現在の位置

平成27年2月10日定例記者会見

更新日:2019年8月15日

印刷する

報告事項及び主な取り組みについて

1.平成27年度当初予算の概要

 平成27年度当初予算は、4月に市長選挙が予定されているところですが、第4次総合計画の最終年度となることなどから、第4次総合計画、後期基本計画に基づく第2次実施計画事業を着実に推進するため、通年予算を編成しました。

1.当初予算規模
 ・一般会計 169億2,000万円(対前年度比 6.0%減)
 ・特別会計(5会計) 123億8,815万円(対前年度比12.9%増)
 ・一般会計と特別会計の合計 293億  815万円(対前年度比 1.2%増)

 ・水道事業会計
  収益的支出(3条予算) 4億8,601万7千円(対前年度比 1.5%増)
  資本的支出(4条予算) 1億4,167万2千円(対前年度比77.6%増)

2.当初予算の主な内容
 平成27年度当初予算の概要に掲載した、「7.平成27年度年度主要事業」 (P22~P24)
第2編 目的別計画
≪1章 安心して子育てできるまちを築く≫
・子ども医療費助成事業 223,678千円
・学童保育所事業 48,536千円(新規)
(池の上学童保育所建替)
・学校給食共同調理場建替事業 34,972千円

≪2章 安心して暮らせるまちを築く≫
・市役所庁舎整備事業 173,506千円
・地域防災計画推進事業 74,915千円
・障害福祉サービス事業 3,670千円
(障害者計画の策定)
・介護老人施設整備補助事業 63,000千円
・生活困窮者自立支援事業 14,337千円(新規)

≪3章 健康で暮らせるまちを築く≫
・健康づくり普及推進事業 4,767千円
(しろい健康プランの策定)
・感染症予防事業 125,822千円

≪4章 元気に活躍できるまちを築く≫
・コミュニティ施設整備・管理事業 689千円
(西白井地区コミュニティ施設の建設に向けた検討)
・農業生産技術・経営改善支援事業 28,448千円
・農産物ブランド化推進事業 2,198千円
・工業団地アクセス道路整備事業 11,697千円

≪5章 みどり豊かで快適なまちを築く≫
・谷田・清戸地区里山保全推進事業 396千円
・省資源・省エネルギー推進事業 11,332千円
 (住宅用太陽光発電システム設置費補助及び高効率給湯器設置費補助)
・都市公園等整備事業 7千円
・市道新設改良事業 92,664千円
・橋梁維持事業 86,127千円
・配水施設整備事業 107,930千円
・雨水排水施設整備事業 130,860千円
・鉄道交通推進事業 29,868千円

第3編 計画を推進するために
≪2章 市民参加・協働≫
・白井市PR事業 3,461千円

≪実施計画事業以外の事業≫
・認知症施策の推進に要する経費 1,613千円
・放射能対策事業に要する経費 16,475千円

≪平成26年度予算を繰り越して実施する事業≫
実施計画事業(第2編 目的別計画 1章 安心して子育てできるまちを築く)
・小学校施設改修等事業 1,192,861千円
(平成26年度予算に補正計上し繰越)
・中学校施設改修等事業 1,157,750千円
(平成26年度予算に補正計上し繰越)

※ 章や編は、後期基本計画の各章・編です。

平成27年度当初予算の概要(PDF:558.8KB)

問い合わせ先

財政課財政班(内線3331)

2.白井市庁舎整備基本計画設計案について

 市役所庁舎は、耐震性能の不足や施設・設備の老朽化など多くの課題があることから、平成25年度に市議会議員、有識者、公募市民などで構成される「白井市庁舎建設等検討委員会」を設置して整備に向けた検討を進めています。
 このたび、白井市庁舎整備基本設計(案)がまとまりましたので、広報しろい2月1日号や市ホームページ、住民説明会などで基本設計案の内容をお知らせしているほか、パブリックコメント(意見公募)で広く意見を募集しています。

