現在の位置

2号被保険者の申請をするにはどのような条件が必要ですか?

更新日:2015年3月1日

A. 特定の病気に該当する場合に、申請ができます。

40歳以上65歳未満の人が介護保険を利用する場合には、老化が原因とされる病気(特定疾病)により、介護が必要であると認定された場合にサービスを利用できます。

介護保険で指定されている老化が原因とされる病気(特定疾病)とは以下の16種類です。

  1. 筋萎縮性側索硬化症(きんいしゅくせいそくさくこうかしょう)
  2. 後縦靭帯骨化症(こうじゅうじんたいこっかしょう)
  3. 骨折を伴う骨粗しょう症
  4. 多系統萎縮症
  5. 初老期における認知症(アルツハイマー等)
  6. 脊髄小脳変性症(せきずいしょうのうへんせいしょう)
  7. 脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)
  8. 早老症
  9. 糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症および糖尿病性網膜症
  10. 脳血管疾患
  11. 進行性核上性麻痺・大脳皮質基底核変性症及びパーキンソン病
  12. 閉塞性動脈硬化症(へいそくせいどうみゃくこうかしょう)
  13. 関節リウマチ
  14. 慢性閉塞性肺疾患(まんせいへいそくせいはいしっかん)
  15. 両側の膝関節または股関節に著しい変形を伴う変形性関節症
  16. 末期がん 


特定疾病以外が原因となって介護が必要になった場合や、特定疾病に該当しても、老化が原因ではない場合(事故等の場合)は、対象になりません。 

お問い合わせ先
福祉部 高齢者福祉課 介護保険班
〒270-1492 千葉県白井市復1123番地
電話番号:047-492-1111
ファックス:047-491-3510

お問い合わせはこちらから