現在の位置

白井市出身アスリート・安藤美希子選手

更新日:2018年5月11日

新成人に講演する安藤選手

新成人に講演する安藤選手

ウエイトリフティングに挑戦するなし坊

なし坊がウエイトリフティングに挑戦

ウエイトリフティングの安藤選手と鈴木選手が「広報しろい新春特別座談会」に登場[平成29年1月1日]

座談会に参加した安藤美希子選手(右)と鈴木梨羅選手(左)

安藤選手と鈴木選手

広報しろい平成29年新春特別座談会は「白井市をスポーツで元気に」をテーマに、白井市出身のウエイトリフティング選手2人をゲストに招いて開催しました。

昨年8月に開催されたリオ五輪では、白井市初のオリンピック選手である安藤美希子選手がウエイトリフティング女子58キロ級に出場し、日本新記録で5位入賞を果たしました。

また、市内在住で千葉県立松戸国際高校3年生の鈴木梨羅(りら)選手は「平成27年度第31回全国高等学校ウエイトリフティング競技選抜大会」の女子48キロ級で優勝を飾り、女子の最優秀選手にも選ばれました。

2選手とも、4年後に開催される東京五輪での活躍が期待されています。白井市出身のトップアスリートがオリンピックへの思いや市の魅力などについて楽しく語り合った内容は、下記PDFファイルから見ることができます。

皆さんも安藤選手や鈴木選手をはじめとする、白井市出身のアスリートの応援をよろしくお願いします。

広報しろい平成29年新春特別座談会(PDF:6MB)

安藤選手が「2016希望郷いわて国体」で優勝![平成28年10月5日]

10月5日(水曜日)午前11時20分から江刺中央体育館(岩手県奥州市)で行われたウエイトリフティング女子63キロ級の試合に出場した白井市出身の安藤美希子選手が日本新記録を打ち立て、優勝しました。

安藤選手はバーベルを一気に頭上に挙げる「スナッチ」で92キロをマークしました。スナッチの後に行う、バーベルをいったん肩まで上げた後に頭上に挙げる「クリーン&ジャーク」で、これまでの女子63キロ級の日本記録を1キロ上回る120キロに成功しました。トータルでは212キロとなり、女子63キロ級の日本記録を7年ぶりに1キロ更新しました。

安藤選手、国体での見事な優勝そして日本新記録樹立、本当におめでとうございます。

安藤選手は10月22日(土曜日)に開催する「白井市ふるさとまつり」に来場される予定です。市民の皆さん、お楽しみに!

ジャークで日本新記録を更新

ジャークで日本新記録を更新

国体で優勝した安藤選手

スナッチ、ジャーク、トータル全てで優勝した安藤選手

写真は安藤選手が所属されている「いちご株式会社」より、提供していただきました。すてきな写真を送っていただき、ありがとうございました。

安藤選手が白井第一小学校と大山口中学校で講演[平成28年9月9日]

白井第一小学校のみんなと

白井第一小学校のみんなと

母校の白井第一小学校と恩師のいる大山口中学校に凱旋!

9月9日の午前、安藤選手の母校・白井第一小学校で「オリンピック選手 安藤美希子選手からお話を聞こうの会」を、午後は恩師のいる大山口中学校で「オリンピック選手の話を聴く会」が催されました。

各校とも体育館に全校生徒・児童が集まり、白井第一小学校では子どもたちが校歌を歌い、大山口中学校では生徒が書いた歓迎の垂れ幕と盛大な拍手で安藤選手を出迎えました。

会では、安藤選手の紹介のあと、子どもたちからの質問や安藤選手によるウエイトリフティングの模範演技、ウエイトリフティング体験などを行いました。

特に子どもたちからはたくさんの質問が出ました。「器械体操」など小学生には難しい言葉も体操の内村選手を例に出してやさしく説明してくださいました。練習で160キロのバーベルをのせてスクワットを行っていると聞くと、会場からは「えっ!!」とどよめきの声が上がりました。1つ1つ丁寧に答えていただいた安藤選手は、まるで学校の先生のようでした。

安藤選手の講演では自分の失敗談を交えながら「オリンピックに出場したといっても普通にみんなと同じ人で特別な人ではありません。私の夢はウエイトリフティングの指導者になることで、オリンピックは通過駅の1つです。夢を叶えるためにはいろいろな努力が必要です。ロンドン五輪で選考にもれてしまった時はとても悔しくて、次のオリンピックに出るために自分ができることを一生懸命考え、ケガをしないこと好き嫌いなく食べるように健康面も気をつけるようにしました。そして、自分を導いてくれた先生方、家族や友人、みんなに支えられて自分がいるということをみんなにも考えてみてほしいと思います」と話され、生徒・児童の皆さんは熱心に耳を傾けていました。

最後は各校の生徒・児童代表による「お礼の言葉」でしめくくりました。

白井第一小学校写真ギャラリー

白井第一小学校でお話する安藤選手

白井第一小学校でお話する安藤選手

5キロのディスクを持って「かるい!」

5キロのディスクを持ちました

56キロのバーベルで試技を披露

56キロのバーベルで試技を披露

初めてのウエイトリフティング体験

初めてのウエイトリフティングにチャレンジ!

