現在の位置

ごみの組成分析調査結果

更新日:2016年3月2日

燃やすごみを減らし限りある資源を大切に使いましょう

 市と印西地区環境整備事業組合では、共同でごみの基礎的なデータを集めるため、家庭から出される「燃やすごみ」の中身の分析調査を実施しました。

 調査の結果、生ごみや汚れた紙などの「燃やすごみ」が75.0パーセント、雑紙やプラスチック製容器包装類などの「資源物」が24.8パーセント入っていることが分かりました。

 燃やすごみの中で特に多くの割合を占めていたのは「生ごみ」です。このことから燃やすごみの減量化には、生ごみの量を減らすことが重要であることが分かります。

 また、資源物の中で多くの割合を占めていたのは、新聞紙や雑誌などの「資源になる紙」です。資源化には分別の徹底が重要であることが分かります。

 燃やすごみは印西クリーンセンターで焼却処理をしており、ごみの量が減ることで収集運搬や焼却処理費用の削減につながります。

 市では、ごみ減量講座やごみ処理施設見学会、広報などを通して「ごみの資源化・減量化」についての呼びかけをしています。ごみの正しい分別と減量化に協力をお願いします。

 

燃やすごみの組成分析結果(PDF:96.2KB)

ごみ減量化・資源化基本方針(行動ガイドライン)の改訂版を策定しました

お問い合わせ先
市民環境経済部 環境課 きれいなまちづくり班
〒270-1492 千葉県白井市復1123番地
電話番号:047-492-1111
ファックス:047-492-6377
お問い合わせはこちらから

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。