現在の位置

白井市産しいたけ(原木・露地栽培)の放射性物質検査結果に伴う出荷制限について

更新日:2015年3月1日

白井市産しいたけ(原木・露地栽培)について放射性物質検査を実施した結果、国が定めた基準値を超える放射性物質が検出されました。
このため、原子力災害対策本部長よりしいたけ(原木・露地栽培)の出荷制限について指示がありました。

つきましては、当市産しいたけ(原木・露地栽培)を出荷しないようお願いいたします。
なお、今回出荷制限の対象となっているのは、露地栽培の原木しいたけのみです。

分析結果

採取日

平成24年4月6日(金曜日)

品目

しいたけ(原木・露地栽培)

放射性セシウム134

1キログラムあたり310ベクレル

放射性セシウム137

1キログラムあたり430ベクレル

放射性セシウム134と137の合計

1キログラムあたり740ベクレル

分析機関:財団法人千葉県薬剤師会検査センター

「検出せず」とは、放射性物質が存在しない、又は検出限界値未満であることを示します。
なお、検出限界値は以下のとおりです。
放射性ヨウ素1キログラムあたり131:5.0ベクレル
放射性セシウム1キログラムあたり134:5.0ベクレル
放射性セシウム1キログラムあたり137:5.0ベクレル

【参考】
基準値(一般食品):放射性セシウム1キログラムあたり100ベクレル

平成26年4月現在も出荷制限が継続されています。

お問い合わせ先
市民環境経済部 産業振興課 農政班
〒270-1492 千葉県白井市復1123番地
電話番号:047-492-1111
ファックス:047-491-3510

お問い合わせはこちらから