次々とポーズを決める子どもたち

次々とポーズを決める子どもたち

池田校長(右)と濱田教頭と一緒に

池田校長(右)&濱田教頭と一緒に(安藤選手が通っていた時は町立でした)

懐かしそうに卒業アルバムをめくる安藤選手

懐かしそうに卒業アルバムをめくる安藤選手

久しぶりの給食によろこぶ安藤選手

久しぶりの給食によろこぶ安藤選手

大山口中学校写真ギャラリー

ウエイトリフティングの楽しさを伝える安藤選手

ウエイトリフティングの楽しさを伝える安藤選手

生徒約700人の前で試技を披露

生徒約700人の前で試技を披露

生徒が心を込めて書いた歓迎の垂れ幕

生徒が心を込めて書いた歓迎の垂れ幕

後藤校長(左)&恩師の宗政教頭と一緒に

後藤校長(左)&恩師の宗政教頭と一緒に

子どもたちからの質問に答えて

子どもたちからさまざまな質問が飛び交いました。その中の一部を紹介します。

オリンピックに出てどうでしたか?

私はオリンピックに出るのは初めてでしたが、思ったよりも緊張しなくて落ち着いた状態で試合をすることができました。次の東京五輪でも、落ち着いて普段通りの力が出るようにしたいです。

小学生のときからウエイトリフティングをしていたのですか?

小学生の時は器械体操(平均台や鉄棒など)を、中学生の時は陸上で幅跳びやハードルを、高校に入学してからウエイトリフティングを始めました。

1日にどのくらい練習をしているのですか?

練習は大体、午前と午後で3時間ずつ、合計して6時間ぐらい行っています。みんなが学校で1日授業を受けている時間ぐらい練習しています。途中で休憩は入れますが、そのぐらい練習しないとオリンピックで良い成績を上げることが難しいです。

1年に大会は何回くらいあるのですか?

高校生の時は1年間で5から6回、大学生の時は3から4回、社会人になると2回ぐらいです。試合数が減っているのは、年をとると試合をする度に疲れてしまい、試合後に3カ月はお休みしないと体が動かないです。そのため、年間で国内と海外の大会を1つずつ出場するようにしています。

どんな練習をしているのですか?

太ももの筋力を強くするために背中に160キロのバーベルをのせて「スクワット」をしています。あとは背筋を鍛える「デットリフト」といって同じ160キロのバーベルを腰まで引く動作を、腕の筋力を強化する「プレス」は60キロのバーベルを頭の上に挙げる練習をいろいろ行っています。

初恋をしたことはありますか?

小学生の時にしました。(照れながら)この質問はこれで終わりでお願いします。

日本新記録を出した時はどんな気持ちでしたか?

今までに20回は更新していますが、初めての時は泣きたくなるくらい嬉しかったです。だんだん更新することが難しくなり、日本新記録を出そうと思うと失敗するので「これはただの125キロ」と思いながら挙げています。

憧れの選手はいますか?

あくまでも自分との戦いなので、尊敬している選手はたくさんいますが、憧れている選手はあまりいないです。

安藤選手のルーティンはありますか?

練習ノートがあるのですが、試合前日に試合に対する思いを書きます。最後に応援していただいている皆さんへの感謝の気持ちも書いています。

閉会後のお楽しみ

閉会後に安藤選手は白井第一小学校で全児童約250人と握手し、大山口中学校では希望者によるウエイトリフティング体験を行いました。体験には多くの希望者があり、抽選の結果30人の生徒の皆さんが体験しました。

安藤選手と一緒に体をほぐすストレッチ、ウエイトリフティングの基本姿勢、バーベルの持ち方、持ち上げ方法など、ウエイトリフティングを一生懸命に取り組み、互いに励まし合いながら、楽しく体験することができました。

安藤選手、すてきなお話と貴重な体験をありがとうございました。

子どもたちとにこやかに握手

子どもたちとにこやかに握手

子どもたちとにこやかに握手

安藤選手との握手は子どもたちの宝物になりました

はじめに念入りにストレッチを行いました

最初に念入りなストレッチを行いました

腰を落として基本姿勢の練習

腰を落として基本姿勢の練習

15キロのシャフトの重さを実感

15キロあるシャフトの重さを体感

シャフトを頭上まで持ち上げる練習

シャフトを頭上まで持ち上げます

円形のディスクを付けて持ち上げます

実際に円形ディスクを付けて練習

20キロのバーベルを見事持ち上げました

20キロのバーベルを見事持ち上げました

「安藤美希子選手リオ五輪出場報告会」を開催しました[平成28年9月3日]

4年後の東京五輪へ突き進め!

