現在の位置

平成29年2月10日定例記者会見

更新日:2017年2月21日

報告事項及び主な取り組みについて

1 平成29年度当初予算の概要

1 当初予算規模

 平成29年度予算については、一般会計は庁舎の減築棟改修工事が始まることや庁舎移転に伴う事業費の増などから、対前年度当初予算比1.4%増の203億8,621万円を計上した結果、予算規模が2年連続で200億円を超え、特別会計を合わせた総予算額の規模は、対前年度当初予算比0.8%増の332億8,862万円で、過去最大となりました。
 予算編成に当たっては、市税や保育料など自主財源の確保のほか、特定財源となる交付金、地方債などの確保に努めました。

一般会計

203 億8,621万円(対前年度比プラス1.4%)

特別会計(5 会計)

129 億241万円(対前年度比マイナス0.2%)

水道事業会計

収益的支出(3条予算)5億689万円(対前年度比プラス4.6%)
資本的支出(4条予算)10億4,868万円(対前年度比プラス86.2%)

2 予算編成の方針について

 平成29年度は、第5次総合計画の2年目として、基本構想に掲げる市の将来像「ときめきとみどりあふれる快活都市」の実現に向け、初年度の実績を土台に、更に前進する年です。「住んでみたい、住み続けたい」と思える、活力と希望に満ちたまちづくりを進めるためには、市の厳しい財政状況を踏まえ、選択と集中のもと、創意工夫と柔軟な発想を持ち、前例にとらわれることなく、予算編成に臨むことが重要と捉えているところです。予算編成に当たっては、以下の2点に留意して、取り組みました。

(1)第5次総合計画における重点戦略である「若い世代定住プロジェクト」、「みどり活用プロジェクト」、「拠点創造プロジェクト」に基づく事業に、優先的・重点的に予算を配分すること
(2)行政経営改革として「公共施設等の新設及び大規模改修等への対応」、「アウトソーシングの推進」、「白井KAIZEN運動の徹底」を推進していくこと

 なお、前年度に引き続き、梨の海外輸出支援や近居推進事業の拡充など、持続可能なまちを目指し、若い世代の移住定住を促進するため、戦略事業を効果的に発信してまいります。さらに、市のブランドや魅力を確立するため、平成29年度にしろいの魅力発信課を立ち上げ、シティプロモーションに力を入れてまいります。

 戦略事業の一覧は、「平成29年度一般会計特別会計 当初予算の概要」に表示しています。

3 主な事業

 人のつながり、みどりとのふれあいが、人、地域そしてまちの活力を生み出すために、総合計画では、3つの戦略、54の重点事業を実施することとしております。計画の2年目となる平成29年度予算の中から、特に力を入れて取り組む事業をご説明いたします。

(1)庁舎整備事業(担当課:総務部管財契約課)

事業費:22 億4,074 万9千円(平成28から29年度継続事業)
【概要】
庁舎整備は、「人・暮らし・命を守る拠点としての庁舎」、「市民主体のまちづくりと市民協働を進める開かれた庁舎」、「市民の財産である豊かな緑と水を守る環境にやさしい庁舎」、「行き届いた行政サービスを提供する庁舎」の4 つの基本理念のもと、(仮)印西警察署分庁舎の設置による市民を守る防犯拠点及び防災拠点としての機能や、全ての利用者にやさしく、職員が効率的に働きやすい環境に配慮した庁舎をめざし、平成30年3月末の完成に向けて工事を進めています。平成30年度に移転業務等を行い、全庁舎開庁となります。

【事業内容】
現庁舎の減築工事、印西警察署の分庁舎整備等を行います。

・移転業務委託(2,415万1千円)
 新庁舎完成と現庁舎減築工事に伴い、新庁舎等への仮移転を行います。
・庁舎整備工事監理業務委託(2,872万8千円)
 新庁舎残工事及び現庁舎減築工事に係る工事監理業務を行います。
・庁舎整備工事(21億950万2千円)
 新庁舎残工事及び現庁舎減築工事を行います。
・備品購入費(7,104万1千円)
 新庁舎等に設置する備品を購入します。

