現在の位置

平成31年2月14日定例記者会見

更新日:2019年8月15日

報告事項及び主な取り組みについて

1 「平成31年度当初予算の概要」

1 当初予算規模 一般会計は197億210万9千円、4年ぶりの減額

 平成31年度の一般会計当初予算の規模は、197億210万9千円(前年度比マイナス6.2%)、特別会計と水道事業会計を合わせた総予算額の規模は、321億1,641万7千円(前年度比マイナス5.7%)となりました。予算編成にあたっては、平成30年8月末に策定した「財政推計の見直しと財政健全化の取組み」を考慮し、次の2点に留意して編成いたしました。
・第5次総合計画を基幹とし、市の発展に向けた事業推進
・持続可能な行財政運営に向けた行政改革と公共施設の管理
  一般会計においては、学校給食共同調理場事業特別会計の廃止に伴い、学校給食に係る経費を新たに計上したことや、小中学校の耐震改修や庁舎整備などの大規模事業に係る借入の償還金の増加に加えて、主に、子育て支援の充実に係る予算を増額しましたが、学校給食共同調理場建替事業や市営水道の配水場建設など、大規模な建設事業の完了に伴い、4年ぶりに前年度比減額となりました。介護保険特別会計や後期高齢者医療特別会計においては、対象者の増加により、前年度より増額となりました。

2 主な事業

 第5次総合計画の基本構想に掲げる市の将来像、「ときめきと みどりあふれる 快活都市」の実現に向けて、事業に取り組んで参ります。
※【 】内は事業の名称、対象予算額、担当課

☆子育て支援を充実します!

・妊娠期から子育て期にわたって切れ目ない支援ができるように、窓口専属の専門職を配置し、個々の妊産婦に合った支援の提供や、出産直後の養育に不安がある方へ産後ケアを実施します。
 【子育てスタート応援事業、2,687千円、健康課】
・私立保育園の施設整備を補助して受入人数の拡大を図り、待機児童の解消を図ります。
・平成32年度からの幼稚園等送迎ステーション事業の開始に向けて、準備を進めます。
 【待機児童対策事業、192,849千円及び債務負担行為、保育課】
・保護者の負担軽減を図るために、公立保育園での使用済みオムツの保護者持ち帰りを廃止します。
 【公立保育園施設管理・整備に要する経費ほか、311千円、保育課】
・4月から市内全学区に学童保育所を設置し、夏休みからは学校休業日(土曜日や長期休暇期間等)の早朝時間帯の延長保育(午前7時30分から8時)を実施します。
 【放課後児童健全育成に要する経費、200,150千円、保育課】
・8月診療分から、子ども医療費助成の所得制限を廃止し、中学3年生までのすべての子どもの入院・通院・調剤の助成を行います。
 【子ども医療費助成事業、254,806千円、子育て支援課】

☆子どもたちの学校環境を改善します!

・6月中に小中学校にエアコンを整備し、運用を開始します。
 【小学校施設整備に要する経費ほか、31,306千円、教育総務課】
・4月から学校給食センターの運営を開始し、センター内での炊飯など、よりできたての給食を届けます。9月からは、アレルギー対応の給食の提供を開始します。
 【学校給食センター運営に要する経費、694,915千円、学校給食共同調理場】
・七次台中学校のトイレ老朽化改修工事、白井中学校の柔・剣道場吊り天井耐震改修工事、大山口小学校のプール改修工事などを実施します。
 【中学校施設改修等に要する経費ほか、255,142千円、教育総務課】

☆にぎわいづくりの拠点を創造します!

・10月に西白井コミュニティプラザを開設し、地域づくりの活動拠点と防災機能の充実を図ります。
 【西白井地区コミュニティ施設整備事業ほか、254,918千円、市民活動支援課】
 【地域防災力向上事業、193千円、危機管理課】
・平成33年度の完成に向けて、工業団地アクセス道路の整備を推進します。
 【工業団地アクセス道路整備事業、255,804千円、道路課】

☆市民生活の安全・安心・健康づくりを推進します!

