現在の位置

本人が手続きしない場合は委任状が必要です

更新日:2019年6月20日

 年金の相談や請求を代理の方に委任して行う場合、委任状が必要です。

 皆様の権利を守るために、委任状の内容に不備がある場合、相談に応じられないことがありますので、記入漏れがないようにしてください。また、委任する内容については、できる限り具体的に記入してください。

委任状の様式

 委任状は下記の指定様式でなくても差し支えありませんが、必要事項の記載漏れを防ぐために、指定様式のご使用をおすすめしています。

 任意の様式を作成される場合には、次に掲げる事項の記入漏れがないようにしてください。

  1. 委任年月日(委任状を作成した年月日)
  2. 代理人の氏名
  3. 代理人の住所
  4. 本人との関係
  5. 本人の基礎年金番号
  6. 本人の署名・捺印
  7. 本人の生年月日
  8. 本人の性別
  9. 本人の住所
  10. 本人の電話番号
  11. 委任する内容(例:年金の見込額や年金の請求について、各種再交付手続きについて)

代理人(委任を受けた人)が窓口にお持ちいただくもの

 手続きごとに必要な書類に加えて、以下のものをお持ちください。

  1. 委任状 (委任者(本人)の署名・捺印があるもの)
  2. 代理人の本人確認ができる書類
  3. 委任者の印鑑
  4. 委任者の本人確認書類の写し(委任者の基礎年金番号やマイナンバー等が不明な場合)

関連リンク

年金相談を委任するとき(日本年金機構)

お問い合わせ先
健康子ども部 保険年金課 保険年金班
〒270-1492 千葉県白井市復1123番地
電話番号:047-492-1111
ファックス:047-491-3510

お問い合わせはこちらから

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。