(2)待機児童対策事業(担当課:健康福祉部保育課)

事業費:2,080万7千円
【概要】
本市では、新たな保育施設の誘致や公立保育園での受け入れ枠の拡大により、平成28年4月には待機児童ゼロを達成しました。しかしながら、保育の必要な児童は増加しており、平成29年4月には新たな待機児童の発生が見込まれています。保育ニーズに対応し、必要な保育量を確保するため、私立保育園等に対して3つの補助を行います。

【事業内容】

1 駐車場の借上げに係る補助(204万円)

市内で私立保育園等を経営する法人が、雇用する常勤保育士の通勤自家用車用に駐車場を借上げ使用させる場合、駐車場借上げに係る費用を補助します。

・保育士自身が月極駐車場等を通勤用に借用し、その賃借料を法人が負担している場合も対象になります。
 補助限度額:常勤保育士1人あたり月額2,500円

2 国が定めた公定価格との差額に対する補助【定員拡大を行った場合】(695万9千円)

市内で私立保育園等を経営する法人が市の要請に基づき、当該保育所の定員を拡大した場合に、公定価格基本単価の減額分を補助します。
補助限度額:定員変更時の前年度1年間における公定価格基本単価総額を12で除した額を基準とし、定員変更後の各月の公定価格基本単価と基準額とを比較し減少している額を補助します。

3 新規採用した保育士に係る宿舎への補助(1,180万8千円)

市内で私立保育園等を経営する法人が、雇用する常勤保育士を法人が借り上げた宿舎に入居させる場合、宿舎借上げに係る費用を補助します。
 保育士自身が賃貸物件を借りて居住し、その賃借料を法人が負担している場合も対象とします。
 補助限度額:常勤保育士1人あたり月額82,000円

(3)西白井地区コミュニティ施設整備事業(担当課:市民経済部市民活動支援課)

事業費:3,208 万5千円
【概要】
西白井地区の地域コミュニティの賑わいの拠点となる西白井コミュニティ施設を整備します。

【事業内容】
西白井地区コミュニティ施設整備に向け、地質測量調査や設計業務等を行います。また、施設の運営方法についても、市民と共に検討します。

・コミュニティセンター基本設計委託(712万8千円)
・測量設計委託(130万7千円)
・地質調査業務委託(585万6千円)
・コミュニティセンター実施設計委託(1,663万2千円)等

所在地 白井市西白井2丁目16番1
面積 2,500平方メートル
地目 宅地

(4)白井市PRに要する経費(担当課:総務部しろいの魅力発信課)

事業費:1,893 万4千円
【概要】
昨年12月に策定した「白井市シティプロモーション基本方針」に基づき、若い世代をターゲットに市の魅力を効果的に発信するシティプロモーション活動を展開します。

【事業内容】
1 シティプロモーション専用WEBサイト、PR動画やポスターなど媒体の作成
2 市の魅力等を自ら発信したい市民の支援(SNSの活用方法や写真の撮り方、魅力的な文章の書き方等の講座の開催など)
3 テレビや新聞、ラジオなどの各種メディアの積極的な活用
4 しろいホワイトフェスティバル等の各種イベントや農産物のPRなどの既存事業と連携したプロモーション活動の展開

・シティプロモーション業務委託料(1,400万円)

(5)バス交通推進事業(担当課:総務部企画政策課)

事業費:5,901万7千円
【概要】
今後、人口減少や少子化・高齢化が進展する中、循環バスだけでなく、鉄道・路線バス・タクシーなど公共交通機関全体で市民の移動ニーズに対応し、公共交通の持続性・利便性を確保するため、市全体にとって望ましい公共交通網を定める「地域公共交通網形成計画」を策定します。

【事業内容】
公共交通網形成計画の策定に向けて、公共交通の現況分析や市民の移動ニーズの把握等を行います。

・地域公共交通網形成計画策定支援業務委託料(1,000万円)