・地震によるコンクリートブロック塀等の倒壊による被害を防ぐために、「危険コンクリートブロック塀等対策事業補助金」を新設します。
 【建築宅地総務事務に要する経費、1,000千円、建築宅地課】
・商店街共同施設維持管理事業補助金を拡充し、防犯カメラの設置を促進します。
 【中小企業活性化支援事業、1,900千円、産業振興課】
・受診者の利便性の向上を図るために、国民健康保険と後期高齢者医療保険に加入している市民を対象とする健康診査で、個別健診を導入します。
 【特定健康診査事業(国保会計)、41,267千円、保険年金課】
 【健(検)診事業、3,718千円、健康課】

☆年齢を重ねても自分らしく暮らしていくために備えます!

成年後見制度などの情報を知る講座の実施とあわせて、元気なうちから、自らの、介護・医療・亡くなった後に関する希望を明らかにする白井市版エンディングノートを作成します。
 【在宅医療・介護連携の推進に要する経費(介護会計)、227千円、地域包括支援センター】

問い合わせ先

財政課 財政班 内線3331

2 公益的施設誘導地区での民間活力による開発について

 この度新設される子育て支援施設は、市の総合計画のうち「拠点創造プロジェクト」と「若い世代定住プロジェクト」の実現に向け、民間事業者からの都市計画提案制度に基づき、市と事業者が協議を重ね実現しました。この「公益的施設誘導地区」での開発事業についてご説明します。

【公益的施設誘導地区について】

 子育て支援施設は、下記資料(位置図)の「公益的施設誘導地区」で行われた開発事業の1つです。この地区は、平成28年3月に策定した白井市都市マスタープランで位置付けたもので、県道千葉ニュータウン北環状線と県道市川印西線に囲まれた約18ha(A地区)と、国道16号の沿道両側100メートルまでの約54ha(B地区)があり、そのうちのA地区に位置します。

【開発までの経緯】

1 平成28年3月に「白井市都市マスタープラン」を策定し、市街化調整区域の中で都市的土地利用を許容する地区として位置付けを行う。
2 平成29年1月に「市街化調整区域における地区計画の運用基準」を策定し、「公益的施設誘導地区」における地区計画に関する具体的事項を定める。
3 都市計画提案制度により事業者から提案された「根公益的施設誘導地区地区計画」を平成30年10月30日に決定。
4 平成31年3月頃に着工し、平成32年2月頃に完成予定。

【民間による開発事業の促進】

 平成31年4月1日付で「公益的施設誘導地区」における民間事業者の誘致を促進するため、開発事業を行う事業者に奨励金を交付する「白井市商業施設等立地奨励金制度」を創設します。この制度により、「公益的施設誘導地区」において地区計画の決定を受け開発行為を行う事業に対し、地区計画の区域内における3年間の固定資産税相当額が奨励金として交付されます。
 今後も、地区計画の提案に向けた民間事業者への協力体制と奨励金制度のPRを充分に行い、民間活力による地域の活性化を推進していきます。

問い合わせ先

都市計画課 計画整備班 内線3725

位置図(PDF:328.5KB)

土地利用計画図(PDF:359.6KB)

完成予想図(PDF:340.5KB)

白井市商業施設等誘致促進条例(PDF:127KB)

3 危険コンクリートブロック塀等対策事業補助金制度の創設について

 昨年6月に発生した大阪府北部地震では、コンクリートブロック塀等の倒壊による死亡事故が発生しました。今後も予想される大地震発生時におけるコンクリートブロック塀等の倒壊による被害を防止するため、危険なコンクリートブロック塀等の除却等を推進する必要があることから、白井市危険コンクリートブロック塀等対策事業補助金制度を創設します。