安藤美希子選手リオ五輪出場報告会

お帰りなさい、安藤選手!

9月3日午前10時から、文化会館かおりホールで「安藤美希子選手リオ五輪出場報告会」を開催しました。

6月の壮行会の時と同じ日本代表の赤いジャージを身にまとった安藤選手が登場すると、伊澤市長、幸正副議長のほか市内各種団体代表、市議会議員、家族、恩師、同級生、市民の皆さんら約200人から拍手喝采が起こり、リオ五輪5位入賞&日本新記録を皆でお祝いしました。

伊澤市長あいさつ

あいさつする市長

あいさつする市長

安藤選手、お帰りなさい。

6月の壮行会で安藤選手は「自己ベストを更新して入賞を目指します」という決意をのべましたが、その言葉どおりに見事日本新記録を更新し、5位入賞という大変すばらしい成績を収めました。

これは安藤選手のたゆまぬ努力と日頃の練習のたまものであり、市民の皆さんが一丸となって安藤選手を応援し、その背中を後押しした成果でもあります。市民にとって大変誇らしく、そして夢と希望を与えたオリンピックであったと思います。

先週、安藤選手の母校・白井第一小学校で夏祭りが行われました。安藤選手は国体の練習で忙しい中、サプライズで登場していただきました。安藤選手のあいさつの後、多くの皆さんがそばに寄って握手をし、記念撮影を行っていました。安藤選手は一人一人丁寧にあいさつをし、握手に応えている姿を見て世界一流のアスリートはやはり心も一流だと感心いたしました。

いよいよ2020年東京五輪まで4年を切りました。安藤選手のこれからの4年間、さらに練習を重ねていただき、白井市出身のメダリストの実現に向けて白井市民一丸となって応援していきます。ケガだけはしないように健康管理に気をつけ、ベストの状態で4年後の大きな舞台で羽ばたいていただきたいと思います。

安藤選手のすばらしい活躍と皆さんが応援の輪をさらに広げていただくことを心から祈念し、お祝いの言葉とさせていただきます。

安藤選手、おめでとうございました。

花束・記念品贈呈

安藤選手へ市長と副議長から拍手の嵐の中、お祝いの花束が贈られました。

また、市長から記念品として白井市名物ビッグサイズのメダル「さつまやの大どら」もプレゼントされました。大どらは通常のどら焼き7個分、直径20センチメートルのとても大きなどら焼きです。安藤選手をはじめ会場の皆さんも思いがけない「大どら」の登場に笑みがこぼれていました。

市長から花束を受け取る安藤選手

市長から花束を受け取る安藤選手

副議長から花束を受け取る安藤選手

副議長から花束を受け取る安藤選手

大どらを手にする安藤選手

大どらメダルを手に笑顔の安藤選手

安藤選手と白井第一小学校の子どもたち

安藤選手と白井第一小学校の子どもたち

安藤選手の母校・白井第一小学校3年生の秋本椿さん、矢野里愛さん、鵜野栞音さんから、メッセージ入り手作りメダルが安藤選手に授与されました。メダルは金・銀・銅の3種類で「おめでとうございます」と、1人ずつ安藤選手の首にかける姿がほほえましく、安藤選手もうれしい笑顔を見せていました。

金メダルを安藤選手にかける秋本さん

メダルを安藤選手にかける秋本さん

銀メダルを安藤選手にかける矢野さん

メダルを安藤選手にかける矢野さん

銅メダルを安藤選手にかける鵜野さん

メダルを安藤選手にかける鵜野さん

手作りメダルを報道陣に見せる安藤選手

手作りメダルを報道陣に見せる安藤選手

安藤選手から白井市に「日本代表ウエイトリフティング競技選手団リオ五輪出場記念大皿」のプレゼントがありました。安藤選手、記念に残るすてきな贈り物をありがとうございました。

オリンピック出場記念の大皿を手にする市長

リオ五輪出場記念の大皿を手にする市長

記念の大皿は市長室に飾りました

記念の大皿は市長室に飾りました

最後に、壮行会で白井市梨業組合から贈呈された「しろいの梨」58キロの一部が安藤選手に届きましたので紹介を行いました。安藤選手の好きな品種「豊水」20キロ分になります。

安藤選手から「市民の皆さん応援ありがとうございました」

堂々とあいさつする安藤選手

リオ五輪の思い出を話る安藤選手

地元白井の皆さんの熱い応援が力になり、オリンピックで自己ベストを更新し、日本新記録で5位入賞という結果を残すことができました。本当にありがとうございました。

4年前にロンドン五輪の選考で落とされてしまった時に本当に悔しい思いをしたので、着実に日本新記録を更新し、力を付けていることをアピールして、4年間頑張ってきました。その結果、オリンピックに出場できたこと、そして結果を残せたことをとてもうれしく思います。