(6)広報に要する経費(担当課:総務部しろいの魅力発信課)

事業費:1,620万6千円
【概要】
広報しろい(1日号・15日号)をポスティングにより市内全戸(一般世帯及び事業所を含む)配布します。

・委託先 公益社団法人白井市シルバー人材センター(予定)
・配布開始時期 平成29年5月15日号から(予定)
・広報紙ポスティング委託料(576万7千円)

 

平成29年度一般会計・特別会計当初予算の概要(PDF:925KB)

 

問い合わせ先

財政課財政班(内線3331)

 

2 白井市シティプロモーション基本方針の策定について

 市では、若い世代の移住・定住の促進に向けて、市のブランドや魅力を効果的に発信するシティプロモーションを進めるため、市の「何を」「誰に」「どのように」といったシティプロモーションの基本的考え方等を定める基本方針を策定しました。

キャッチフレーズ

しろいはまっしろ はじまりのまち -白井で描こう 快適で安らぎある暮らし-

市民のライフスタイルの発信

市で暮らす市民の充実したライフスタイルを発信することにより、市外居住者の共感・想起、市民の市への愛着・誇りの醸成につなげます。

SNSの活用

SNSの拡散性やタイムリー性などの特徴を活かし、効果的な情報発信を行います。

しろいライフブランド

市で暮らすことで得られる価値をしろいライフブランドとして定めました。

主なターゲット

・市民・白井市周辺【特に千葉県北西部】の市外居住者
・40歳代以下の子育て中または今後出産・子育てをする世代

平成29年度の主な取り組み

推進体制の確立

シティプロモーションの推進に当たって、各部署が個々に活動するのではなく、各部署の連携と情報の集約・一元化を図り、効果的・効率的なシティプロモーションを行うため、シティプロモーション推進の専門部署「しろいの魅力発信課」を新設する。

シティプロモーション活動

・シティプロモーション専用WEBサイト、PR動画やポスターなど媒体の作成
・市の魅力等を自ら発信したい市民の支援
(SNSの活用方法や写真の撮り方、魅力的な文章の書き方等の講座の開催など)
・テレビや新聞、ラジオなどの各種メディアの積極的な活用
・しろいホワイトフェスティバル等の各種イベントや農産物のPRなどの既存事業と連携したプロモーション活動の展開

 

問い合わせ先

企画政策課企画政策班(内線3352)

 

3 行政経営改革シンポジウムを開催します。

 市では、将来を見据え、持続可能な行財政運営を目指して、平成27年度に各分野の専門家で構成する行政経営有識者会議を設置し、市の行政経営についてさまざまな議論を行ってきました。
 その集大成として、今後10年間の市の基本方針となる「行政経営指針」を取りまとめ、平成29年度から全庁をあげて本格的に行政経営改革に取り組みます。
 そこで、今後の行政経営改革の取組みを市民の皆さんと共有するため、行政経営改革シンポジウムを開催します。
 今回のシンポジウムでは、基調講演として、前行革担当大臣の河野太郎衆議院議員を講師にお迎えし、国や地方の行政改革の取組みについて講演していただきます。
 また、パネルディスカッションでは、河野衆議院議員、行政経営有識者会議の会長、副会長、市長を交え、今後の市の行政経営改革について、ディスカッションを行います。

日時

平成29年3月11日(土曜日)午後4時から午後6時(開場 午後3時30分)

場所

白井市文化会館かおりホール(中ホール)

対象

市内在住・在勤・在学者 200人(先着順)

内容

基調講演 「国と地方の行政改革」

講師 前行革担当大臣 河野太郎衆議院議員

パネルディスカッション

コーディネーター
 ・行政経営有識者会議副会長 関谷昇氏(千葉大学法政経学部教授)
パネリスト
 ・河野太郎衆議院議員
 ・行政経営有識者会議会長 伊藤伸氏(構想日本ディレクター)
 ・伊澤史夫白井市長