【補助対象となるコンクリートブロック塀等】

 道路に面する高さ1.2mを超えかつ道路境界線からの水平距離以上のもので、事前相談の結果、危険と判定されたもの。

【補助対象経費】

 補助対象となるコンクリートブロック塀等の一部又は全部の除去に要する費用

【補助率・上限額】

 1/2・10万円

【予算額】

 年間100万円(10万円×10件分)

【期間】

 平成31年度から平成32年度(2年間)

問い合わせ先

建築宅地課 建築班 内線3714

4 白井市での三世代同居・近居により【フラット35】の金利を優遇
住宅金融支援機構との協定締結について

 白井市では、2月6日に独立行政法人住宅金融支援機構との間で「【フラット35】子育て支援型及び白井市親元同居近居支援補助金制度に係る相互協力に関する協定」を締結しました。
 この協定により、白井市親元同居近居支援補助金を活用して三世代で同居又は近居するために白井市内に住宅を取得し、【フラット35】子育て支援型を利用する場合、【フラット35】の借入金利の優遇(当初5年間、年▲(マイナス)0.25%)を受けることができるようになります。

【協定名】

 【フラット35】子育て支援型及び白井市親元同居近居支援補助金制度に係る相互協力に関する協定

【協定締結の目的】

 白井市及び独立行政法人住宅金融支援機構が相互に協力・連携し、【フラット35】子育て支援型及び白井市親元同居近居支援補助金制度の推進及び普及を図る。

【協定締結者】

 白井市
 独立行政法人住宅金融支援機構

【協定内容】

 白井市親元同居近居支援補助金を活用して三世代で同居又は近居するために白井市内に住宅を取得し、【フラット35】子育て支援型の利用をする場合、【フラット35】子育て支援の借入金利の優遇(当初5年間、年▲(マイナス)0.25%)を受けることができる。

白井市親元同居近居支援補助金

 若い世代と高齢者世代が互いに支え合い安心して暮らせる環境をつくるために、市内に居住する親世帯と同居又は近居することを目的として白井市内に住宅の購入等をした転入者に対し、最大50万円の補助金を交付する。

【フラット35】子育て支援型

 子育て支援に積極的に取り組む地方公共団体と連携し、地方公共団体の財政支援と合わせて長期固定金利の住宅ローンである【フラット35】の借入金利より当初5年間、年0.25%金利を引き下げる。

問い合わせ先

建築宅地課 建築班 内線3714

5 「粗大ごみ処理手数料の見直し」について
(平成32年(2020年)1月1日に予定)

 粗大ごみの処理は、実際にかかる経費と市民の皆さんが負担している粗大ごみの処理手数料に大きな差があるため、粗大ごみ処理手数料について、「廃棄物減量等推進審議会」に見直しを諮問したところ、昨年10月に下記のとおり答申がありました。
 この答申に基づき、市では手数料の改定を平成32年(2020年)1月1日に予定しています。

◎「廃棄物減量等推進審議会」からの答申内容

 使用料手数料の考え方に基づき現行料金を1.5倍程度に改定

◎答申に基づく手数料の改定

 平成32年(2020年)1月1日に予定しています。

問い合わせ先

環境課 きれいなまちづくり班 内線3766

6 白井市庁舎の耐震改修優秀建築賞の受賞について

 昨年5月に全庁を開庁しました白井市役所庁舎が一般財団法人 日本建築防災協会の主催する耐震改修優秀建築賞を受賞し、また、この賞の中でも特に優れた建築物に与えられる日本建築防災協会理事長賞に選定されました。
 選定理由等の詳細につきましては、下記及び一般財団法人 日本建築防災協会ホームページ資料のとおりです。

1.選定理由(抜粋)

 ・減築された庁舎(東庁舎)と新築庁舎(本庁舎)及び連絡通路で連結された保健福祉センターの三つの部分を一体化して耐震改修のみならず市庁舎全体としての機能が向上するように計画された建築物であること。
 ・減築部分(東庁舎)、新築部分(本庁舎)及び既存部分(保健福祉センター)が一体となり周辺の環境になじむデザインの建築物となっていること。
 ・計画を実現するために白井市庁舎整備検討委員会や白井市庁舎建設等検討委員会を設置し、公募による市民が参加していることも特筆され、構想段階から市民も交えた綿密な検討を行い減築、新築、既存建築を組み合わせて耐震改修と市庁舎としての機能改善を図っていること。

