現在の位置

【お詫び】市・県民税に課税誤りがありました

更新日:2018年6月26日

平成30年度の市・県民税課税事務で、課税誤りがありました

 課税データの入力作業の遅延により、税額決定通知書の発送ができなかったもの及び確定申告書の内容が反映されていない不正確な税額の通知書を発送してしまったものがあり、市民の皆様に御迷惑をおかけしました。

 本来、あってはならないことであり、対象となる方をはじめ、市民の皆様にお詫び申し上げます。誠に申し訳ございません。

 対象となる方には、お詫びの文書と市・県民税の税額変更の通知を送付させていただきます。

 なお、確定申告の内容の反映は全て完了しておりますので、市・県民税の課税状況を基に算定を行う他の制度等への影響はありませんが、再びこのような事態が発生しないよう再発防止対策を講じます。

 詳細につきましては、以下のとおりです。

経緯

 平成30年度市民税・県民税の税額決定通知書を6月13日に発送し、その後の市民等からの問合せにより、平成30年度市民税・県民税の課税誤りについて、その実態及び影響等の調査と対策を講じました。

概要

 個人住民税については、市民の皆様から提出される確定申告書や市民税・県民税申告書、事業所等から提出される給与支払報告書、年金支払者から提出される公的年金等支払報告書などの課税資料を基に課税を行っています。

 平成30年度の課税処理において、税額決定通知書の発送ができなかったもの及び確定申告書の内容が反映されていない不正確な税額の通知書を発送してしまったものがあり、市民の皆様に御迷惑をおかけしました。

原因

 原因については、申告データの取込み精度の向上と効率化を図るため、例年とは異なるデータの取込み方法を試験的に導入したところ、取込み精度が悪く入力作業の手間が増大してしまったため、職員による入力作業に切り換え、全力で対応しましたが、一部の処理が遅れてしまったものです。

影響等

○税額が減少する対象者

 658件 金額 21,129,300円

 

○税額が増加する対象者

 170件 金額 10,154,400円

 

○新規課税となる対象者(税額の決定が遅れた対象者)

 329件 金額 20,705,900円

対処方法

○税額が変更になる普通徴収の方については、税額変更通知書と共に減額又は増額された納付書を送付させていただきます。

○税額が変更になる特別徴収の方については、特別徴収義務者を介して御本人に税額変更通知書を送付させていただきます。

○年金特別徴収だけの方は、10月以降の本徴収税額で調整された税額変更通知書を送付させていただきます。

○新規課税で普通徴収の方については、3回に分割した納税通知書を送付させていただきます。

○新規課税で特別徴収の方については、8月から翌年5月の10回に分割された税額決定通知書を特別徴収義務者を介して御本人に送付させていただきます。

市民の皆様への対応と周知

○本件対象者へのお詫び文書の送付

○正しい税額に変更した税額変更通知書の送付

○マスコミ等報道機関への情報提供

○広報誌及び市ホームページへの記事掲載

再発防止対策等

○職員に課税業務の重要性を再認識させると共に納税義務者等に対する応対の改善を図ります。

○課税業務に係る職員研修(OJT)等の強化を図ります。

○課税処理に係る工程表の見直し及び徹底した進行管理を行います。

○課税事務経験職員による応援体制の見直し等により、処理期間の短縮を図ります。

責任等

 職員の責任等につきましては、別途、総務部局で調査を進めているところです。

お問い合わせ先
企画財政部 課税課 市民税班
〒270-1492 千葉県白井市復1123番地
電話番号:047-492-1111
ファックス:047-491-3554

お問い合わせはこちらから