は、市が受理した日から初めての7月末日までとなります。以降資格更新する場合は、改めて資格申請書その他の書類を提出する必要があります。

  1. 印鑑
  2. 申請者名義の銀行の通帳
  3. 世帯全員の住民票(世帯分離しているものも含む)
  4. 戸籍謄本
  5. 所得証明書(申請する年度の1月1日時点で白井市に住民票のない方)※扶養義務者と同居している場合、同居している扶養義務者の所得証明書も必要となります。
  6. 養育費に関する申告書
  7. 健康保険証

児童扶養手当証書をお持ちの方は、3 4 5を省略できます。

※3、5の書類はマイナンバー制度の情報連携に伴い、本人の同意をいただければ省略可能な書類になります。

届出が必要なとき

次に該当する場合は、届出をしてください。

  • 住所に変更があったとき
  • 保険の種類、番号、保険者名が変更になったとき
  • 氏名を変更したとき
  • 新たに監護し、養育する児童が生じたとき
  • 婚姻等により、ひとり親家庭でなくなったとき
  • 保険に加入しなくなったとき
お問い合わせ先
健康福祉部 子育て支援課
〒270-1492 千葉県白井市復1123番地
電話番号:047-492-1111(内線:5312、5313)
ファックス:047-491-3510

お問い合わせはこちらから