リオでは大きな選手村があって、日本選手では吉田選手、内村選手、福原選手をはじめ、たくさんの選手の皆さんとお会いすることができたこと、また、三宅選手の銅メダルの瞬間に立ち会えたことも次の東京五輪につながるいい経験になりました。次回の東京五輪では、メダルを目指しリオ五輪以上の力を出せるように皆さんの応援を力に変えて頑張りたいと思います。

そして、ウエイトリフティングの知名度が上がるよう、白井市でもウエイトリフティングの選手が1人でも多く誕生し、そのお手伝いができたらと思います。ウエイトリフティングは生涯を通してできる健康にもよいスポーツですので、いろいろな方に勧めていただけたらうれしいです。

ダイナミックな試技を披露

安藤選手から「ウエイトリフティングは単純に重たいものを持ち上げるというスポーツで、オリンピックの始まりから続いている伝統的なものです。ぜひ、伊澤市長にも体験をしていただきたい」とのお誘いを受け、市長が初めてのウエイトリフティングに挑戦し、スナッチで18キロを華麗に持ち上げました。

市長が試技にチャレンジ

市長が試技にチャレンジ

あざやかにスナッチを決めました

あざやかにスナッチを決めました

続いて、鎌ケ谷市にあるスポーツジム「マスターズ運動館」で安藤選手が一緒に練習を行っている世界レベルの選手の皆さんも舞台に登場し、年齢からは想像できない力強い試技を披露していただきました。

現役選手の桂川孝三さん(78歳)

現役選手の桂川孝三さん(78歳)

現役選手の三石悦雄さん(67歳)

現役選手の三石悦雄さん(67歳)

現役選手の柴坂總七さん(82歳)

現役選手の柴坂總七さん(82歳)

試技をサポートしていただいた澤邊知子選手

サポートしていただいた澤邊知子選手

最後に、安藤選手がクリーン&ジャークで65キロを軽々と挙げ、会場からは惜しみない拍手が贈られました。試技を終えた安藤選手は「普段は100キロ以上で練習しているので、65キロはとても軽いです」と話され、安藤選手が立っている世界がワールドクラスだということを実感しました。

さっそうと試技を披露する安藤選手

さっそうと試技を披露する安藤選手

安定した安藤選手の試技

安定した安藤選手の試技

東京五輪に向けてエール

市職員を代表して元常総学院応援団長の松田浩明と市マスコットキャラクター「なし坊」が先陣を切り、安藤選手のリオ五輪5位入賞&日本新記録を祝して勝利の3・3・7拍子と東京五輪での健闘を祈り白井市からエールを送りました。

会場全員の気持ちを1つにし「フレー フレー 美希子、フレー フレー 美希子!」と大合唱し、大いに盛り上がりました。

安藤選手にお祝いエールを送るなし坊たち

お祝いエールを送るなし坊たち

会場の皆さんも心を1つにして応援

会場の皆さんも心を1つにして応援

あらためまして、安藤選手リオ五輪での5位入賞&日本新記録おめでとうございます。次の舞台は、10月に開催される「希望協いわて国体」に千葉県代表としての出場が決まっています。4年後の東京五輪への戦いは始まったばかりです。

市民の皆さん、進化し続ける安藤美希子選手の応援をよろしくお願いします!

安藤選手写真ギャラリー

報告会前に市長たちと和やかに懇談中

報告会前に市長たちと和やかに懇談

入賞の賞状を拝見する市長

5位入賞の賞状を手に取る市長

リオ五輪5位入賞の賞状

リオ五輪5位入賞の賞状

この手で100キロ以上を挙げています

この手で最高124キロを挙げています

安藤美希子応援団の皆さんと

安藤美希子応援団の皆さんと

同級生の皆さんと

同級生の皆さんと

恩師の富樫先生と子どもたち

恩師の富樫先生とお子さんたち

子どもを軽々と抱っこする安藤選手

子どもを軽々と抱っこする安藤選手

安藤選手が笑顔の帰国「東京五輪へ向けて日本記録更新を」[平成28年8月14日]

安藤選手、お帰りなさい!

帰国した安藤選手

8月14日の夕方、リオ五輪ウエイトリフティング女子58キロ級で5位入賞を果たした白井市出身の安藤美希子選手が、日本代表選手の皆さんとブラジル・リオから成田空港に帰国しました。

空港の到着ロビーでは大勢の皆さんによる盛大な拍手で迎えられ、安藤選手と三宅選手が所属する「いちごグループホールディングス株式会社」社員の皆さんから「おめでとう!」「お疲れさま!」と花束のプレゼントがありました。

