現在の位置

市長からのメッセージ(新型コロナウイルス感染症に係る支援策の進捗状況について)

更新日:2020年6月9日

印刷する

新型コロナウイルス感染症に係る支援策の進捗状況について

 

 緊急事態宣言の解除から2週間が経過しました。市民の皆様には、感染防止のための新しい生活スタイルへのご協力をいただいていることに、深くお礼を申し上げます。

 本日は、白井市が行っている新型コロナウイルス感染症にかかる給付金などの支援策の進捗状況をお伝えします。

 

 まず、特別定額給付金については、5月25日に申請書をお送りし、6月9日時点で、対象となる26,110世帯のうち、約9割の世帯から申請をいただいています。6月17日までには、約20,000世帯への振り込みが完了する見込みです。

 8月26日が申請期限となりますので、まだ申請していない方はご注意ください。

 

 次に、子育て支援策については3種類あり、それぞれの対象となる方には、すでに通知をしています。

 1つ目は子育て世帯への臨時特別給付金です。これは令和2年3・4月分の児童手当の対象となる子ども1人当たり1万円を給付するもので、市で児童手当を受給している世帯には本日6月9日、振り込みを行いました。

 2つ目は子育て世帯応援給付金です。これは18歳までの子ども1人当たり1万円を給付するもので、市で児童手当を受給している世帯には6月22日の振り込みを予定しています。

 3つ目はひとり親家庭等応援給付金です。これは児童扶養手当受給世帯の子ども1人当たり3万円を給付するもので、6月11日の振り込みを予定しています。

 

 最後に、中小企業経営支援金についてです。これは、千葉県の支援金の交付が決定されていることを要件に、事業者に10万円を上乗せして給付するものです。5月25日から申請を受け付けており、申請から2週間から3週間後の振り込みを予定しています。

 

 国では、現在第二次補正予算の審議が行われております。市としましても、国の補正予算の内容を見極めながら、独自の支援策について検討し、迅速に支援ができるよう力を尽くしてまいります。

緊急事態宣言解除にかかる市の対応について(5月26日)

 

 昨日、5月25日、国より緊急事態宣言が千葉県でも解除となり、県民の皆様には、次の3点について具体的な協力の要請がありました。

 1つ目は、「3つの密」の回避や「人と人との距離の確保」、「マスクの着用」、「手洗いなどの手指衛生」をはじめとした基本的感染症対策を継続していただくこと。

 2つ目は、5月31日までは、旅行など都道府県をまたぐ移動は避けていただくこと。

 3つ目は、クラスターが発生しているような施設への外出は、使用停止が解除されるまでは避けていただきたいことの3点です。

 これを受けて、市の各センターなどの公共施設は、6月から順次開館しますが、児童や高齢者関係施設、調理室など、感染症対策の徹底が図りにくい施設は、当分の間、休止を継続します。

 また、保育園は、3つの密が避けられないことから、利用自粛期間を6月30日までとします。

 小中学校については、6月8日(月曜日)から、通常登校を開始します。

 その他の公共施設など、詳細については、ホームページや広報をご覧いただき、不明な点がありましたら、お問い合わせください。

 ご不便をおかけしますが、これまでの努力を無駄にしないためにも、ご理解とご協力をお願いいたします。

 今後、様々な場面において、多くの人出が予測されますが、再び感染拡大や外出自粛とならないために、「3つの密」を避け、感染予防のための新しい生活スタイルを築いていきましょう。

 市では、新型コロナウイルス感染症で生活に影響を受けた方への追加支援について、対策を講じてまいります。

 そして再流行に備え、引き続き、感染症対策や危機管理対応を万全にするとともに、アフターコロナ時代を見据えた行政経営に全力で取り組んでまいります。

特別定額給付金・PCR検査体制について(5月25日)

 

 千葉県において、新型コロナウイルス感染症にかかる新規感染者は5月20日以降確認されていません。
 これは、皆様にご協力いただいている、外出自粛、感染症対策などの、大変な努力の結果であると、心より御礼申し上げます。

 5月1日から受け付けをスタートしました「特別定額給付金」については、すでに、申請いただいている方を除く世帯主の皆さまに、本日、5月25日、申請書類を発送しました。
 内容をご確認いただき、郵送による手続きにご協力をお願いします。
 感染症拡大防止の観点からも、市役所への来庁を避け、申請やお問い合わせは、郵送またはお電話でお願いいたします。
 なお、市に申請書が到着後、2週間から3週間を目途に指定された口座に振り込みをする予定です。

