現在の位置

在外選挙制度について

更新日:2018年7月12日

選挙人の投票しやすい環境を整備するために

 在外選挙は、海外に在住している満18歳以上の日本国民が海外で国政選挙の投票ができる制度で、あらかじめ在外選挙人名簿への登録を申請する必要があります。

在外選挙人名簿への出国時登録申請ができるようになりました。

 平成30年6月1日より、従来の在外公館での申請という方法に加え、出国時申請制度が始まりました。白井市の選挙人名簿に登録されている方であれば、国外転出する際に、在外選挙人名簿への登録の申請をすることができるようになりました。

出国時申請の詳細については、下記「出国時申請周知チラシ」をご覧ください。

出国時申請周知チラシ(PDF:2.9MB)

出国時申請の申請方法について

1.白井市で申請できる方

 年齢満18歳以上の日本国民で、国外転出届を提出した者のうち、白井市の選   挙人名簿に登録されている方。

 申請は本人のほか、申請者の委任を受けた者(受任者)も行うことができますが、受任者が申請を行う場合には申請者からの申出書が必要になります。

2.申請できる期間

  国外転出届を提出した日から国外転出届に記載された転出予定日当日までの間

3.必要書類

 (1)申請者本人が申請書を提出する場合

  ・在外選挙人名簿登録移転申請書 在外選挙人名簿登録移転申請書 (PDF:124.9KB)

  ・旅券等の本人確認書類【注:下記の具体例を参考にして下さい。】

  (2)申請者の委任を受けた者(受任者)が申請書を提出する場合

  ・在外選挙人名簿登録移転申請書 在外選挙人名簿登録移転申請書 (PDF:124.9KB)

  ・申請者の本人確認書類【注:下記の具体例を参考にして下さい。】

  ・申請者からの申出書  申出書 (PDF:48.8KB)

  ・申請に来ている人の本人確認書類【注:下記の具体例を参考にしてください。】

4 .記載をする上での注意点

  申請書・申出書とも署名欄は必ず申請者の自署でなければなりません。

  窓口での申請のみとなります。郵送での提出はできません。

本人確認ができる書類の具体例

1点で確認できる書類

 パスポート、マイナンバーカード、住民基本台帳カード(顔写真入りのものに限る)、運転免許証などの顔写真が付いた官公署が発行した本人確認書類

 国外での住所の確認に旅券番号も用いることから、できる限りパスポートでの確認が望ましいです。

2点確認が必要な書類

 上記の「1点で確認できる書類」がない場合は、下記のア、イそれぞれから1点、またはアから2点必要です。

 ア 戸籍抄本、住民票の写し、健康保険証、年金手帳、納税証明書、障害者手帳

 イ 顔写真の付いた民間企業等の身分証(企業の社員証、学生証、顔写真付クレジットカード)

 

 

 

 

 

 

 

在外公館での申請について

 上記の出国時申請とは別の方法として、申請者本人または申請者の同居家族等が在外公館等に行って申請する在外公館申請があります。

郵便投票をする場合の在外選挙人証、投票用紙等の受領について

  住所地のみならず、在留届に記載された「在留地の緊急連絡先」の欄に記載されている場所でも受領できます。

投票方法について

  在外公館等投票と郵便等投票とのいずれかの方法で選挙期日の公示があった日の翌日から投票できます。

帰国投票について

  選挙の時に一時帰国している場合は、次のとおり日本国内で投票できます。

  • 公示日の翌日から選挙期日の前日まで
    名簿登録地の選挙管理委員会で期日前投票または名簿登録地以外の選挙管理委員会で不在者投票ができます。
  • 選挙期日
    指定された在外選挙投票区の投票所で投票できます。
お問い合わせ先
選挙管理委員会
〒270-1492 千葉県白井市復1123番地
電話番号:047-492-1111
ファックス:047-491-3510

お問い合わせはこちらから

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。