現在の位置

かぼちゃのガーリックソテー

更新日:2018年6月22日

栄養士のおすすめレシピ

かぼちゃのガーリックソテー

栄養士からひと言 【心と体においしい食事をしよう】
今年の冬至は22日です。この日は昼の長さが一年の中で一番短い日です。寒さも厳しくなる季節ですので、昔から冬至には栄養豊富なかぼちゃを食べることは、風邪などの病気を予防するための賢人の知恵とされています。地方によっては冬至の日に「ん」の付く食べ物を食べると縁起が良いとされており「レンコン」「ニンジン」「ギンナン」「キンカン」「寒天」「うどん」「南京(ナンキン)=カボチャ」はこの時期の縁起の良い食べ物として食べられています。今回紹介する料理では、かぼちゃの甘みとニンニクの風味で緑黄色野菜がたっぷりと食べられます。電子レンジを活用し、短時間で作ることができますので、今年の冬至メニューにいかがでしょうか。


一人当たりの栄養価  
90キロカロリー  緑黄色野菜75グラム

 

材料(2人分)

カボチャ8分の1個(約150グラム)、ニンニク1かけ

塩 ひとつまみ、粗びき黒コショウ 少々

オリーブオイル 小さじ1

 

作り方

 1.カボチャは半分に切り、5ミリの厚さにスライスする。

  ニンニクも薄くスライスする。

 2.耐熱皿に1のカボチャを並べ、ラップをし、500ワットで約3分加熱する。

 3.フライパンにオリーブオイルを入れ、ニンニクを軽く炒めて香りを出す。

  2のカボチャを重ならないように並べてふたをし、両面焼く。

 4.皮の部分が柔らかくなったら、塩と粗びき黒コショウで味を整える。

 上記の情報は、広報しろい2015年12月1日号に紹介したレシピです。

ほかのレシピもご覧になる場合は“ おすすめレシピ ”というキーワードで検索をしてください。今まで紹介したレシピがご覧になれます。
 

お問い合わせ先
健康子ども部 健康課 健康づくり推進班
〒270-1492 千葉県白井市復1123番地
電話番号:047-492-1111
ファックス:047-491-3510

お問い合わせはこちらから