 次にPCR検査体制について申し上げます。

 新型コロナウイルス感染症については、再流行の懸念もあり、印旛地域におけるPCR検査体制の充実を図るため、現在、千葉県と印旛市郡医師会との業務委託による「地域外来・検査センター」の設置について調整が進められています。
 詳細は、協議中ですが、白井市民の皆様がPCR検査を受けやすくなります。
 市としましても、他の印旛郡市8市町とともに、県や医師会に協力し、検査体制の充実にも力を入れてまいります。

 市民の皆様が実践している手洗いの励行、マスクの着用は、ほかの感染症対策にも有効であり、習慣化されつつあると思います。
 これから暑くなりますので、マスク着用の際には、熱中症に特に気をつけていただき、手洗いなど感染症対策に引き続きご協力いただきますようお願いいたします。

市独自支援策の関係予算を可決いただきました(5月16日)

 

 市民の皆さまには、外出自粛、感染症対策にご協力をいただき、ありがとうございます。

 39県で緊急事態宣言が解除され、残る都道府県も解除に向けての動きが見られるところですが、千葉県は、宣言が継続されています。

 新型コロナウイルス感染症に対する市民の皆様への支援策としては、現在、「特別定額給付金」、「子育て世帯への臨時特別給付金」及び「住居確保給付金」を、市民の皆さまのもとへ、いち早くお届けするための作業を職員一丸となって進めています。

 そして、本日、5月16日に、白井市議会初の休日議会をおこない、第2弾として、「子育て世帯への生活支援」と「地域経済支援」の2つの観点から、市独自の3つの支援策を提案し、可決していただきました。

 その内容の一つ目は、「子育て世帯応援給付金」として、18歳までの子ども一人当たりに1万円を給付するもの。

 二つ目は、「ひとり親家庭等応援給付金」として、児童扶養手当受給世帯の子ども一人当たりに3万円を給付するもの。

 三つ目は、「中小企業経営支援金」として、「千葉県中小企業再建支援金」に上乗せして、事業者に10万円を給付するものです。

 市としましては、必要な方に必要な支援が届くよう、引き続きスピード感をもって取り組みを進めてまいります。

 新型コロナウイルス感染症については、常に再流行のリスクも見据え、感染症対策を取り入れた「新しい生活様式」に移行していく必要があると示されています。

 市民の皆さまには、これまで同様、外出自粛、感染症対策に引き続きご協力をいただきますよう、よろしくお願いいたします。

市議会 令和2年第3回臨時会(議案提案理由)(PDF:123.8KB)

各種支援の取り組み状況(5月11日)

 

 市民の皆さまには、長期にわたり外出自粛、感染症対策にご協力をいただき、ありがとうございます。

 長期化により、多方面に大きな影響が出てきています。

 報道等では、外出する人や営業する店舗をとがめる「自粛警察」という言葉も飛び交っていますが、このような時こそ、お互いを思いやる気持ちが大切になってきます。

 5月11日現在、白井市における感染者数は、14人で4月22日を最後に、18日間、確認されておりません。
 罹患された方々には、心からお見舞い申し上げますとともに、一日も早い回復をお祈り申し上げます。

 市では、国の支援策を速やかに着実に実施していくため、マイナポータル等による「特別定額給付金」の申請を、5月1日から受付けています。

 5月8日時点では(5月6日分までの)942世帯2,636人から申請を受け、今月15日には、この分の振り込みをする予定です。今後も順次、振り込みをおこなってまいります。
 マイナポータル等による申請ができない方については、5月25日に申請用紙を発送いたします。詳細については、広報、ホームページをご覧ください。

 また、「子育て世帯への臨時特別給付金」については、6月9日から、順次振込みをスタートします。
 さらに、「住居確保給付金」についての相談も受け付けています。

 そして、5月16日土曜日には臨時議会を予定しており、この場で、市の独自支援策を提案します。
 具体的には、子育て世帯向け支援と、中小企業向け支援等を考えています。
こうした支援を、スピード感をもって進めてまいります。

 市民の皆さまには、引き続き、外出自粛、感染症対策にご理解ご協力をよろしくお願いいたします。

特別定額給付金(4月30日)

 

