現在の位置

定期高齢者肺炎球菌予防接種について

更新日:2018年4月2日

平成26年10月1日から定期となった高齢者肺炎球菌予防接種費用の一部を公費で負担しています。

対象年齢

  1. 65歳の方(ただし経過措置があります)
  2. 60歳以上65歳未満の方であって、心臓、腎臓もしくは呼吸器の機能またはヒト免疫不全ウィルスによる免疫の機能に障害を有する方

平成26年10月1日から平成31年3月31日までの経過措置

各年度中に65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳になる方

毎年度4月中に対象となる方へ個別に通知をします。
定期接種の接種期限は対象となる年度の1年間(4月1日から翌年の3月31日まで)です。
対象となるのは一生涯に対象年度の一年間だけですので、機会を逃さないようにご注意ください。

接種方法

23価肺炎球菌ワクチン(商品名:ニューモバックスNP)を使用し1回接種

接種費用

医療機関の設定した接種料金から、市が負担する4,000円を差し引いた金額を医療機関にお支払いください。(医療機関により金額が異なります)

過去に1回でも23価肺炎球菌ワクチン(ニューモバックスNP)の接種を受けた方は対象外となります。

肺炎球菌とは

 肺炎球菌は主に気道の分泌物に含まれる細菌で、唾液などを通じて飛沫感染し、気管支炎や肺炎、敗血症などの重い合併症を引き起こすことがあります。

 肺炎は我が国の死亡原因の第3位となっています。また、日常的に生じる成人の肺炎のうち1/4から1/3は肺炎球菌が原因と考えられています。

ワクチンの接種後には副反応が生じることがあります

ワクチンの接種後にみられる主な副反応には、接種部位の症状(痛み、赤み、腫れなど)筋肉痛、だるさ、発熱、頭痛などがあります。接種後に気になる症状や体調の変化があらわれたら、医師にご相談ください。また、健康課へご連絡ください。

厚生労働省高齢者肺炎球菌感染症ホームページ

安心して予防接種を受けていただくために

予防接種後に副反応と思われる症状が生じたら

お問い合わせ先
健康子ども部 健康課 保健予防班
〒270-1492 千葉県白井市復1123番地
電話番号:047-492-1111
ファックス:047-491-3510

お問い合わせはこちらから