現在の位置

12月3日から9日は障害者週間です

更新日:2019年12月1日

「障害者週間」とは

 「障害者週間」は、障害者の福祉について関心と理解を深めるとともに、障害者が社会、経済、文化その他あらゆる分野の活動に積極的に参加する意欲を高めることを目的として設定されました。

障害は大きく分類すると、身体障害、知的障害、精神障害があります

身体障害…肢体不自由、視覚障害、聴覚障害、音声言語障害、心臓・腎臓・肝臓・呼吸器・直腸・膀胱・免疫などの内部障害があります。生まれつき障害がある人や、事故・病気により障害者となる人など様々です。

知的障害…生まれつき理解や判断、環境になじむためなどに支援が必要な場合があります。

精神障害…統合失調症やうつ病などの精神疾患や、発達障害などにより、長期にわたって日常・社会生活に支障がある状態です。

障害者週間であるこの機会に、障害について考えてみましょう

さまざまな障害があり、同じ障害でも人によって、生活していく中での障壁には個人差が大きくあります。外見からはわかりにくい障害がある方は更に周りからの理解を得にくい状況にあります。

障害を理解するには障害の特性を知り、その人と対話をすることがとても重要です。「共生社会の実現」を目指す上で、いろいろな障害の特性を知ることはとても大切です。この機会に、障害について考えてみてください。

知っていますか?障害に関する様々なマーク

次のリンク先では、障害に関する様々なマークが紹介されています

障害者に関係するマークの一例(内閣府)

関連リンク

障害者週間について(内閣府)

お問い合わせ先
福祉部 障害福祉課 障害支援班
〒270-1492 千葉県白井市復1123番地
電話番号:047-497-3483
ファックス:047-492-3033

お問い合わせはこちらから