 初めに、新型コロナウイルス感染拡大防止のための取り組みにご協力いただいておりますことに、お礼申し上げます。

 本日は、白井市での特別定額給付金事業の見通しと、公共施設や学校等の休館、休業について、お伝えします。

 まず、特別定額給付金事業についてです。

 一人当たり10万円を給付する特別定額給付金ですが、市ではマイナンバーカードを利用したオンライン申請を、明日、5月1日から開始いたします。

 書面による申請は、現時点では書類を5月25日に発送するよう準備を進めておりますので、到着をお待ちください。

 給付金がお手元に届くのは、申請の受付から3週間程度と考えています。開始直後は申請が集中するため、通常より時間がかかる場合もございますが、できる限り迅速な給付を目指して、進めてまいります。

 なお、一刻も早く特別定額給付金が必要な方は、申請用紙をダウンロードして郵送により提出することもできます。詳細は、5月1日以降、市ホームページをご覧ください。

 また、子育て世代の生活支援のため、児童手当を受給する世帯に、児童1人あたり1万円を上乗せする「子育て世帯への臨時特別給付金」、休業などに伴う収入減少により、住居を失う恐れのある方に関し給付する「住居確保給付金」についても、準備を進めております。

 

 次に、公共施設や学校等の休館、休業についてです。

 国による緊急事態宣言が出され、3週間が経過しましたが、いまだ先の見えない状況です。

 市では、5月中旬までを休館としていた各センターや図書館、体育施設等の公共施設は、5月31日まで、引き続き、休館とすることに決定いたしました。

 また、臨時休園中の保育所、臨時休業中の小・中学校につきましても、5月31日まで引き続き、休園、休業とすることとしました。

 市が主催する大規模なイベントや行事等につきましては、多くの人が密集する場面が想定されることから、12月31日まで、中止とすることを決定しました。

 なお、今後、新型コロナウイルス感染症の影響により中止となるイベントや行事、事業等の財源を活用した、市独自の支援策についても、出来る限り早急に打ち出してまいりたいと考えております。

 

 長期戦となり、大変苦しい状況であることと思いますが、一日も早く新型コロナウイルスに打ち勝つため、ご理解ご協力をどうぞよろしくお願いいたします。

いのちを守る STAY HOME 週間(4月28日)

 

 初めに、新型コロナウイルス感染拡大防止のための取り組みにご協力いただいておりますことに、お礼申し上げます。

 新型コロナウイルスの感染者は依然として増え続けています。

 大型連休は、例年ならばレジャーや旅行などに行かれる方も多いと思いますが、皆さまのいのちを守り、家族や大切な人を守るためには、この連休中の取り組みが非常に重要になります。

 1都3県では、共同で「いのちを守る STAY HOME 週間」に取り組んでいます。

 これは、感染拡大を防ぐため、4月25日から5月6日までの期間、外出自粛への更なる協力をお願いするものです。

 市民の皆さまには、一刻も早い事態の収束のため、買い物は一人で行くことや、連休中のレジャーや旅行、帰省などを控えていただくなど、これまで以上の感染拡大防止へのご協力をお願いいたします。

市議会において関係予算を可決いただきました(令和2年4月24日)

 

 閣議決定された「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」に関し、国の補正予算成立に先立ち、本日、市議会において関係予算を可決していただきました。

 これにより、「特別定額給付金」、「子育て世帯への臨時特別給付金」、「住居確保給付金」を市民の皆さまに迅速に給付するための事務手続きをスタートいたします。

 給付手続きの詳細については、国の補正予算が決定後、お知らせいたします。

 引き続き、市民の皆さまは、手洗い、咳エチケットや部屋の換気等の感染症予防対策に留意していただき、外出自粛にご協力いただきますようお願いいたします。

市議会 令和2年第2回臨時会(追加議案提案理由)(PDF:116KB)

千葉県知事へ要望書を提出しました(令和2年4月20日)

 

 緊急事態宣言の対象が全国に拡大され、日本全体で新型コロナウィルスに立ち向かわなければならない状況となっています。
 4月18日現在、千葉県内の感染者数は、669名、そのうち市内の感染者数は13名です。
 13名の内訳は、年齢別では、40歳代が3名、50歳代3名、60歳代5名、80歳代2名、性別で言うと、男性6名、女性7名となっております。感染経路については、家庭内感染と思われるケースが多く見られます。
 罹患された皆様には、心からお見舞い申し上げますとともに、一日も早いご回復をお祈り申し上げます。

