現在の位置

インフルエンザに注意しましょう

更新日:2017年12月1日

ポスター

 11月20日から11月26日の定点当たり患者報告数が1.45となり、国が流行開始の目安としている1.00を上回り、千葉県内はインフルエンザの流行シーズン入りしました。

 インフルエンザは、突然の高熱、頭痛、関節痛など、普通の風邪に比べて全身症状が強く、気管支炎や肺炎などを合併重症化することがあるため、体力のない高齢者や乳幼児などは、特に注意が必要です。

  日ごろから手洗い、うがい、咳エチケットの励行、万が一インフルエンザにかかった場合は無理に登校・出勤して感染を広げないなど、インフルエンザ予防策の徹底をお願いします。

インフルエンザの予防策

  1. 流行前に予防接種をする
  2. 唾液や鼻汁からの感染を防ぐため、咳エチケットをこころがける
  3. 外出後のうがい、手洗い
  4. 加湿器を活用するなど適度な温度・湿度を保つ
  5. 十分に休養をとり、体力や抵抗力を高めるため、日ごろからバランスよく栄養をとる
  6. 流行している時は人ごみへの外出を避ける 

咳エチケットとは

  • 咳やくしゃみの出ている人はマスクを着用する
  • 咳やくしゃみの際はティッシュなどで口と鼻をおおい、他人から口をそむけて、できる限り1から2メートル以上離れる。
  • 鼻水などを含んだティッシュは、すぐにゴミ箱に捨てる
  • 咳やくしゃみを手で押さえたり、鼻をかんだ後はすぐに手を洗う

もし、インフルエンザにかかったら…

  • 早めに医療機関を受診する
  • 安静にして、十分な睡眠をとる
  • 水分を補給する(お茶、スープなど、飲みたいもの)
  • 咳、くしゃみなどの症状がある場合は、身近な人にうつさないために不織布製マスクをつける
  • 人混みや繁華街への外出を控え、無理して学校や職場などに行かない   

関連リンク

今冬のインフルエンザ総合対策(厚生労働省)

インフルエンザQ&A(厚生労働省)

国立感染症研究所感染症情報センター

千葉県感染症情報センター

千葉県内の感染状況を掲載しています

お問い合わせ先
健康福祉部 健康課 母子保健班
〒270-1492 千葉県白井市復1123番地
電話番号:047-492-1111(内線:5321から5324)
ファックス:047-491-3510

お問い合わせはこちらから