そして、約1カ月ぶりに会う家族や関係者の皆さんの顔を見つけると、「ただいま!」と笑顔で駆け寄っていました。

成田空港内で行われた記者会見で安藤選手は「この度は、たくさんの方々の支えがあって初めてオリンピックという舞台に立てたことと、日本記録を残すことができたことをうれしく思います。リオ五輪の経験を生かして次の機会につなげていきたいです」と感謝の気持ちと次の東京五輪への意欲を語りました。

オリンピック初出場で5位入賞&日本記録更新という輝かしい記録を刻んだ安藤選手、本当におめでとうございます&お疲れさまでした。

安藤選手から白井市民の皆さんへメッセージ

白井市民の皆さん、応援ありがとうございました。

白井市の中でウエイトリフティングを行っている方はおそらくいないと思いますが、これを機に少しでも興味を持ってもらえるとうれしいです。今後は1つ1つの練習を大切にしながら、東京五輪につなげていきたいと思います。

引き続き、応援をよろしくお願いいたします。

美希子スマイル健在!

美希子スマイル健在!

安藤選手を見守ってきたお母様と

安藤選手を温かく見守ってきたお母様と

市長メッセージを手にする安藤選手

市長メッセージを手にする安藤選手

談笑する日本代表選手の皆さん

談笑する日本代表選手の皆さん

報道陣の質問から

帰国して今一番したいことを教えてください

・三宅宏美選手

応援してくださった方々にお礼参りをさせていただきたいことと、私はお風呂が好きなので温泉のあるお風呂屋さんに行きたいなと思います。

・八木かなえ選手

お肉やお寿司など、おいしいものをたくさん食べたいです。

・安藤美希子選手

お礼参りなどいろいろなところに報告に伺いたいですが、まず一番最初に父親に報告に行きたいと思います。

・糸数陽一選手

たくさんの方々に支えてもらったのでしっかりお礼をして、ゆっくり休んで、おいしいご飯を食べたいなと思います。

・松本潮霞選手

ウォッシュレットの付いた、きれいなトイレを使いたいです。

今後の目標をお聞かせください

・三宅宏美選手

ウエイトリフティングが好きで、自分の体力の限界に挑戦したい気持ちもあるので、今後のことはゆっくり考えたいと思います。

・八木かなえ選手

もっといろいろな方々にウエイトリフティングの楽しさを知ってもらいたいので、普及活動を含め東京に向けて頑張っていきたいと思います。

・安藤美希子選手

オリンピックが終わり1つの区切りという形になりましたが、まだ今後の試合と4年後の東京五輪という舞台もありますので、1つずつ記録を更新していくことが目標だと思います。

・糸数陽一選手

東京五輪で三宅選手のような夢や感動を与えられるような選手になるために、これから練習に励んでいきたいと思います。

・松本潮霞選手

三宅選手の後に続けるような選手になれるよう、この4年間覚悟を決めてトレーニングに励みたいと思います。

ウエイトリフティング日本代表選手の皆さん、お疲れのところありがとうございました!

女子チームの三宅義行監督

女子チームの三宅義行監督

女子48キロ級銅メダルの三宅宏実選手

女子48キロ級銅メダルの三宅宏実選手

女子53キロ級6位の八木かなえ選手

女子53キロ級6位の八木かなえ選手

女子58キロ級5位の安藤美希子選手

女子58キロ級5位の安藤美希子選手

男子62キロ級4位の糸数陽一選手

男子62キロ級4位の糸数陽一選手

女子63キロ級9位の松本潮霞選手

女子63キロ級9位の松本潮霞選手

リオ五輪の大舞台で安藤選手が堂々の5位入賞![平成28年8月9日]

横断幕入賞

8月9日(火曜日)午前3時30分から行われたウエイトリフティング女子58キロ級の試合に出場した白井市出身の安藤美希子選手が、自身の日本記録を1キロ上回る合計218キロで5位入賞を果たしました。

安藤選手はバーベルを一気に頭上に挙げる「スナッチ」で、自身の日本記録を1キロ上回る94キロをマークしました。スナッチの後に行う、バーベルをいったん肩まで上げた後に頭上に挙げる「クリーン&ジャーク」で、自身の日本記録に並ぶ124キロに成功しました。その結果、トータルで218キロの自己ベストを更新するというすばらしい成績を収めました。試技を全て終えた安藤選手は、笑顔で両手を挙げて会場の歓声に応えていました。

市主催の壮行会で「自己ベストを上回る試合をし、入賞したい」という決意を述べたとおり、オリンピックという最高の舞台で結果を出した安藤選手、本当におめでとうございます。そして、感動をありがとうございました。

伊澤市長メッセージ

安藤美希子選手、リオ五輪5位入賞おめでとうございます。

市役所で行った壮行会で「日本新記録に挑戦し、入賞を目指します」と決意を述べていたとおりに日本新記録で5位入賞という輝かしい成績を収め、白井市民に夢と勇気、そして感動を与えてくださいました。

