現在の位置

「びゃくしん類」の植栽(鉢植え含む)は規制になっています

更新日:2020年8月25日

印刷する

本市では、特産品のなしの赤星病の発生等を防止するため、「白井市なし赤星病防止条例」により、赤星病の中間宿主となる「びゃくしん類」の植栽(鉢植え含む)をすることはできません。

びゃくしん類は近年輸入等により新品種が多くなったこともあり、クリスマスツリー用に使用することが予想されます。植栽(鉢植え含む)はご遠慮くださるようご協力をお願いします。

「びゃくしん類とは」

かいづかいぶき、びゃくしん(いぶき)、たまいぶき、くろいぶき、たちびゃくしん、みやまびゃくしん(しんぱく)、はいびゃくしん(そなれ)、ねず(ねずみさし)、はいねず(おおしまはいねず、みやまねず)、スカイロケット

新品種の中には赤星病の原因となるものもあるため、白井市内に植栽する場合はお手数ですがお問合わせください。

びゃくしん類の例

かいづかいぶき

丈夫で育てやすい品種のため、庭木や生け垣などに利用される樹木です。

かいづかいぶきの葉

かいづかいぶきの葉

かいづかいぶき

かいづかいぶき

はいびゃくしん(そなれ)

枝葉や幹が地を這うように育つことから、はいびゃくしんと呼ばれています。

はいびゃくしんの葉

はいびゃくしんの葉

はいびゃくしん

はいびゃくしん

みやまびゃくしん(しんぱく)

盆栽としての人気が高く、盆栽の世界では「しんぱく(真柏)」と呼ばれることもあります。

みやまびゃくしん

みやまびゃくしん

お問い合わせ先
市民環境経済部 産業振興課 農政係
〒270-1492 千葉県白井市復1123番地
電話番号:047-401-4631
ファックス:047-491-3554

お問い合わせはこちらから