現在の位置

食中毒を予防しましょう

更新日:2018年6月15日

  気温が高くなるこの季節は食中毒の原因となる細菌の増殖が活発になるため、食中毒が発生しやすくなります。「食中毒予防3原則」を守り、食中毒を防ぎましょう。

 食中毒予防3原則「つけない」「増やさない」「やっつける」

1 つけない

・調理や食事の前には必ず手を洗う

・肉や魚で使用するまな板や包丁は野菜と使い分ける

2 増やさない

・食品を持ち帰ったらすぐに冷蔵庫や冷凍庫に入れる

・冷蔵庫は10度以下、冷凍庫はマイナス15度以下に保ち、詰め過ぎないようにする

3 やっつける

・肉や魚は十分に加熱する。加熱の目安は中心部の温度75度で1分間以上加熱する

食中毒の原因になる細菌やウイルスは、私たちの周りのいたるところにあります。

食中毒はレストランなど飲食店での食事が原因と思われがちですが、家庭でも注意が必要です。食材を買うときから、保存、下準備、調理、そして食べるときまで、各段階で、細菌やウイルスを「つけない」「増やさない」「やっつける」ことを実践して、家庭でも食中毒を予防しましょう。

食中毒から身を守るには【農林水産省】

お問い合わせ先
健康子ども部 健康課 健康づくり推進班
〒270-1492 千葉県白井市復1123番地
電話番号:047-492-1111
ファックス:047-491-3510

お問い合わせはこちらから