現在の位置

地産地消☆しろいのおすすめ農産物♪自然薯レシピ♪

更新日:2017年12月18日

「地元で採れるものを地元で消費する。」

地産地消を白井市は推進しています。

 

白井産の食材で食卓をいっぱいにしませんか?

 

白井産の食材を使った『地産地消レシピ』を掲載しています。こちらのページは、自然薯のレシピ集になります。

 

地元が生産された新鮮な食材を利用して毎日の食事にご活用ください。

 

自然薯の豆知識

自然薯は日本原産種で、古来より薬用植物として重宝されてきました。ヤマトイモやナガイモよりも粘りが強く、すりおろして箸でつまむと、かたまりで持ち上がってしまうほどです。強い粘りとほのかな土の香りがする甘みは、滋味深いもので、大地の恵みをいただいているという感覚になります。すりおろしたものを加熱すると、ふわふわの食感に。もちろん刻んだものを生で食べてもシャキシャキした歯ごたえを楽しめます。

自然薯は山に自生しているイメージがありますが、白井市では畑で栽培されています。土の中にパイプを埋めて、その中で栽培するため、まっすぐきれいな形のものが収穫できます。11月から順次収穫でき、貯蔵したものは春以降も年中味わうことができます。栽培には手間がかかり生産量が少ないため、あまり市場には出回っていませんが、直売所や特定の地元スーパーで売っているため見つけたら、ぜひお試しください。箱入りを贈答として贈れば、珍しさが喜ばれ、地元の紹介にもなりますよ。ひと味違ったお歳暮に使ってみませんか?

白井産自然薯の旬の時期

11月下旬から2月頃

 

 

磯部揚げ

磯部揚げ

作り方

自然薯をすりおろしたものあるいは5センチメートル程度で太めの千切りにしたものを海苔やシソの葉で巻き180度の油で素揚げにします。

お好みにより、塩・天つゆにつけてどうぞ。

※揚げずにフライパンで焼けば磯辺焼きもできます。

レシピ提供

白井市自然薯研究会

とろろ汁

とろろ汁

作り方

一番シンプルな食べ方です。

おろし金でおろした後、すり鉢でよくすり、ダシ汁で3倍程度に薄め、お好みで青のり・卵などを入れてどうぞ。

ワンポイントアドバイス

すり鉢でするのが自然薯のコクと粘りを引き立てるコツです。

レシピ提供

白井市自然薯研究会

 

自然薯と魚のふわふわ蒸し

自然薯と魚のふわふわ蒸し

材料☆(4人分)

旬の魚 2切れ

【A】酒 大2分の1

【A】塩 小4分の1

薄力粉 大3分の2

サラダ油 大2分の1

自然薯 200グラム

塩 ひとつまみ

だし汁 60cc

【B】だし汁 2分の1

【B】みりん 大2

【B】薄口しょうゆ 小1

【B】塩 小3分の1

【C】片栗粉 大3分の1から2分の1

【C】水 大1

ゆずの皮 適量

作り方

1. 魚は一口大に切って【A】をふり、しばらく置いて水気をふき取ります。ビニール袋の中で魚に【B】の粉をまぶし、サラダ油を両面に塗り、グリルで焼きます。

 (両面焼きグリルで強火で焼く5分)

2. 自然薯は皮つきのまますりおろし、塩とだし汁を入れて混ぜます。

3. 器に魚を盛りつけ、その上に2をかけ蒸気の立った蒸し器で蒸します。

 (強火で2から3分)

4. 鍋に【B】を入れてひと煮立ちさせ、【C】を加えてとろみをつけます。

5. 3に4をかけて、お好みでゆずの皮を散らします。

レシピ提供

白井市自然薯研究会

 

梅甘酢漬け

梅甘酢漬け

作り方

自然薯の細い部分を使い、太目の千切りにし甘酢にシソ梅酢を少量(5対1)加えたものに漬けるだけ。2日ぐらいで漬かります。

レシピ提供

白井市自然薯研究会

自然薯まんじゅうのきのこあんかけ

自然薯まんじゅうのきのこあんかけ

材料☆(4人分)

自然薯 200グラム

むき海老 40グラム

人参 20グラム

インゲン 2本

シイタケ 3枚(水で戻す)

シイタケの戻し汁 50cc

エノキダケ 50グラム

めんつゆ(3倍濃縮)100cc

片栗粉 大1

ゆずの皮 適量

作り方

1. 自然薯の細い毛をコンロの火であぶった後、水洗いします。皮つきのまますりおろし、シイタケの戻し汁を加えて生地をのばします。

2. エビはあらみじん切り、人参は薄いいちょう切り、インゲンは斜め薄切りにし、1と混ぜ合わせます。

3. 湯のみなどの器にラップを敷いて2を流し込み、ボール状になるように包み、輪ゴムでとめます。それを4つ作り、湯のみから外して蒸し器で15分程度蒸します。

4. あんを作ります。シイタケは薄切り、エノキダケは5センチメートル幅に切ります。鍋にめんつゆ、水、シイタケ、エノキダケを入れて煮ます。

5. キノコが煮えたら、水大さじ1で溶いた片栗粉を4へ回し入れます。

6. 蒸しあがった3を器に盛り、あんをかけて最後にゆずの皮を散らします。

レシピ提供

白井市自然薯研究会

団子汁

団子汁

作り方

煮立ったダシ汁にすりおろしたとろろ(ダシでのばしたものでも可)をスプーンなどを使って一口大に落とし、熱いうちに季節の香味を添えてどうぞ。

レシピ提供

白井市自然薯研究会

お問い合わせ先
市民経済部 農政課 農政班
〒270-1492 千葉県白井市復1123番地
電話番号:047-492-1111(内線:3251から3254)
ファックス:047-491-3510

お問い合わせはこちらから