基本設計案の主な内容

(1)基本方針
1.市民を守る防災・防犯拠点としての庁舎
・庁舎の耐震性を確保し、災害対策室などを設置します。
・(仮)印西警察署分庁舎を設置し、市内の事件事故への迅速・的確な初動対応を図ります。また、運転免許証の住所変更などを行う警察窓口として、市民の利便性向上を図ります。
2.すべての利用者にやさしい庁舎
・ユニバーサルデザインやバリアフリーにより「わかりやすい」「利用しやすい」庁舎とします。
・庁舎と保健福祉センターの間に新庁舎を建設することにより、3棟の一体利用を図ります。
3.個人情報、行政情報のセキュリティを強化した庁舎
・サーバー室などのセキュリティを強化します。
4.効率的で働きやすい庁舎
・適正な執務室や会議室、書庫等の面積を確保し、執務室の床はOAフロアとします。
5.市民の声が集約される議会機能を確保した庁舎
・適正な規模の議場や委員会室、議員控室を確保します。
・議場及び傍聴席をバリアフリー化します。
6.市民協働・市民活動に配慮した庁舎
・市民活動推進センターを設置します。
・多目的スペースを設置します。
7.市のシンボルとして市民が親しみをもてる白井市らしい庁舎
・市民が「季節の移ろい」「安らぎ」を感じられるよう樹木の種類や配慮を考慮します。
・梨棚をイメージした車寄せなどを設置します。
8.環境に配慮した庁舎
・太陽光発電を設置し、LED照明、中水利用(雨水をトイレ洗浄水に利用)等を導入します。
9.市民の親しみと良好な職場環境が経済的に持続可能(サスティナブル)な庁舎
・建設事業費や維持管理費の抑制を重視します。
10.未来を見据え、変化にフレキシブルに対応できる庁舎
・組織等の変化によるプランの変更に対応可能な計画とします。
・メンテナンスや将来の更新を考慮した設備計画とします。
(2)計画概要
減築改修棟
・構造 鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)
・階数 地上4階、地下1階
・面積 地下1階1,119.24平方メートル/1階1,497.72平方メートル/2階1,020.33平方メートル/3階1,105.81平方メートル/4階1,105.81平方メートル/屋上27.28平方メートル/合計5,876.19平方メートル

新築棟
・構造 鉄骨造(S造)
・階数 地上4階
・面積 1階1,455.24平方メートル/2階1,269.25平方メートル/3階1,328.28平方メートル/4階453.90平方メートル/合計4,507.07平方メートル

減築改修棟、新築棟の面積合計
・地下1階1,119.24平方メートル/1階2,952.96平方メートル/2階2,289.58平方メートル/3階2,434.49平方メートル/4階1,559.71平方メートル/屋上27.28平方メートル/合計10,383.26平方メートル

渡り廊下棟
・構造 鉄骨造(S造)
・階数 地上2階
・面積 1階153.39平方メートル

渡り廊下棟を含む減築改修棟、新築棟の面積合計
・地下1階1,119.24平方メートル/1階3,106.35平方メートル/2階2,289.58平方メートル/3階2,434.49平方メートル/4階1,559.71平方メートル/屋上27.28平方メートル/合計10,536.65平方メートル

(3)事業費概算(諸経費込み、消費税別)
 1.新築棟建設工事     1,995,076千円
 2.既存棟減築改修工事   1,795,584千円
 3.外構整備工事        173,580千円
 4.渡り廊下棟建設工事      85,560千円
 5.保健福祉センター改修工事   36,956千円
 6.附帯費用            5,382千円
    総建設費      4,092,138千円

(4)今後のスケジュール(予定)
  平成27年度・・・・実施設計
  平成28年度・・・・1期工事(新築工事)
  平成29年度・・・・2期工事(減築改修工事)
  平成30年4月・・・全庁開庁

なお、基本設計案の概要については、別添「白井市庁舎整備基本設計(案)-概要版-」をご覧ください。

【パブリックコメント】
募集期間 1月28日(水曜日)~2月17日(火曜日)
閲覧場所 市役所、図書館、福祉センター、各センター、市ホームページ(ただし、閉庁日を除く)
対象 市内在住・在勤・在学者、市内に事業所を有する法人・団体など

【住民説明会】
日時 2月7日(土曜日)午前10時~正午
場所 保健福祉センター 3階団体活動室
対象 市内在住・在勤・在学者、市内に事業所を有する法人・団体など
参加人数  33人

白井市庁舎整備基本設計(案)概要版(PDF:2.8MB)

用語解説集(PDF:182.5KB)

問い合わせ先

管財契約課管財契約班(内線3347)

3.原子力損害賠償紛争解決センターへの和解あっせんの申し立てについて

 白井市は、東京電力株式会社 福島第一原子力発電所事故への対策に要した費用について、原子力損害賠償紛争解決センターに対し東京電力株式会社との和解のあっせんを申し立てることとしました。
 申立ての時期については、平成27年第1回白井市議会定例会の議決を得て、速やかに行う予定です。