入場料

無料

 

問い合わせ先

行政経営改革課行政経営改革班(内線3441)

 

4 しろいホワイトフェスティバル2017

目的

市では、ホワイトデー(3月14日)を「しろいの日」として、市外への市の知名度を高めるとともに、市民の市への愛着を醸成することとしています。そこで、「しろいの日」を記念して「白」をテーマとしたイベント「しろいホワイトフェスティバル」を開催します。

実施日時

平成29年3月12日(日曜日)午前11時から午後5時

会場

白井駅前南口広場

主催者

しろいホワイトフェスティバル実行委員会、白井市

事業内容

イベントでは「白」をテーマとした、雪を使った遊び、おいしい食べ物や白井の特産品、子どもから大人まで楽しめるステージなどを楽しむことができます。

スノーエリア

白井駅前の「梨の泉」に東北から雪を運んできます。

・スノートレジャーハンティング(午後1時まで)

 梨の泉に雪を敷きつめて、その中におもちゃを隠します。

あつまれ!しろい&にっぽんのごちそう

白井市内の特産品をはじめ、全国各地からおいしい食べ物を用意します。

しろい愛ステージ

 「白い」にちなんだ、白井に対する愛情いっぱいのプログラム満載です。
 公募により集まってもらった団体に、歌やダンスなどを披露してもらいます。
 また、ステージプログラムのひとつとして、「白」をテーマにコスプレ・仮装コンテストを開催します。
 1位から3位までの方にはふるさと産品などの詰め合わせをプレゼントします。
 他にも、なし坊・かおりはもちろん、チーバくんや他市のゆるキャラなど、たくさんのキャラクターにステージ上で対決してもらうプログラムを企画しています。

 

問い合わせ先

企画政策課企画政策班(内線3351)

 

5 現市役所庁舎お別れイベント
 「現市役所庁舎見学会」及び「現市役所庁舎開放」の開催について

 市役所庁舎は、現在、新築棟の建設工事を行っており、平成29年4月末に完成する予定です。
 平成29年5月上旬からは現市役所庁舎を8階建てから4階建てにする減築改修工事を行います。
 現市役所庁舎は、白井市が千葉ニュータウン事業などにより人口が増加し、平成13年4月に市制施行するなど、純農村地域から首都近郊都市へと大きく変貌してきた時代を歩んできており、長年にわたり市民等に親しまれてきた庁舎です。
 ついては、減築改修工事着工前に、現市役所庁舎から見た桜を楽しんでいただくとともに名残惜しんでいただくため、「現市役所庁舎見学会」及び「現市役所庁舎開放」を開催します。

現市役所庁舎見学会

開催日時

平成29年4月1日(土曜日)から4月2日(日曜日)
両日とも午前10時から午後2時

内容
記録映画の上映会(6階)

「健やか白井(市制施行10周年):約20分」

見学会

見学場所:議場(5階)、展望レストラン(7階)、屋上

現市役所庁舎開放
開放期間

平成29年4月3日(月曜日)から4月7日(金曜日)

開放時間

期間中すべて午前8時30分から午後5時

開放場所

議場(5階)、展望レストラン(7階)
 

問い合わせ先

管財契約課庁舎建設準備室(内線3341・3342)

 

6 白井市学校給食共同調理場建替事業の契約締結について

 市では、昭和54年に学校給食共同調理場を開設し、現在、小学校8校・中学校4校へ給食を供給していますが、施設・設備の老朽化や現在の学校給食衛生管理基準を満たしていないことなどから、より安全で安心な学校給食を提供するため共同調理場の建替えを行うこととしました。
 新たな共同調理場の建替事業は、施設の設計・建設及び15年4カ月間の維持管理・運営等の業務を一括して発注することなどにより、民間経営のノウハウが発揮され、サービスの向上と事業費の縮減が期待できる「民間資金等の活用による公共施設等の整備等の促進に関する法律(PFI法)」に基づく事業手法で実施することとしています。

