現在の位置

令和4年度以降の成人式の開催方針について

更新日:2019年11月25日

令和4年度以降の成人式の開催方針を決定しました

 平成30年6月に「民法の一部を改正する法律」が成立したことに伴い、令和4年4月1日から成年年齢が20歳から18歳に引き下げられます。
 このことから、成人式の開催に影響が生じることが予想されるため、市ではアンケートを実施し、その結果をふまえて、令和4年度以降の成人式の対象者について次のとおり決定しました。

対象年齢について

 対象年齢は「20歳」とします。

理由
・18歳を対象とした場合、対象者の多くが進学や就職を控えているため、本人や家族の負担が大きくなる。
・18歳を対象とした場合、令和4年度の対象が18歳から20歳までとなり、式典ができる会場の確保が困難となる。

 

開催時期について

 開催時期は「1月」とします。

理由
・アンケートの結果から1月開催希望が多い。
・「成人の日」は、祝日法で1月の第2月曜日と定められ市民に定着していることから、時期を変更すると混乱を招く恐れがある。

 

※式典の名称については、20歳の節目にふさわしい名称を検討していきます。
※今後、該当する新成人には該当する年に市から案内はがきを送付します。

お問い合わせ先
教育委員会 生涯学習課 社会教育班
〒270-1492 千葉県白井市復1123番地
電話番号:047-492-1111
ファックス:047-492-6377

お問い合わせはこちらから