1. 申立金額 3億2,134万1,980円
 平成25年度までに発生した費用の総額4億3,952万1,372円から、国・県等補助金及び東京電力株式会社からの賠償金等の歳入済額の合計1億1,817万9,392円を除いた額です。
 なお、東京電力株式会社には、放射線対策室職員給与等を除く2億6,637万7,113円の賠償金を請求してきましたが、これまで1,013万80円の支払いにとどまっています。
【申立金額の内訳】
・除染及び廃棄物対策費用 2億4,193万8,724円
・正規職員人件費 7,153万7,975円
(うち放射線対策室職員給与等 6,509万6,375円)
・検査・測定費用 767万4,471円
・広報・広聴費用 18万7,580円
・その他の費用  3,230円

2.申立ての理由
 当市は、これまで東京電力株式会社に対し原因者責任による負担の観点から賠償金の請求を行い、また、千葉県及び関係市等とともに「原子力損害賠償に係る質問状」を提出するなどして十分かつ速やかな支払いを求めてきました。
 しかし、同社は賠償に対し消極的な姿勢を変えておらず、今後、当事者間での交渉を続けても具体的な進展が期待できないことから、原子力損害賠償紛争解決センターの活用が適当と判断したものです。

問い合わせ先

環境課放射線対策室(内線3288)

4.ホームページのリニューアルについて

 平成27年3月1日にホームページのリニューアルを行います。
 平成22年3月に市ホームページを管理するためのシステム(CMS)のリニューアルを行いましたが、ニーズの多様化や情報量の増加等に伴い、必要な情報にたどりつくことができないなど、様々な課題が浮上しています。そこで、そのような課題の解消及び更なるサービスの向上を目的とし、以下の基本方針に基づいて、リニューアルします。

基本方針

1.利用者が必要とする情報に簡単にたどりつくサイト構造・デザインとすること
2.白井市の魅力・特色を市内外へ効果的に発信できる機能や仕組みを有すること
3.全ての利用者層にとって利用しやすいホームページであること
4.市からのサービスをより身近に利用できるための工夫がされていること
5.全職員が容易にコンテンツ作成・更新・管理ができるCMSであること
6.災害発生時等の緊急時でも継続して即座に情報を提供できること

 デザインについては、現在の文字中心のデザインではなく、写真やイラストを用いて見やすくして、利用者の方々に親しみを持ってもらえるよう、イメージカラーは白井市をイメージしたオレンジと緑としています。

 また、白井市の魅力を市内外へ発信するため、今回のリニューアルを機に「子育てに関する情報を集約したページ」や「白井市の特産品を紹介するページ」など新しい要素を取り入れ、充実したホームページとなるよう公開に向けて準備を進めております。

問い合わせ先

企画政策課情報管理班(内線3357.3358)

5.ふるさと納税(まちづくり寄附金)のお知らせ

 市では、 市のまちづくりに賛同し、応援しようとする方々から広く寄附金を募り、その寄附金を財源として寄附者の意向を反映した事業を展開することにより、さまざまな人々の参加による魅力あるまちづくりを進めてきました。
 この制度は、寄附者が自らの寄附金の使い道を指定することにより、具体的なイメージを持って市のまちづくりに参加することができる制度です。
 今回、市ではこの制度の更なる充実を図るため、寄附をいただいた方に対するお礼として特典品の発送を始めることとしました。特典品を発送することにより、自主財源の確保はもとより特産品である梨をはじめとした農産物を活用することでシティープロモーションにもつながり、農業振興、地場産業の活性化の一助にもなります。
 また、これに伴い事務量の増加が想定されることからふるさと納税業務の一括代行業務で実績のある株式会社サイネックスとの間に協定書を締結し、事務負担の軽減のみならず、ふるさと納税制度の活用を官民協働で実施することで自主財源の確保を情報発信と情報通信技術により促進することができものと考えています。

1.開始時期
平成27年3月23日(月曜日)よりWEBサイトリニューアル
2.一括業務の内容
ふるさと納税に関する事務作業(寄附申込みの受付、特典の発注・管理、寄附証明書やPRチラシ、WEBページの作成など)、特典の掘り起しなど
3.特典品
 梨、米、果樹、ふるさと産品認定商品、キャラクターグッズなどのなかから
 10,000円以上 30,000円未満 で1品
 30,000円以上で3品