2.他の受賞建築物

 国土交通大臣賞 港区立郷土歴史館等複合施設(ゆかしの杜)
 日本建築防災協会理事長賞 高知県庁舎
 耐震改修優秀建築賞 旧名古屋銀行本店ビル
 小津本館ビル 他4建築物

3.過去の日本建築防災協会理事長賞受賞建築物

 平成29年度 北海道庁本庁舎
 平成28年度 通天閣、興雲閣
 平成27年度 新宿三井ビルディング、島津製作所旧本社ビル
 平成26年度 ホテルニューオータニ ザ・メイン、EKIMISE
 平成25年度 社会福祉法人カリタスの園、千葉県農業会館本館棟
 平成24年度 阪神甲子園球場、設楽町立田峯小学校
 平成23年度 静岡県庁東館及び西館

問い合わせ先

管財契約課 管財班 内線3341

一般財団法人 日本建築防災協会(平成30年度 審査結果)

7 市民との協働で小学校区単位のまちづくりを推進します!
まちづくり支援チームを設置

 市では、少子高齢化の進行、地域のつながりの希薄化と担い手不足、防災・防犯・福祉等の深刻化する地域課題に対応し、地域で助け合い、支え合う、新たな協働のまちづくりのカタチを創るため、職員による小学校区まちづくり支援チームを設置して、市民との協働で小学校区単位のまちづくりを推進します。
 このたび、モデル小学校区を選定し、まちづくり協議会の設立に向けて具体的な話し合いを進めます。            

小学校区単位のまちづくりとは…

 生活に身近で互いの顔が見える小学校区域で、地域の団体や市民の皆さんが主役となり、互いに協力・連携し、地域課題の解決や魅力づくりに取り組んでいくまちづくり

1.モデル小学校区

 白井第三小学校区、大山口小学校区

2.市から小学校区への支援

 職員による「小学校区まちづくり支援チーム」を結成
 (1)構成…リーダー(課長)、サブリーダー(主幹から主査補)、チーム員(主査補未満)
 (2)役割…モデル小学校区の会議への出席、助言、情報提供などにより支援
 (3)任期…2年(併任辞令)平成31年1月31日から平成33年3月31日まで

3.今後の取り組み

 (1)小学校区まちづくり協議会準備会の設立(平成31年4月頃)
 自治連合会、地区社会福祉協議会、民生児童委員連絡協議会のほか、地域の団体で組織
 (2)準備会の活動(平成31年4月頃から平成32年3月)
   1)小学校区単位のまちづくりのイメージ共有
   2)小学校区まちづくり計画の策定
   アンケート調査の実施、地域課題の設定、地域課題に基づく事業及び予算など
   3)まちづくり協議会の組織・運営体制・規約などの決定
 (3)小学校区まちづくり協議会の設立(平成32年5月頃)
 小学校区で協力・連携のもと、地域課題の解決や魅力づくりの活動を開始

問い合わせ先

市民活動支援課 市民活動支援班 内線3613

8 「白井市ふるさと産品」に新たに1品目が認定されました

 市では、市の特産物や特産物により製造・加工された製品など郷土を象徴する特産品を「ふるさと産品」に認定し、市内の産業の振興と市民のふるさと意識の高揚を図っています。
 平成31年1月に開催したふるさと産品認定審査会において、新たに1品目が追加され、現在は10事業者21品目をふるさと産品として認定しています。

1.認定品名

 梨粕 万能たれ

販売元 

 美食茶屋
 住所:千葉県白井市冨士246-1
 電話:047-442-4053

価格 

 大瓶(720ml)1,200円
  小瓶(300ml)  600円

その他

 白井の梨を使用している漬け込み用のタレで、店舗では北総豚味噌焼き重や味噌焼きモツなどに使用されている調味料。

白井市ふるさと産品 認定品一覧(PDF:46.6KB)