これは、安藤選手のたゆまぬ努力と日頃の練習のたまものであると思います。

2020年の東京オリンピックでは、更なる高みを目指し飛躍されることを心より願っております。

また、安藤選手を応援してくださった皆様に感謝申し上げます。

平成28年8月9日

白井市長 伊澤史夫

安藤選手がブラジル・リオへ笑顔で出発![平成28年7月26日]

見送りに来た「いちごグループホールディングス株式会社」社員の皆さんと

いちごグループホールディングスの皆さんと

7月26日にウエイトリフティング日本代表選手の皆さんが成田空港から開催国ブラジルに向けて出発しました。

チェックインカウンター前では、安藤選手と三宅選手が所属する「いちごグループホールディングス株式会社」社員の皆さんが『世界で輝け!! 三宅宏美選手 安藤美希子選手』と書かれた横断幕を携えて出迎えました。

また、社員の皆さんによる心のこもった寄せ書きのプレゼントもあり、とびきりの「美希子スマイル」も見られました。

安藤選手は「リオでは記録更新にチャレンジしますので、応援よろしくお願いします」と力強くコメントし、お守りにプレゼントした白井市マスコットキャラクターのなし坊人形をバッグに付け、一緒にブラジル・リオに連れて行っていただきました。

代表選手の皆さんは見送りに来た家族や友人たちと記念撮影に応じるなど、リラックスした様子で笑顔で機内に乗り込みました。ニューヨークを経由してリオに入り、現地で調整を進める予定となっています。

安藤選手をはじめ日本代表選手の皆さん、自分の力を信じて世界で輝いてきてください!

バスが成田空港に到着

バスが成田空港に到着

空港ロビーに入る安藤選手

空港ロビーに入る安藤選手

さわやかな笑顔の安藤選手

さわやかな笑顔の安藤選手

たくさんの家族や友人が見送りに

たくさんの家族や友人が見送りに

会社の皆さんからの寄せ書きプレゼント

会社の皆さんからの寄せ書きプレゼント

決意を胸にする代表選手の皆さん

決意を胸にリオへ向かう選手の皆さん

同い年の八木選手と安藤選手

同い年の八木選手と安藤選手

お約束の松本選手と安藤選手

お約束の松本選手と安藤選手

なし坊も一緒にリオへ

なし坊も一緒にリオへ

皆さんに見送られ笑顔で出発

皆さんに見送られ笑顔で出発

いちごウエイトリフティング部ホームページ

平成28年度「東京オリンピック・パラリンピックアスリート強化・支援事業」強化指定証授与式が開催されました[平成28年7月13日]

「特別強化指定証」を手にチーバくんと

特別強化指定証を手にする安藤選手

7月13日に千葉県主催平成28年度「東京オリンピック・パラリンピックアスリート強化・支援事業」強化指定証授与式がホテルポートプラザちばで開催されました。

千葉県では、県出身の選手が1人でも多く東京オリンピック・パラリンピックで活躍できるよう、出場を目指すトップクラスのアスリート171人(オリンピック・28競技123人、パラリンリック・22競技48人)を「特別強化選手」として指定しています。特別強化選手に指定されると、海外遠征費用や競技用具整備費などの支援を受けることができます。

ウエイトリフティングの安藤美希子選手も特別強化選手に選ばれ、授与式ではオリンピック選手代表として登壇し、諸橋副知事から「特別強化指定証」を受け取りました。

諸橋副知事は「620万人の県民みんなで応援していきます。東京または千葉で活躍する姿を期待しています。頑張ってください」と選手の皆さんを激励しました。

授与式後に行われた報道陣の取材で安藤選手は「リオは初めてのオリンピック出場となるので、まずは8位入賞を目指しながら経験を積み、次の東京ではメダルが取れるように4年間で力を付けていきたい」と意気込みを語りました。

そして、県民の皆さんに「私に関わっている方だけではなく、県内すべての方々に応援されるような試合にしたいので、よろしくお願いします」とメッセージを贈りました。

特別強化選手の皆さん、東京オリンピックに向け高みを目指して頑張ってください!

副知事から指定証を受け取る安藤選手

副知事から指定証を受け取る安藤選手

諸橋副知事の激励

諸橋副知事から激励のことば

選手と来賓の皆さんで記念撮影

選手と来賓の皆さんで記念撮影

報道陣の取材に答える安藤選手

報道陣の取材に答える安藤選手

千葉県「東京オリンピック・パラリンピックに向けたアスリート強化・支援」

市長を表敬訪問&白井市主催の壮行会を開催しました[平成28年6月30日]

安藤選手をお出迎え

歓喜にわく白井市役所で、安藤選手を大歓迎!

