現在の位置

麻しん・風しん(MR)予防接種について

更新日:2018年4月23日

1歳になったらMR1期、年長クラスになったらMR2期予防接種を受けましょう

麻しん(はしか)ってどんな病気

  麻しんウイルスの空気感染によって起こる病気です。感染力が強く、予防接種を受けないと、多くの人がかかる重い病気です。発熱、せき、鼻汁、めやに、発疹を主症状とします。約10日の潜伏期間の後、最初3日間から4日間は38℃前後の熱で、一時おさまりかけたと思うと、また39度から40度の高熱と発疹がでます。高熱は3日から4日で解熱し、しだいに発疹も消失しますが、しばらく色素沈着が残ります。

 主な合併症としては、気管支炎、肺炎、中耳炎、脳炎があります。患者100人中、中耳炎は7人から9人、肺炎は1人から6人に合併します。脳炎は、1,000人に1人から2人の割合で発生がみられます。また、亜急性硬化性全脳炎(SSPE)という慢性に経過する脳炎は約10万例に1例から2例発症します。また麻しん(はしか)にかかった人は数千人に1人の割合で死亡します。

 亜急性硬化性全脳炎は、麻しんウイルスの脳内持続感染により起こることがある、数か月から数年かけて進行する脳炎です。死亡することもある怖い病気です。

風しんってどんな病気?

  風しんウイルスの飛沫感染によって起こる病気です。潜伏期間は2週間から3週間です。軽いかぜ症状ではじまり、発疹、発熱、後頸部リンパ節腫脹などが主症状です。そのほか眼球結膜の充血もみられます。発疹も熱も約3日間でなおりますので、三日ばしかとも呼ばれています。

 合併症として、関節痛、血小板減少性紫斑病、脳炎などが報告されています。血小板減少性紫斑病は患者3,000人に1人、脳炎は患者6,000人に1人くらいです。大人になってからかかると重症になります。

 妊婦が妊娠早期に風しんにかかると、先天性風しん症候群と呼ばれる病気を持った児(心臓病、白内障、聴力障害など)が生まれる可能性が高くなりますから、風しんワクチンを受けていない方は、妊娠前に予防接種を受けておくことが大切です。

MR(麻しん風しん混合ワクチン)の受け方

  麻しんウイルス及び風しんウイルスを弱毒化してつくった生ワクチンです。1期と2期の2回接種を受けます。麻しんや風しんのいずれかにかかった人でも混合ワクチンの接種は可能です。

 1期の接種可能期間は、1歳の誕生日から2歳の誕生日前日までです。1歳から2歳の間に麻しんまたは風しんにかかる可能性が高いので、1歳になったらなるべく早く1回目(1期)の予防接種を受けるよう計画を立てましょう。

 2期の接種は小学校就学前の1年間、いわゆる幼稚園等の年長児が対象となります。

 卵アレルギーがあるお子さんは接種できないことがあります。また、ガンマグロブリンの注射を受けたことがあるお子さんは、3か月から6か月間接種できないことがありますので、かかりつけ医と相談してください。

MR接種後の副反応

  副反応の主なものは、発熱(1期18.4%・2期6.7%)と発疹(1期4.9%・2期1.1%)で、これらの症状は接種後4日後から14日後に多くでます。なお、接種直後から数日中に過敏症状と考えられる発熱や発疹や、かゆみなどがでることがありますが、1日から3日で治ります。

 これまでの麻しんワクチン、風しんワクチンの副反応のデータから、アナフィラキシー、血小板減少性紫斑病、脳炎、けいれんなどの副反応が、まれに生じる可能性があります。

 副反応ではと思われる症状が見られたら、健康課にご連絡ください。

白井市内個別接種実施医療機関(PDF:70.5KB)

千葉県内定期予防接種相互乗り入れ協力医療機関

厚生労働省 麻しん(はしか)に関するQ&A

お問い合わせ先
健康子ども部 健康課 保健予防班
〒270-1492 千葉県白井市復1123番地
電話番号:047-492-1111
ファックス:047-491-3510

お問い合わせはこちらから

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。