現在の位置

高齢者のインフルエンザ予防接種について

更新日:2020年9月25日

印刷する

今年は無料で接種することができます

予診票は9月25日に発送しました

 

インフルエンザ

例年、約1000万人の国民がインフルエンザにかかり、推計約1万人の人が直接的及び間接的にインフルエンザの流行によって亡くなっています。ワクチンは重症化の予防効果が認められていますので、積極的に受けましょう。

予防接種を受けてから免疫がつくまでに2週間程度かかり、効果は5か月程度持続するといわれています。新型コロナウイルス感染症が拡大してる今年は早めに接種をされることをお勧めします。

実施期間

令和2年10月から12月31日(医療機関の休診日を除く

実施期間内でも、ワクチンの在庫やその他医療機関の都合で実施できない場合があります。事前に医療機関にご確認ください。

対象者

1 接種当日現在、満65歳以上の方

2 接種当日満60歳以上65歳未満の方で、心臓、腎臓、呼吸器の機能またはヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能に障害を有するとして厚生労働省令で定められている状態(身体障害者手帳1級相当)の方

10月1日以降にお誕生日を迎えて65歳になる方は、お誕生日以降が市の助成の対象となります。お誕生日前に接種すると自費となってしまいますのでご注意ください。

対象者2に該当する方は身体障害者手帳を確認させていただき、予診票をお渡ししますので、健康課においでください(代理の方でも構いません)。来所できない場合は健康課へご連絡ください。

接種費用

今年は無料で接種できます

受け方

郵送された予診票、健康保険証(本人確認のため)をご持参のうえ、下の医療機関でお受けください。予約が必要な場合もありますので予めご確認ください。

新型コロナ感染症予防対策について

今年は、新型コロナウイルス感染症の発生が懸念されているため、特に次の点にご協力をお願いします。

1.接種当日は自宅で体温を測り、37.5℃以上ある場合は接種できないため、しばらく様子をみて、解熱後1週間たってから接種しましょう。

2.発熱がなくても、強い風邪症状がある場合には、おさまってから1週間程度は様子をみましょう。

3.次の人は事前に電話等で医療機関に相談してください。

・ 基礎疾患があり医療機関へ行くのが心配。・体温が平熱より1℃以上高い。

・風邪症状や嗅覚(におい)、味覚(あじ)などの障害がある。

・2週間以内に発熱や風邪症状があった。

・2週間以内に新型コロナウイルスに感染した人や保健所に濃厚接触者と言われた人との接触がある。

・2週間以内に感染が拡大している地域や海外へ出かけた。

4.比較的すいている時間帯に予防接種が受けられるように、医療機関に相談して接種日時を決めましょう。

5.マスクを着用し、帰宅したら時間をかけて丁寧に手を洗ってください。

 

 

 

医療機関一覧

インフルエンザの接種が可能な医療機関(PDF:65.4KB)

千葉県内相互乗り入れ事業協力医療機関

お問い合わせ先
健康子ども部 健康課 保健予防班
〒270-1492 千葉県白井市復1123番地
電話番号:047-497-3495
ファックス:047-492-3033

お問い合わせはこちらから

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。