現在の位置

介護保険サービス利用時の自己負担割合

更新日:2015年6月30日

自己負担割合が変更となる場合があります

 介護保険制度が改正され、平成27年8月1日から一定所得以上の人を対象に介護サービスを利用した際の自己負担額が変更となる場合があります。
 変更となるのは65歳以上の被保険者のうち、合計所得金額160万円以上の人(単身で年金収入のみの場合、280万円以上)で、利用者負担が全国一律で、原則2割となります。
 合計所得金額が160万円以上であっても、実際の収入が280万円に満たない場合や2人以上世帯における負担能力が低いケースについては、その負担能力を考慮し、年金収入とその他の合計所得金額(合計所得金額から、年金の雑所得を除いた所得金額)の合計が単身で280万円、2人以上世帯で346万円未満の場合は、1割負担となります。
 負担割合については、原則毎年7月下旬に郵送する負担割合証で確認してください(負担割合証の有効期限は翌年7月末日までです)。

 8月からは、この負担割合証を介護保険被保険者証と一緒に保管し、介護サービスを利用するときは、必ず2枚一緒にサービス事業者や施設に提出してください。
 7月以降に新たに介護認定を受けた人や転入者などについては、その都度負担割合証を発行します。

2割負担確認図

お問い合わせ先
福祉部 高齢者福祉課 介護保険班
〒270-1492 千葉県白井市復1123番地
電話番号:047-492-1111
ファックス:047-491-3510

お問い合わせはこちらから