現在の位置

電灯の使用量の多い事業者向け電気料金メニューについて

更新日:2015年3月3日

東京電力からのお知らせです。なお、平成24年7月25日に掲載した内容から一部変更となっておりますので、すでにご覧いただいた事業者においても再度ご確認ください。

変更内容

 ピークシフトプランにおいて、「使用量が650キロワット時/月」以上から「600キロワット時/月以上」になりました。
 問合せ先の電話番号が変更になりました。

 東京電力では、電灯の使用量の多い事業者向けに、以下の料金プランを設定しています。使用状況により、料金メニューを変更することで負担軽減につながる可能性があり、東京電力では試算を受け付けています。詳細は、東京電力ホームページをご覧いただくか、以下の問合せ先にご連絡ください。

以下、東京電力資料から抜粋

ピークシフトプラン

 主な対象:現在の契約が電灯のみ又は電灯と低圧電力の事業者
 概要:ピーク時間に使用する電気を昼間・夜間に、昼間に使用する電気を夜間にシフトすることで電気料金の低減の可能性があります。

 電灯の契約が50アンペア以上で、使用量が600キロワット時/月以上の事業者に向いています。

低圧高負荷契約

 主な対象:現在の契約が電灯と低圧電力の事業者(原則合計30キロワット以上)
 概要:電灯・電力設備を併せて年間を通じて電気を効率的に使用することで電気料金の低減の可能性があります。

 電灯の使用量が1,000キロワット時/月以上の事業者に向いています。

問合せ先

東京電力千葉カスタマーセンター第2 (電話:0120-99-5556)
月曜日~金曜日(休・祝日を除く) 午前9時から午後7時まで
土曜日(休・祝日を除く) 午前9時から午後6時まで

お問い合わせ先
市民経済部 商工振興課
〒270-1492 千葉県白井市復1123番地
電話番号:047-492-1111(内線:3241から3243)
ファックス:047-491-3554

お問い合わせはこちらから