現在の位置

平成24年度当初予算編成過程の公表

更新日:2015年3月9日

印刷する

当初予算編成の透明性を図るため、2回に分けて、当初予算の要求状況と査定状況の概要を市ホームページと情報公開コーナー(市役所1階)において公表します。

公表内容

  • 「目的別要求・査定状況(一般会計)」・・・一般会計の行政の目的別歳出(支出)について、要求額・査定額を示したもの。
  • 「主要事業の要求・査定状況」・・・重点事業を含む、平成24年度に特に取り組む事業や新規に取り組む事業について、要求・査定状況を示したもの。

財政課による査定の概要(平成24年1月10日現在)

担当課からの要求状況

平成24年1月10日現在の平成24年度当初予算要求額は171億5,070万9千円となりました。
主な増額要因としては、中学校施設改修事業(3億9,507万9千円増)、小学校校舎増築事業(4億9,495万円増)、地方債の元金償還金(7,331万1千円増)、印西地区消防組合負担金(6,568万円増)、障害福祉サービス費(4,308万6千円増)、子ども医療費(3,834万4千円増)などがあります。
主な減額要因としては、子ども手当(5億8,796万7千円減)、学童保育所設置工事(3,299万1千円減)、印西地区環境整備事業組合負担金(3,281万9千円減)などがあります。
平成23年度当初予算に比べ、歳出全体で7億6,292万2千円の増となっています。
要求額は現時点での集計によるもので、今後変更する可能性があります。

財政課による査定状況

平成24年度一般会計当初予算の財政課査定額は162億9,215万2千円となりました。
主な査定内容としては、国の第3次補正予算に関連し、大山口中学校校舎耐震補強工事と白井第三小学校体育館耐震補強工事を平成23年度に前倒しで実施することができるため、8億90万4千円の減額査定をするとともに、平成23年度予算額をベースに緊急性・必要性を考慮し、査定を実施したことにより、歳出全体で要求額に比べ、8億5,855万7千円の減となっています。

目的別要求・査定状況(一般会計)(平成24年1月10日現在)(PDF:40.3KB)

主要事業の要求・査定状況(平成24年1月10日現在)(PDF:35.3KB)

市長による査定の概要(平成24年1月27日現在)

市長による査定状況

平成24年度一般会計当初予算案については、市長査定を経て、162億9,763万円となりました。
各担当課から復活要求があった次の3事業については、市民生活に支障が生じることがないよう、事業の緊急性や要望などを踏まえ、計画的に実施することとして、それぞれ増額をしました。

  • 市道維持修繕事業(道路修繕費)800万円増
  • 地域防災計画推進事業(災害時要援護者支援システム経費)159万4千円増
  • 社会体育施設管理運営事業(体育施設営繕設計委託料)183万千円増

目的別要求・査定状況(平成24年1月27日現在)(PDF:15.4KB)

主要事業の要求・査定状況(平成24年1月27日現在)(PDF:306.4KB)

関連リンク

平成24年度当初予算編成方針

平成24年度当初予算編成方針

お問い合わせ先
企画財政部 財政課 財政班
〒270-1492 千葉県白井市復1123番地
電話番号:047-401-6658
ファックス:047-491-3510

お問い合わせはこちらから

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。