問い合わせ先

企画政策課企画政策班(内線3353)

6.プラネタリウムのリニューアルオープンについて

 美しい星空を再現する光学式プラネタリウム「クロノス2.(五藤光学研究所社製LED仕様)」と宇宙空間移動も容易なデジタル式プラネタリウム「ステラドームプロ(アストロアーツ社製)」へ更新し、市民のライフステージに応じた様々なプログラムを展開します。

リニューアルオープン行事


【リニューアル内覧会】
4月28日(火曜日)15時から (後日詳細をご連絡します)
【記念式典】
5月2日(土曜日)11時から
【記念投映】
 5月2日(土曜日)13時より1時間ごとに4回
 5月3日(日曜日)10時より1時間ごとに6回(12時はなし)
・1回約30分間 新投映機の機能の一部を披露する。
・料金は無料で午前の部は9時から、午後の部は12時から
・図書館棟3階窓口で整理券配布 ひとり同じ時間帯5枚まで
【リニューアル記念番組】
 題名 「プラネタリウムが新しくなりました」(仮)
 日時:5月9日(土曜日)から31日(日曜日) 土・日曜日13時30分と15時
 内容:星空の解説後、観覧者2人(くじ引きで選出)が下記から選んだ星空にご案内。
1.自分(どなたか)の誕生日・記念日(指定された日時の星空解説)
2.地球上のどこかの指定された場所
3.過去の天文現象 a(1910年5月のハレー彗星)またはb(2001年11月18日-19日のしし座流星群)
4.未来の天文現象 2035年9月2日の皆既日食
5.太陽系の旅(火星・木星・土星)
 観覧料:市内在住 大人210円 子ども100円
      市外在住 大人320円 子ども160円
 定員:86人 投映開始時刻30分前から図書館棟3階窓口で券売
 ・子ども向けは日曜日11時30分から「ロイ君とみんなのうちゅうりょこう」
【ひと昔前のプラネタリウムの展示】 
 期間:5月2日(土曜日)から31日(日曜日)まで
 場所:郷土資料館前ギャラリー
 内容:スライドやプロジェクタ、スライド制作方法、リーフレット類等を展示

更新前
【ラストラン G1014si 21年間ありがとう】
 2月15日(日曜日)までの土・日曜日13時30分と15時
・現在の光学式プラネタリウムの使用は2月15日(日曜日)まで。
【星空とともに】
 2月14日(土曜日)16時10分 無料 
・15時40分から図書館棟3階窓口で整理券配布
・仙台市天文台制作 311震災時の星空の記憶を留める番組

問い合わせ先

文化課郷土・プラネタリウム班(内線5531)

7.第13回環境フォーラムについて

【趣旨】
市民・市民団体・事業者・市が一体となり環境保全活動を実施していくための契機となるよう環境フォーラムを開催します。

【実施日時・場所】
日時:平成27年3月7日(土曜日)
        パネル展示 午前10時から午後4時
      事例発表 午後1時から4時30分
場所:白井市文化会館2階研修室(パネル展示),中ホール(事例発表)

【主催者】
白井市環境フォーラム実行委員会

【内容】 テーマ:「自らの手で守ろう、ふるさと白井の自然と環境」
 1.事例発表
・白井こどもエコクラブ
・東邦大学理学部生命圏環境科学科
 保全生態学研究室 川井田 美枝 氏
・白井市まちづくり審議会副会長
 元白井市景観基本計画等検討委員会委員長
 一級建築士 竹本 清一 氏
・白井再生可能エネルギー協議会 北澤 告一 氏
・株式会社佐久間 佐久間 仁宣 氏
 2.レクリエーション
・「環境漫才とミニゲーム」  京葉ガス株式会社・東京ガス株式会社
 3.市内の小学校や環境団体による環境保全活動に関するパネル展示

問い合わせ先

環境課環境保全班(内線3277)

行事予定(2月から5月)

27年2月から5月までの行事予定は、添付ファイルを参照ください。

行事予定(27年2月から5月)(PDF:151.3KB)

平成27年第1回議会定例会について

会期:平成27年2月13日(金曜日)から3月19日(木曜日)(35日間)
一般質問:14人(31項目)