 事業者は、価格や事業者からの提案内容を審査する「総合評価一般競争入札」を平成28年12月18日に実施し、本事業の最優秀提案者を選定するために設置した、学識経験者等で構成する白井市学校給食共同調理場建替等事業者選定委員会での選定を経て、株式会社東洋食品を代表企業とする「東洋食品グループ」に決定しました。
 市では、落札者を決定したことから、契約締結議案を平成29年第1回白井市議会定例会に提案し、議決を得て本契約を締結します。
 なお、契約内容等は次のとおりです。

契約内容

(1)事業名

白井市学校給食共同調理場建替事業

(2)履行場所

白井市復1323 番15 外(敷地面積:7,581.69平方メートル)

(3)契約方法

総合評価一般競争入札

(4)契約金額

6,240,324,632円(税抜き)に金利変動及び物価変動による増減額 並びに消費税及び地方消費税を加算した額
・予定価格 6,376,796,000円(税抜き):落札率 97.86%

(5)契約期間

本契約議案の議決のあった日から平成46年7月31日

(6)契約相手

白井市白井382番地の3

株式会社 白井学校給食サービス 代表取締役 山本 徳憲

(山本徳憲氏の「徳」の字は、心の上に一が入ります)

(7)仮契約日

平成29年2月6日(月曜日)

事業概要及び施設能力

(1)事業内容

施設整備業務(現在の共同調理場解体業務を含む)
開業準備業務
維持管理・運営業務(15年4カ月間)

(2)施設の規模・機能等の計画

構造   鉄骨造
階数  地上2階
建築面積 2,627平方メートル(駐輪場等の付帯施設を含む)
延床面積 3,421平方メートル(駐輪場等の付帯施設を含む)
調理能力 6,500食/日(1献立方式) アレルギー対応食50食/日
施設機能 手作りスペース、炊飯設備、見学通路等を整備するとともに、災害時応急的な炊出し拠点として活用する。

今後の主なスケジュール

平成29年度 基本設計及び実施設計業務
平成30年度 施設整備業務・開業準備業務
平成31年度 4月1日より供用開始(維持管理・運営業務等)、現在の共同調理場の解体業務

 

お問い合わせ先

教育総務課学校給食センター建設準備室(内線3416)

 

7 「白井市ふるさと産品」に新たに2品目が認定されました

 市では、市の特産物や特産物により製造・加工された製品など郷土を象徴する特産品を「ふるさと産品」に認定し、市内の産業の振興と市民のふるさと意識の高揚を図っています。
 平成29年1月に開催したふるさと産品認定審査会において、新たに2品目が追加され、現在は8事業者19品目をふるさと産品として認定しています。

認定品名 「白井の梨のジャム」

販売元・販売店

有限会社遠山珈琲(白井市根1889-6)
電話番号 047-491-8440
営業時間 10時から19時まで
定休日 毎月第3火曜日

製造元

アルプス食品工業株式会社

価格・容量

594円(税込み)・190グラム

その他

白井市産の豊水梨を100%使用したジャムです

認定品名 「梨カステラ」

販売元

西印旛農業協同組合(印西市西の原4-3)
電話 0476-48-2218

製造元

株式会社さかえ屋

販売店
やおぱぁく(白井市木278-1)

 電話番号 047-498-2007
 営業時間 10時から18時 
 休業日 年始

とれたて産直館印西店(印西市西の原4-3)

 電話番号 0476-48-2200
 営業時間 10時から18時
 休業日 年始

とれたて産直館栄店(印旛郡栄町請方368)

 電話番号 0476-80-2220
 営業時間 10時から18時
 休業日 年末年始

価格・容量

580円(税込み)・5切

その他

白井市産の梨をピューレにしたものを練りこんだカステラです

 

お問い合わせ先

商工振興課商工振興班(内線3241)

 

行事予定(11月から3月)

行事予定(11月から3月)(PDF:131.5KB)

