現在の位置

認定NPO法人 日本ブルキナファソ友好協会(JBFA)(市民活動団体紹介)

更新日:2015年4月28日

ブルキナファソに建設中の小学校写真

ブルキナファソ農村地域に建設中のNabinkiensem公立小学校(360人収容)

ネリカ米収穫祭写真

白井第一小学校と協働でネリカ米の稲作を実施、収穫祭には毎年駐日大使も参加

TV交流会写真

白井第一小学校とカバネ小学校(ブルキナファソ)とでのTV交流会を実施

活動概要

日本ブルキナファソ友好協会は、1995年ブルキナファソにおいて貧困・病気に苦しむ人々を救済するため、ブルキナファソ政府の要望に応え設立されたNGO及び友好協会で、「同じ地球の仲間として私たちにできること」を合い言葉に、教育・医療・保健衛生・農業の分野で援助活動を続けている団体で、その活動は内外共に高く評価されております。

団体基本情報

代表者

理事長 松山倫政

設立年月

1995年7月

活動地域・場所など

ブルキナファソ(西アフリカ)、白井市、関東、関西

活動日時

通年

会費など

一般会員10,000円/年、団体会員50,000円/年、学生会員5,000円/年

団体紹介(自由記入欄)

  • 会員数:158名
     
  • 会員募集・寄付金:随時受付
     
  • 年間予算:1,000から1,500万円
     
  • JBFAの沿革:
    1995年7月1日:横浜市に於いて「日本ブルキナファソ友好協会」を設立
    1997年3月15日:ブルキナファソに「Ouagadougou事務所」を設置
    1999年3月29日:「特定非営利活動法人日本ブルキナファソ友好協会」として登記、神奈川県で最初のNPO法人
    2000年11月14日:在日ブルキナファソ大使館特命全権大使の表敬訪問を受ける2000年12月5日:ウエドラオゴ外務大臣、アジア太平洋カリブ局長の表敬訪問を受ける
    2001年9月1日:主たる事務所を横浜市より千葉県白井市に移転
    2002年3月28日:在日ブルキナファソ大使館特命全権大使の表敬訪問を受ける2003年2月16日:ウエドラオゴ情報大臣の表敬訪問を受ける
    2003年6月20日:国税庁長官より「認定NPO法人」の認定を受ける、千葉県で最初、日本で13番目の認定NPO法人
    2003年9月28日:コンパオレ大統領、外務大臣、情報大臣の表敬を受ける
    2012年11月13日:ブルキナファソ政府より「ブルキナベ功労勲章」が授与される
    2012年12月11日:ブルキナファソ政府より「国家功労勲章」が授与される
    2014年12月1日:社会貢献者表彰を受賞する
     
  • 活動実績:
    (海外:これまでの実績)
    医療:診療所の建設(6ヶ村)、医師・看護婦の派遣など
    教育:小学校の建設(6校舎)、学用品・教科書の寄贈など
    保健衛生:深井戸の堀削(33ヶ村)、公衆トイレの設置(52ヶ所)、保健衛生指導の実施(9ヶ村)など
    農業:熱帯野菜・ネリカ米の農業指導(6ヶ村)
    女性支援:脱穀製粉施設の建設(2ヶ村)など
    リサイクル物資の供与(32ヶ村):救急車2台、消防車4台、移動図書館車1台、オルガン32台、学校用机と椅子約5,200セットなど
    (国内)
    関東・関西で開催されるイベント(NGO祭など)への参加、JBFA活動報告展、ボランティア体験ツアー、白井第一小学校と協働でネリカ米稲作の実施、両国間の児童によるTV交流の実施、ブルキナファソの情報提供など
     
  • JBFAは、千葉県で最初のNPO法人です。当協会への寄付金は、税制上の特例措置が講じられ「寄付金控除・損金算入の対象」となります。
     
  • JBFA及びブルキナファソに関しての詳細はウェブサイトをご覧ください。

紹介しました団体に関するお問い合わせは、企画政策課ではお答えできませんので、下記の団体ホームページをご覧になるか、団体のお問合せ先へお願いします。

上記の情報は、平成27年4月17日に申請されたものです。

お問合せ

[名称]認定NPO法人日本ブルキナファソ友好協会
[電話]047-498-0302
[ファックス]047-498-0304

認定NPO法人日本ブルキナファソ友好協会(JBFA)ホームページ

メールアドレス

お問い合わせ先
総務部 情報管理課
〒270-1492 千葉県白井市復1123番地
電話番号:047-492-1111(内線:3361から3363)
ファックス:047-491-3510

お問い合わせはこちらから