平成27年第1回市議会定例会提案議案
議案第1号 政治倫理審査会委員の委嘱について(総務課)
・議案第2号 政治倫理審査会委員の委嘱について(総務課)
・議案第3号 政治倫理審査会委員の委嘱について(総務課)
・議案第4号 政治倫理審査会委員の委嘱について(総務課)
・議案第5号 政治倫理審査会委員の委嘱について(総務課)
・議案第6号 政治倫理審査会委員の委嘱について(総務課)
・議案第7号 白井市教育長の職務に専念する義務の特例に関する条例の制定について(総務課)
・議案第8号 白井市地域包括支援センターの職員に係る基準等を定める条例の制定について(高齢者福祉課)
・議案第9号 白井市指定介護予防支援等の事業の人員及び運営並びに指定介護予防支援等に係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準を定める条例の制定について(高齢者福祉課)
・議案第10号 地方教育行政の組織及び運営に関する法律の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整理に関する条例の制定について(総務課)
・議案第11号 児童福祉法の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整理に関する条例の制定について(社会福祉課)
・議案第12号 白井市保育所設置管理条例の一部を改正する等の条例の制定について(児童家庭課)
・議案第13号 白井市附属機関条例の一部を改正する条例の制定について(総務課)
・議案第14号 白井市行政手続条例の一部を改正する条例の制定について(総務課)
・議案第15号 白井市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例の制定について(総務課)
・議案第16号 白井市税条例の一部を改正する条例の制定について(課税課)
・議案第17号 白井市手数料条例の一部を改正する条例の制定について(財政課)
・議案第18号 白井市介護保険特別会計保険事業勘定介護給付費準備基金条例の一部を改正する条例の制定について(高齢者福祉課)
・議案第19号 白井市文化会館の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について(文化課)
・議案第20号 白井市介護保険条例の一部を改正する条例の制定について(高齢者福祉課)
・議案第21号 白井市指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例の制定について(高齢者福祉課)
・議案第22号 白井市指定地域密着型介護予防サービスの事業の人員、設備及び運営並びに指定密着型介護予防サービスに係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準を定める条例の一部を改正する条例の制定について(高齢者福祉課)
・議案第23号 印旛郡市広域市町村圏事務組合規約の一部を改正する規約の制定に関する協議について(企画政策課)
・議案第24号 印旛郡市広域市町村圏事務組合の共同処理する事務の変更に伴う財産処分に関する協議について(企画政策課)
・議案第25号 契約の変更について(上下水道課)
・議案第26号 あっせんの申立てに関し議決を求めることについて(環境課)
・議案第27号 白井市道路線の認定、変更及び廃止について(道路課)
・議案第28号 平成26年度白井市一般会計補正予算(第8号)について(財政課)
・議案第29号 平成26年度白井市一般会計補正予算(第9号)について(財政課)
・議案第30号 平成26年度白井市国民健康保険特別会計事業勘定補正予算(第2号)について(保険年金課)
・議案第31号 平成26年度白井市介護保険特別会計保険事業勘定補正予算(第2号)について(高齢者福祉課)
・議案第32号 平成26年度白井市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)について(保険年金課)
・議案第33号 平成26年度白井市下水道事業特別会計補正予算(第4号)について(上下水道課)
・議案第34号 平成26年度白井市学校給食共同調理場事業特別会計補正予算(第4号)について(学校教育課)
・議案第35号 平成26年度白井市水道事業会計補正予算(第4号)について(上下水道課)
・議案第36号 平成27年度白井市一般会計予算について(財政課)
・議案第37号 平成27年度白井市国民健康保険特別会計事業勘定予算について(保険年金課)
・議案第38号 平成27年度白井市介護保険特別会計保険事業勘定予算について(高齢者福祉課)
・議案第39号 平成27年度白井市後期高齢者医療特別会計予算について(保険年金課)
・議案第40号 平成27年度白井市下水道事業特別会計予算について(上下水道課)
・議案第41号 平成27年度白井市学校給食共同調理場事業特別会計予算について(学校教育課)
・議案第42号 平成27年度白井市水道事業会計予算について(上下水道課)
・議案第43号 一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定について(総務課)

なお、議案の概要は添付ファイルを参照ください。

平成27年第1回議会提案議案等概要(PDF:206.6KB)

地図情報

大きな地図で見る(GoogleMapページへ)

お問い合わせ先
総務部 秘書課 広聴・魅力発信班
〒270-1492 千葉県白井市復1123番地
電話番号:047-492-1111
ファックス:047-491-3510

お問い合わせはこちらから

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。