 感染者に関する情報提供のあり方につきましては、市民の皆さまから、感染拡大の防止や不安解消の視点から、様々なご意見を伺っております。

 市では、人権や個人情報保護に配慮した、感染者等に関する情報提供のあり方について、4月14日に市長会をとおして、千葉県知事に要望を提出したほか、17日に、印旛管内9市町の首長とともに緊急要望書を提出しました。
 また、県からの情報をもとに、速やかにホームページ等で情報を公表しています。市民の皆さまは、国や県、市の情報をもとに、落ち着いた行動を心がけてください。そして、誹謗中傷や不確かな感染者情報などを、うのみにしない、流さないよう、冷静な言動と行動をお願いいたします。

 人々が集まり直接会って、気軽に話し合いができない今だからこそ、市民の皆さま、一人ひとりの思いやりや気遣い、そして、日頃、培われていた絆や豊かな地域コミュニティが大切な意味を持ってくると考えています。
 今、できることを、それぞれの立場で取り組みながらも、市民・事業者・議会・行政が一丸となって、この難局を乗り越えましょう。

 最後に、市民の皆様に再度お願いします。

 ワクチンや治療薬がない現状において、私たちが出来ることは、外出を自粛すること、密閉・密集・密接の3つの密を避けること、手洗いうがい、咳エチケットなどを実践することです。
 ご自分と大切な家族や仲間などの命・健康を守るため、どうかご協力をお願い申し上げます。

新型コロナウイルス感染症対策に関する千葉県への緊急要望について(千葉県市長会HP)

千葉県知事への印旛管内9市町首長による緊急要望書(PDF:73.1KB)

新型コロナウイルス感染症に関する千葉県からの協力要請を受けて(令和2年4月14日)

 

 非常事態宣言から一週間が経過します。今なお、新型コロナウィルスは猛威を振るい、感染者数は、全国で7千人を超えました。
 白井市においても、4月14日現在、6名の感染者が確認されました。これ以上の感染者を増やさないためにも、ご協力をお願いします。

 4月12日には、千葉県から、学校等の教育施設、集会場、体育館、遊興施設、学習塾等、施設の使用停止等の協力要請が出されました。
 関係事業者の方々には、大変苦しい状況だと思いますが、早期収束に向け、ご理解ご協力をよろしくお願いいたします。

 また、新型コロナウィルス感染症の影響を受け、休業などにより生活に困っている世帯に対する支援として、国では、生活支援臨時給付金の支給が検討され、市でも準備をすすめております。詳しいことが決まりましたら、広報やホームページなどでお知らせいたします。

 事態は、日々変化しており、インターネット上では、フェイクニュース(不確実な噂)も出回っております。

 ご自宅にいても、こうした多くの情報や先の見えない不安から、心が休まらない日々をお過ごしのことと思いますが、一日も早く元の生活に戻るためには、一人ひとりの市民の皆さんの行動がカギとなります。

 市役所は規模を縮小しつつ、業務をおこなっていますが、来庁しなくても済む場合もありますので、なるべく外出しない方法をお取りください。

 噂に流されず、「密閉」「密集」「密接」の場を避け、外出の自粛に努めていたただきますよう、切にお願いいたします。

緊急事態宣言を受けた市の対応状況について(令和2年4月9日)

 新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、4月8日現在、白井市でも5名の感染者が確認されています。
 感染された方々の一日も早い回復をお祈り申し上げます。

 4月7日に、国により緊急事態が宣言され、その対象地域に含まれている千葉県から、次の3点の要請がありました。
1点目 生活の維持に必要な場合を除き、昼夜を問わず、みだりに自宅等から外出しないこと
2点目 事業者の方に対する感染防止措置に関する協力の依頼
3点目 催し物の開催を自粛することに関する協力の依頼の3点です

 これを受け、白井市では、テニスコートや野球場などの社会体育施設の利用を5月6日まで、また学校体育施設の一般開放及び、図書館の予約による本の貸し出しも5月中旬まで休止といたしました。
 市が主催するイベントなどについては、3月からすでに延期、中止しており、引き続き、継続してまいります。

 市民の皆様には、外出の制限など、ご不便をおかけしておりますが、すべて新型コロナウイルス感染拡大を防止するための取り組みですので、ご理解いただきますよう、お願いいたします。

 感染予防には一人一人の手洗いや咳エチケットの徹底が、大切です。

 そして「密閉(みっぺい)」「密集(みっしゅう)」「密接(みっせつ)」している場所、いわゆる「3つの密」を避けることが感染予防、集団発生防止には重要な取り組みです。

 とりわけ市民の皆様にお願いしたいことは、必要以上に昼夜を問わず自宅から外出しないことです。
 これらの取り組みを継続していくことが、これから先、新型コロナウイルス感染症の収束のため、大変大事なこととなります。