平成31年第1回白井市議会定例会について

会期:平成31年2月15日(金曜日)から3月22日(金曜日)(36日間)
一般質問:13人(25項目)

平成31年第1回白井市議会定例会提案議案

・報告第1号 専決処分について(道路課)
・議案第1号 政治倫理審査会委員の委嘱について(総務課)
・議案第2号 政治倫理審査会委員の委嘱について(総務課)
・議案第3号 政治倫理審査会委員の委嘱について(総務課)
・議案第4号 政治倫理審査会委員の委嘱について(総務課)
・議案第5号 政治倫理審査会委員の委嘱について(総務課)
・議案第6号 政治倫理審査会委員の委嘱について(総務課)
・議案第7号 白井市教育委員会の附属機関の委員の任期の見直しに伴う関係条例の整備に関する条例の制定について(文化センター)
・議案第8号 消費税等の税率の引き上げに伴う関係条例の整理に関する条例の制定について(行政経営改革課)
・議案第9号 白井市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例の制定について(総務課/産業振興課)
・議案第10号 白井市国民健康保険税条例の一部を改正する条例の制定について(保険年金課)
・議案第11号 白井市ひとり親家庭等医療費等の助成に関する条例の一部を改正する条例の制定について(子育て支援課)
・議案第12号 白井市放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例の制定について(保育課)
・議案第13号 白井市学童保育条例の一部を改正する条例の制定について(保育課)
・議案第14号 白井市廃棄物の減量及び適正処理に関する条例の一部を改正する条例の制定について(環境課)
・議案第15号 白井市水道事業の布設工事監督者及び水道技術管理者の資格等に関する条例の一部を改正する条例の制定について(上下水道課)
・議案第16号 柏・白井・鎌ケ谷環境衛生組合規約の一部を改正する規約の制定に関する協議について(環境課)
・議案第17号 契約の変更について(教育総務課)
・議案第18号 白井市西白井コミュニティプラザの指定管理者の指定について(市民活動支援課)
・議案第19号 白井市道路線の認定について(道路課)
・議案第20号 平成30年度白井市一般会計補正予算(第7号)について(財政課)
・議案第21号 平成30年度白井市国民健康保険特別会計事業勘定補正予算(第5号)について(保険年金課)
・議案第22号 平成30年度白井市介護保険特別会計保険事業勘定補正予算(第4号)について(高齢者福祉課)
・議案第23号 平成30年度白井市後期高齢者医療特別会計補正予算(第3号)について(保険年金課)
・議案第24号 平成30年度白井市下水道事業特別会計補正予算(第3号)について(上下水道課)
・議案第25号 平成30年度白井市学校給食共同調理場事業特別会計補正予算(第4号)について(教育支援課)
・議案第26号 平成30年度白井市水道事業会計補正予算(第3号)について(上下水道課)
・議案第27号 平成31年度白井市一般会計予算について(財政課)
・議案第28号 平成31年度白井市国民健康保険特別会計事業勘定予算について(保険年金課)
・議案第29号 平成31年度白井市介護保険特別会計保険事業勘定予算について(高齢者福祉課)
・議案第30号 平成31年度白井市後期高齢者医療特別会計予算について(保険年金課)
・議案第31号 平成31年度白井市下水道事業特別会計予算について(上下水道課)
・議案第32号 平成31年度白井市水道事業会計予算について(上下水道課)

 なお、議案の概要は貼付ファイルを参照ください。

平成31年第1回白井市議会提案議案等概要(PDF:198.4KB)

行事予定(平成31年3月から5月)

行事予定(平成31年3月から5月)(PDF:133.7KB)

お問い合わせ先
総務部 秘書課 広聴・魅力発信班
〒270-1492 千葉県白井市復1123番地
電話番号:047-492-1111
ファックス:047-491-3510

お問い合わせはこちらから

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。