6月30日午後1時30分、日本代表の赤いジャージを身にまとって白井市役所を訪れた安藤選手を伊澤市長、秋本議長のほか市内各種団体代表、市議会議員、家族、恩師、友人、市役所職員ら約100人が集まり「リオ五輪出場おめでとう!」という大歓声のもと、正面玄関で出迎えました。

拍手の嵐の中、市長と議長からお祝いの花束が贈られ、地元白井の歓迎ムードに満面の笑みの安藤選手と記念撮影を行いました。

市長から花束を受け取る安藤選手

市長から花束を受け取る安藤選手

議長から花束を受け取る安藤選手

議長から花束を受け取る安藤選手

日本新記録に挑戦したい!

報道各社の取材で安藤選手は「市役所玄関で市民の皆さんに応援していただき、とてもうれしいです。オリンピックでは1つ1つの試技をしっかりと成功させ、日本新記録に挑戦したいです。4年後(東京五輪)も出場したいので、会場の雰囲気を感じ取りたいです」と意気込みを語りました。

笑顔あふれる表敬訪問

市長室で行われた表敬訪問では、市長より安藤選手に練習等で使ってもらえるよう、なし坊Tシャツとタオルをプレゼントしました。

伊澤市長は「白井市立第一小学校、白井市立白井中学校を卒業された方がオリンピックに出場することは、市にとって名誉なことです。今までの厳しい練習の成果を発揮し、自己ベストを少しでも上回るすばらしい成績を期待しています」と安藤選手に激励の言葉を贈りました。

安藤選手は「2年前の表敬訪問で、市長さんに約束したオリンピック出場を報告に来ることができ、とてもうれしいです。私がオリンピックに出場することで、ウエイトリフティングに興味を持つ人が増えて、子どもたちもチャレンジしてみたいと思ってもらえるように頑張ります」と、目を輝かせて話をしてくださいました。

また、ウエイトリフティングには各種目とも試技は3回まで、1回目は一番集中し、2回続けて失敗してしまうと記録が低くなるので駆け引きが大切であること、腕力だけではなく瞬発力、脚力、精神力も必要になることなど、ウエイトリフティングの魅力を分かりやすく説明していただき、終始和やかな雰囲気で歓談を行いました。

なし坊グッズをプレゼント

なし坊グッズをプレゼント

市長と談笑する安藤選手とお母様

市長と談笑する安藤選手とお母様

壮行会で安藤選手へエール!

同日午後2時、市役所正庁で白井市主催の壮行会を開催し、市長からの激励や市内各種団体による激励品の贈呈、安藤選手のあいさつなどを行いました。

伊澤市長激励の言葉

約63,000人の市民みんなで安藤選手を応援します。そして、応援の声が日本中に届き、安藤選手の自己ベストを1キロでも2キロでも更新できるよう、一丸となっての応援をよろしくお願いします。

なし坊と一緒に入場する安藤選手

なし坊と一緒に入場する安藤選手

安藤選手を激励する伊澤市長

安藤選手を激励する伊澤市長

激励品贈呈

安藤選手の階級58キロ級にかけて、白井市梨業組合から白井市の特産品「しろいの梨(安藤選手が好きな品種「豊水」)」を58キロと西印旛農業協同組合から白井市産の新米を58キロ、白井市、白井市議会、白井市体育協会、白井市商工会、白井工業団地協議会から激励金を贈呈しました。

激励品が安藤選手のパワーの源になることを願っています。

伊澤市長より激励金を贈呈

伊澤市長より激励金を贈呈

秋本議長より激励金を贈呈

秋本議長より激励金を贈呈

体育協会田中会長より激励金を贈呈

体育協会田中会長より激励金を贈呈

梨業組合山本副組合長より梨58キロを贈呈

梨業組合山本副組合長より「しろいの梨」58キロを贈呈

西印旛農業協同組合武藤専務理事より新米58キロを贈呈

西印旛農業協同組合武藤専務理事より白井産の新米58キロを贈呈

商工会石田会長より激励金を贈呈

商工会石田会長より激励金を贈呈

白井工業団地協議会白山副代表理事より激励金を贈呈

白井工業団地協議会白山副代表理事より激励金を贈呈

来賓の皆さんとエイエイオー!

来賓の皆さんとエイエイオー!

安藤選手あいさつ

この度は盛大な会を開いていただきまして、本当にありがとうございます。

初めてのオリンピックが決まったことで、壮行会に何回か出席させていただきましたが、なかなか素直に笑うことができなかったのですが、地元の皆さんに応援していただき、頑張れそうです。

リオデジャネイロに出発するのは7月26日の予定で、私の試合は8月9日の朝3時30分ということで皆さんが直接見ることは難しく、テレビ放送されるかどうかも分からないのですが、できるだけ新聞やニュースで取り上げてもらえるような結果を出せるように、またしっかり頑張って練習を積んで他の選手と一緒に戦ってきます。皆さんにいい報告ができるように頑張るので、応援をよろしくお願いいたします。

あいさつする安藤選手

安藤選手に参加者全員でエール!