平成29第1回議会定例会について

会期:平成29年2月15日(水曜日)から3月21日(火曜日)の35日間
一般質問:13人(24項目)

平成29年第1回市議会定例会提案議案

・報告第1号 専決処分について(道路課・総務課)
・議案第1号 教育委員会委員の任命について(教育総務課・総務課)
・議案第2号 監査委員の選任について(監査委員事務局・総務課)
・議案第3号 政治倫理審査会委員の委嘱について(総務課)
・議案第4号 政治倫理審査会委員の委嘱について(総務課)
・議案第5号 政治倫理審査会委員の委嘱について(総務課)
・議案第6号 政治倫理審査会委員の委嘱について(総務課)
・議案第7号 政治倫理審査会委員の委嘱について(総務課)
・議案第8号 政治倫理審査会委員の委嘱について(総務課)
・議案第9号 白井市農業委員会の委員及び農地利用最適化推進委員の定数を定める条例の制定について(農業委員会事務局)
・議案第10号 白井市個人情報保護条例及び白井市行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律に基づく個人番号の利用及び特定個人情報の提供に関する条例の一部を改正する条例の制定について(総務課)
・議案第11号 職員の勤務時間、休暇等に関する条例及び職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例の制定について(総務課)
・議案第12号 白井市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例の制定について(保育課・学校教育課・総務課)
・議案第13号 常勤の特別職の職員の給与及び旅費等に関する条例の一部を改正する条例の制定について(総務課)
・議案第14号 白井市税条例等の一部を改正する条例の制定について(課税課)
・議案第15号 白井市手数料条例の一部を改正する条例の制定について(建築宅地課・財政課)
・議案第16号 白井市社会福祉事業推進基金条例の一部を改正する条例の制定について(社会福祉課)
・議案第17号 白井市土地開発基金条例の一部を改正する条例の制定について(管財契約課)
・議案第18号 白井市まちづくり条例の一部を改正する条例の制定について(都市計画課)
・議案第19号 柏・白井・鎌ケ谷環境衛生組合規約の一部を改正する規約の制定に関する協議について(環境課)
・議案第20号 契約の締結について(教育総務課)
・議案第21号 白井市道路線の認定について(道路課)
・議案第22号 平成28年度白井市一般会計補正予算(第6号)について(財政課)
・議案第23号 平成28年度白井市国民健康保険特別会計事業勘定補正予算(第5号)について(保険年金課)
・議案第24号 平成28年度白井市介護保険特別会計保険事業勘定補正予算(第4号)について(高齢者福祉課)
・議案第25号 平成28年度白井市後期高齢者医療特別会計補正予算(第3号)について(保険年金課)
・議案第26号 平成28年度白井市下水道事業特別会計補正予算(第3号)について(上下水道課)
・議案第27号 平成28年度白井市学校給食共同調理場事業特別会計補正予算(第4号)について(学校教育課)
・議案第28号 平成28年度白井市水道事業会計補正予算(第4号)について(上下水道課)
・議案第29号 平成29年度白井市一般会計予算について(財政課)
・議案第30号 平成29年度白井市国民健康保険特別会計事業勘定予算について(保険年金課)
・議案第31号 平成29年度白井市介護保険特別会計保険事業勘定予算について(高齢者福祉課)
・議案第32号 平成29年度白井市後期高齢者医療特別会計予算について(保険年金課)
・議案第33号 平成29年度白井市下水道事業特別会計予算について(上下水道課)
・議案第34号 平成29年度白井市学校給食共同調理場事業特別会計予算について(学校教育課)
・議案第35号 平成29年度白井市水道事業会計予算について(上下水道課)

なお、議案の概要は添付ファイルを参照ください。

平成29年度第1回定例議会提案議案等概要(PDF:291.3KB)

お問い合わせ先
総務部 秘書課 広聴班
〒270-1492 千葉県白井市復1123番地
電話番号:047-492-1111(内線:3302、3303)
ファックス:047-491-3510

お問い合わせはこちらから

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。