現在の位置

成年後見制度講演会を開催【満員】

更新日:2020年1月28日

印刷する

事例・実例から知る 成年後見制度講演会を開催します

 認知症や知的障がい者、精神障がい者など判断能力の不十分な方々に対し、その方の権利を守る援助者を決め、財産管理や生活の見守りなどを通して支援する制度が「成年後見制度」です。
 市では、成年後見制度の実際について知っていただくとともに、制度の利用について個別に相談し助言を受ける機会とするため、下記のとおり、講演会を実施します。

第1回「成年後見制度の利用と生活イメージ(実例から)」・個別相談会

※終了しました。

第2回「任意後見契約・死後事務委任契約・遺言」 

※終了しました。

 

第3回「家族信託とは(成年後見制度、遺言との違い)」 : 受付終了

※定員に達したため、受付を終了しました。多数のお申込みをいただきありがとうございました。

【2月21日時点】 予定どおり開催しますが、発熱等の風邪の症状が見られるときには、参加を見合わせてくださいますようお願いいたします(欠席に関する事前連絡は不要です)。

日時 令和2年2月28日(金曜日) 午後1時30分から午後3時30分

場所 白井市保健福祉センター3階 団体活動室

講師 遠藤英嗣弁護士

定員 60名

 

※費用はいずれも無料です。

※講演会及び個別相談会の運営を、市がNPO法人 成年後見なし坊あんしんサポートに委託しています。

 

お問い合わせ先
福祉部 高齢者福祉課 地域包括支援センター
〒270-1492 千葉県白井市復1123番地
電話番号:047-492-1111
ファックス:047-491-3510

お問い合わせはこちらから