最後にサプライズ演出として、白井市職員を代表し、元常総学院応援団長の松田浩明と市マスコットキャラクターのなし坊が登場し、安藤選手の健闘を祈り、会場全員が一丸となって「フレー フレー 美希子、フレー フレー 美希子!」とエールを送りました。

この企画は安藤選手に大喜びしていただき、大成功を収めました。

エールを送る松田となし坊

エールを送る松田となし坊

みんなでエールを送りました

みんなでエールを送りました

あらためて、安藤選手オリンピック出場おめでとうございます。
白井市民だけではなく、日本中の応援がリオに届くと思いますので、ベストを尽くし、オリンピックを心から楽しんできてください!

安藤選手が日本オリンピック委員会「ネクストシンボルアスリート」に選出されました[平成28年6月20日]

日本オリンピック委員会は、NIPPON ATHLETESマーケティングプログラムにおけるネクストシンボルアスリートについて、ウエイトリフティングの安藤美希子選手を選出しました。
ネクストシンボルアスリートは、次世代を担うアスリートとして活躍が期待される選手に贈られるとても名誉なものです。安藤選手、おめでとうございます。

また、6月18日に開催された日本ウエイトリフティング協会主催の壮行会の様子が、いちごウエイトリフティング部ホームページにアップされましたので、あわせてご覧ください。

ネクストシンボルアスリートとは

次世代のシンボルアスリートとして、オリンピックをはじめとする国際総合競技大会において活躍が期待され、オリンピックの理念に賛同する選手を競技団体とともに選出し、日本を代表するに相応しい選手として育成しつつ、本会のオリンピック・ムーブメント推進事業及びマーケティング活動に協力するアスリートです(日本オリンピック委員会ホームページより)。

日本オリンピック委員会ホームページ

いちごウエイトリフティング部ホームページ

オリンピック出場決定おめでとうございます[平成28年5月28日]

日本代表が決定した(左から)三宅選手、八木選手、糸数選手、安藤選手、松本選手

ウエイトリフティング日本代表選手

白井市初のオリンピック選手が誕生

5月28日に「第31回オリンピック競技大会(2016/リオデジャネイロ大会)ウエイトリフティング競技代表選手発表記者会見」が味の素ナショナルトレーニングセンターで開催され、女子58キロ級で安藤美希子選手の日本代表入りが決定しました。

安藤選手、念願のオリンピック代表おめでとうございます。オリンピックに出るという夢をついに叶えた安藤選手をみんなで応援しましょう!

記者会見で「ベスト記録を出して入賞したい!」

安藤選手は記者会見で「初めてのオリンピック出場が決定し、うれしい。オリンピックは世界でも一握りの人しか出場できない大会なので、一つ一つの試技を大切にして、記憶に残る試合にしたい。メダルは厳しいが、自己のベスト記録を出して入賞したい」と意欲を語りました。

白井市民へのメッセージとして「ベストを尽くしますので、応援をよろしくお願いします!」と語ってくれました。

 記者会見で抱負を語る安藤選手 取材に応じる安藤選手
記者会見で抱負を語る安藤選手(左)報道陣の取材に応じる安藤選手(右)

安藤美希子選手のプロフィール

安藤美希子(あんどうみきこ・23歳)さんは白井市出身で白井第一小学校、白井中学校を卒業しました。体育教師を目指すために進学した埼玉栄高校(埼玉県)でウエイトリフティングに出会い、さまざまな大会で優勝を飾りました。

大学は平成国際大学(埼玉県)に進学し、初出場した全日本選手権では日本新記録を挙げて初優勝、その後の大会でも日本新記録を連発、韓国の仁川(インチョン)で開催されたアジア大会では、自身の持つ日本記録を更新し、5位入賞を果たしました。この入賞が評価され、読売新聞社制定「2014年日本スポーツ賞」優秀選手に選ばれる栄誉を手にしました。

現在はいちごグループホールディングス株式会社のウエイトリフティング部に所属し、今年5月に開催された全日本選手権の女子58キロ級では3連覇&5度目の優勝を果たし、リオデジャネイロオリンピックの代表選手に選出されました。

※下記インタビュー記事もご覧ください。

伊澤市長メッセージ

安藤美希子 様

リオデジャネイロオリンピック出場おめでとうございます。

5月22日の全日本選手権で3連覇、5度目の優勝の好成績をおさめられ、五輪への切符を手にし、世界最高峰の舞台で活躍する姿を白井市民あげて応援してまいります。

リオの地でのベストパフォーマンスを期待するとともに、ご活躍をお祈りしております。

平成28年5月28日

白井市長 伊澤史夫

 伊澤市長からのメッセージを読む安藤選手 伊澤市長からのメッセージを読む安藤選手2
伊澤市長からのメッセージを読む安藤選手

お問い合わせ先
企画財政部 しろいの魅力発信課
〒270-1492 千葉県白井市復1123番地
電話番号:047-492-1111
ファックス:047-491-3510

お問い合わせはこちらから

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。