現在の位置

地震に対する普段の心得

更新日:2015年3月1日

我が家の点検をしましょう

わが家の耐震性を点検し、危険と思われる場所は、専門家に相談のうえ、補強や改築を考えましょう。またブロック塀の傾き、ひび割れなども点検しましょう。

家具類の固定

  家具類は倒れないように柱や壁にしっかり固定し、重いものやガラス製品は高いところにのせないことを習慣にしましょう。

災害から命を守る(内閣府作成「減災のてびき」より)(PDF:784.7KB)

地震による家具の転倒を防ぐには(PDF:1.4MB)

火元の周りの安全点検

  火元の周辺には、燃えやすいものや危険物は置かないようにしましょう。

消火の準備を万全に

  消火器やバケツを用意しておくことや、風呂の水はいつもためておくように心掛けましょう。

非常用品の準備

  非常持ち出し品は、いつでも持ち出せるようにしておきましょう。2日から3日は自足できる食料品や水を準備しましょう。

日ごろから準備しておきたいもの(内閣府作成「減災のてびき」より)(PDF:482.5KB)

家族で防災会議を開きましょう

 災害は、家族がそろっている時に発生するとは限りません。家族がバラバラにいる時に起きる可能性もあります。日頃から必要な準備をしておくとともに、大規模な災害が発生した時の連絡方法や、避難が必要となった場合の避難場所などを決めておくようにしましょう。

家族みんなで防災会議(内閣府作成「減災のてびき」より)(PDF:215.2KB)

お問い合わせ先
市民経済部 市民安全課 消防防災班
〒270-1492 千葉県白井市復1123番地
電話番号:047-492-1111(内線:3294、3295)
ファックス:047-491-3510

お問い合わせはこちらから

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。