 一日も早く、新型コロナウイルス感染症が収束するよう、市も国、県と連携を密にしながら取り組んでまいります。
 また、市として出来る限りの対応を進めるとともに、迅速かつわかりやすい情報発信に努めてまいります。

 市民の皆様には、冷静な行動とご自身の健康管理を心がけていただきますよう、よろしくお願いいたします。

新型コロナウイルス感染症に関する緊急事態宣言を受けて(令和2年4月8日)

 7日、安倍首相から新型コロナウイルス感染症に関する緊急事態宣言が発出されました。

 都市部を中心に感染者数が急増しており、市内においても今後感染者数が増加することが想定されます。

 市民の皆様におかれましては、感染拡大を防止するため、生活の維持に必要な場合を除き、昼夜を問わず、みだりに自宅等から外出しないようお願いいたします。

 今こそ、市民一人ひとりの行動を変えることが大切な時です。大切な人を守るために、今何をするべきかを考えて行動してください。

 早期収束に向けて、皆様のご協力をお願いいたします。

市内における新型コロナウイルスの感染状況について(令和2年4月7日))

 4月6日現在、白井市内において、4人の新型コロナウイルス感染者が確認されています。 

 新型コロナウイルス感染症の感染状況については、保健所を所管している千葉県が検査や感染経路、行動歴、濃厚接触者の調査を行っています。

 市では、その結果を速やかにホームページで市民の皆様にお知らせをしていますが、現在の法律では、非公表を希望する患者の個人情報について、保健所には公表する権限がないとのことです。

 市民の皆様からは、感染防止のため、感染者に関する詳細な情報を公表して欲しいとのご意見が多く寄せられており、ご心配されるお気持ちは十分に理解しております。

 市としましては、保健所に対して、公表された感染者に関して、行動歴など調査中とされた情報の公表を要請していきたいと考えておりますので、ご理解いただきますよう、お願いいたします。

 この新型コロナウイルスに打ち勝つには、市民・行政・医療機関など、すべての力を結集し、対応しなければなりません。

 市では、感染拡大を防止するため、国や千葉県との連携を密にしながら一層対策に取り組んでいきますので、市民の皆様には、今できる感染予防を意識した行動を実践していただきますよう、重ねてお願い申し上げます。

新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防ぐために(令和2年4月3日)

 新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、東京都では緊迫した状況となっており、千葉県内においても日々、感染者は増えています。

 感染予防には一人一人の手洗いや咳エチケットの徹底が、大切です。

 そして、「密閉」「密集」「密接」している場所、いわゆる「3つの密」を避けることが感染予防、集団発生防止には大変重要な取り組みです。

 このことから、市では、市民の皆様の命と健康を守ることを最優先に、5月中旬まで、市の施設は休館、主催事業も自粛としました。

 昨日2日には、千葉県知事から夜間と週末の不要不急の外出を、12日まで自粛するよう要請がありました。

 収束の見通しが立たず、不安に感じていることと思いますが、これ以上の感染拡大を防止するため、ご協力をお願いいたします。

 国や県では、感染拡大による社会、経済機能への影響を最小限に抑えるため、各種支援策を実施しています。

 市も広報やホームページでお知らせしていますので、ぜひ、ご確認をお願いします。

新型コロナウイルス感染症感染拡大防止による都内への外出自粛について(令和2年3月27日)

 

市長メッセージ

 新型コロナウイルス感染症については、3月26日現在、市民の皆さんのご協力により、白井市では1人の感染者もいない状況です。

 しかしながら、東京都では感染爆発「オーバーシュート」の可能性も出てきたことから、千葉県からは「密閉空間」「密集場所」「密接場面」の『3つの密』を避ける行動とともに、「今週末の都内への不要・不急の外出の自粛」の要請がありました。

 市民の皆さんには、今週末の3月28日(土曜日)、29日(日曜日)は東京都内への不要・不急の外出を自粛していただくとともに、『3つの密』を避ける行動や手洗い、咳エチケットなど、一人一人が感染予防に努めていただくよう、何卒、ご協力をお願いいたします。

 この難局を、一緒に乗り越えましょう!

関連リンク

新型コロナウイルス感染症

お問い合わせ先
総務部 秘書課 秘書班
〒270-1492 千葉県白井市復1123番地
電話番号:047-401-7240
ファックス:047-491-3510

お問い合わせはこちらから

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。